IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で落ちる理由と対処法・面接で感じた不合格フラグ

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就活において避けて通れないのが面接です。決まった正解がないため落ちた経験がトラウマになってしまいどんどん面接に対して消極的になってしまう就活生の方も少なくありません。この記事では今までの不合格を乗り越えるために面接で落ちた理由とその対処法についてご紹介します。

面接で成功するためには

面接で落ちた人は自己PRを書くまでは自己分析を参考にするのに面接になるとそれを忘れてしまう傾向があります。せっかくあなたの改善点と長所を理解する機会なので、ここで自分を好きになって自分のいいところを企業に売り込みに行くつもりで面接に臨んでください。 落ちた経験が多くなるとつい忘れてしまいがちですが、そもそも面接は企業が自社に合う人物を選抜するもの。その結果たまたま落ちただけにすぎません。落としてくれたという事は企業側が合わないと教えてくれたと考えて自分に合う企業を探すつもりで毎回心機一転して面接でみなさまらしさをアピールしてきてください。就活が成功することをお祈りしています。

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング