IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で落ちる理由と対処法・面接で感じた不合格フラグ

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就活において避けて通れないのが面接です。決まった正解がないため落ちた経験がトラウマになってしまいどんどん面接に対して消極的になってしまう就活生の方も少なくありません。この記事では今までの不合格を乗り越えるために面接で落ちた理由とその対処法についてご紹介します。

幼稚園

幼稚園ではピアノの実習や手遊び、制作物など園児とかかわる中で必要なスキルを面接時に問われることがほとんどです。これらが足切りとして使われてしまうため、一次面接落ちた経験が多い場合にはこれらのスキルがしっかりと身についているかを再確認してみるといいです。

保育園

保育園は幼稚園に比べてピアノの腕前を重視する園は多くありません。一方で乳児から未就学児全般をお世話するので幅広い知識やかなりの体力が必要となります。面接時に元気がないとやっていけるかと不安に思われてしまうのでとにかく元気に面接に臨んでください。

スーパー

スーパーは新卒採用ではかなり受かりやすい業界といわれています。そのため、滑り止めにとりあえずスーパーの内定をとっておこうとする就活生の数も多く、それを見抜くためにスーパーの面接ではしっかりと志望動機をもって面接に来たか、働くビジョンが見えているかということを重視する傾向があります。 スーパーの面接で落ちた場合には、次回は志望動機のどこを突かれてもいいようにより念入りに準備しましょう。

アパレル

アパレルではやはり自社の服をよく見せられるように清潔感のある身だしなみを求める傾向があります。また、ファッションをよく研究していることをアピールするためにも私服での面接の際にはファッションに自分なりにワンポイントを加えた格好をしていくことがよいとされています。

ボディケア

ボディケア業界でだらしのない体型、身だしなみの方が働いていたらがっかりしてしまいます。そのため、ボディケア業界ではしっかりと自己管理をできる人物を求める傾向にあります。この業界で落ちた場合は次回の面接前に服装や髪形、爪の形まで今一度細かく確認してください。

レストラン

飲食業界は人の出入りが激しい業界なので人事の方はできるだけミスマッチを少なくしたいと考えます。そのため、志望動機が「人と接することが好き」「接客が好き」ではあえて飲食を選ぶ理由としては弱くなってしまいます。第一志望に落ちたという事の起こらないようにそのレストランだからこそ働きたいという理由を考えてみてください。

食品メーカー

毎日ものを食べる私たちにとって食品メーカーはとても身近な企業なので倍率も相当高くなってしまいます。そのなかで自身を印象的に売り込むためには志望動機を練りこむことが大切です。多くの人が何となく名前を知っているからとエントリーする食品業界の中でも埋もれない、印象に残る志望動機を考えてみましょう。

運送業

運送業界はとにかく体育会系の業界なのであいさつ、お辞儀がきっちりできているかを再確認してみてください。それらが問題ないのに落ちたのでしたら、話し方に覇気がないことが考えられます。体力に自信があることもアピールすることができれば、採用されやすい傾向にあります

公務員

公務員ではさまざまな部署を数年おきに異動します。人事部も例外ではないため、人事一筋20年と言うような人事のプロはいません。よって一般企業の面接では優れた候補者を通過させるのに対して公務員面接ではダメな候補者を落とすといわれます。とにかくミスを少なく、礼儀正しく面接に臨むことで通過できる可能性が広がるでしょう。

面接で落ちたことがない人の体験談と必勝のポイント

面接で落ちたことがない人はとにかくエネルギッシュで前のめり、自分の失敗することは考えませんが、失敗してしまった際にはしっかりとそれを受け止める真摯さを持っている人が多いです。こういった人を何となくいやだなと思う人は多くないでしょう。 面接は人間が一緒に働きたい人間を選抜するものなので、面接官に一緒に働きたいと思わせることが必勝のポイントといえます。とにかく謙虚に、しかし前向きな人間性をアピールすることが落ちたことのない人の体験談に共通しています。

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング