IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

優しい男の特徴10コ|モテない/怖い/退屈/頼りない/仕事できない

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

一般的に、優しい男性はがあります。しかし、優しいのになぜか惹かれない、異性に思えない、といった男性は周りにいませんか。優しいけれどどこか『ダメ』な男性の特徴を10個ご紹介します。優しいからといって、こんな人と付き合うと損をするかもしれません。

あなたの周りにもいる?!優しい男性のダメな10の特徴

女性に好きな男性のタイプを聞くと、「優しい男性」と多くの人が答えてきます。女性の好きな男性をにしても、優しい男性はかならず上位にランクインします。 しかし、「優しい男性」と言っても色々なタイプの優しい男性がいます。優しいのになぜか惹かれない、異性に思えないそんな優しいだけではダメな10の特徴をあげてみました。

1. 優しい男性なのにモテない!

優しい男性だからといって、モテるわけじゃないんです。「好きな男性のタイプは」と聞かれて、「優しい男性」と答える人は多いでしょうが、本当にそれだけでは好きにはなれません。女性に好かれる武器として優しさは有効なのですが、この人優しいなぁと思っても、モテているかどうかは別問題。 なぜかというと、優しい男性には女性にモテる優しさと女性にモテない優しさがあるからです。その2つを解説していきましょう。

女性にモテる優しさとは

女性にモテる優しい男性は下心もなく、見返りを求めません。女性は勘が鋭い生き物です。下心があるとすぐに見破ってしまします。異性としてではなく、友達に対しても同じように優しく振舞える事をができるのなら下心がないと言えるでしょう。 力仕事や、女性が届かない高い所のものを取ったりするのは助かったと思われることが多いです。女性は必要な時に必要な分だけ、自分に対して優しくしてくれる男性を求めます。助けてほしい時だけに力を貸してくれるという事は、凄く難しいことですが、常にその人の事を見ていないとできない行動です。 また、一緒に出かけた時も、飲み物を買ってきてくれたり、相手に聞かなくても、自分で考えて行動してくれる男性。そのさりげなさに女性は惹かれます。女性からしてもその行動が重たいと感じられることなく、自然に振舞ってくれる優しい男性はモテるでしょう。

女性にモテない優しさとは

女性にモテない優しさは下心ありで、見返りを求める人。また、どの女性にも優しく、常に気にかけてくる人。扉の出入りする時にレディファーストで腰に手を添えるなど、女性として意識する事は恋愛に不慣れな男性は控えたほうが無難です。心に余裕がなくぎこちない言動は女性には嫌がられます。 また、周りの女性に常に優しく、同じように接するので自分に対して特別扱いされている感じもない。その人の性格と、とらえがちになってしまいます。 しかも、少し体調が悪いくらいで何度も大丈夫か聞いてきたり、自分になにかすることはないかといつもあなたの事を見ていますといったアピール。常に顔色を伺うような感じで接してくるので、面倒くさく思われ、仲の良い友達としかみれない状態になります。常に干渉させるのは女性にとっては重たく感じられます。

2. 優しい男性は怖い?!

いつも優しいけど、キレると怖い、なんてことありませんか。普段からおとなしくて文句も言わない、常に優しくしてくれている人。そんな人がキレるなんて思えません。しかし、その人だってストレスも溜まるんです。

優しい男性がキレると

優しい男性には、自分のわがままを常に出してしまっています。その男性もいつも否定せず聞き入れてくれる。そのような感じがいつも当たり前になってしまいます。そして一緒にいて色々求めても許してけんかにもならない。優しい男性に対して何をしても大丈夫と思い込んでしまいがちになります。 しかし、優しい男性にも限界があります。どんなに優しい人でも怒ることがあるんです。優しい男性がキレると特に怖いと感じてしまいます。それはいつも「優しい男性」というイメージを自分で植え付けてしまっているからです。 そのイメージが崩れた時、普通の人がキレた時以上に怖いと思えてしまいます。優しい男性は許容範囲が広い分、その範囲を超えると今までの些細な事が一気に爆発して冷静を保てなくなる。といった状況になってしまいがちです。 それぞれキレるきっかけは違いますが、優しい男性は、なかなかキレない分、キレたらもう手を付けることができません。本人も自分を抑えてストレスが溜まっていっていることに日頃から気づいていないのかも。手を付けられなくなって暴力事件になってしまうことにもなりかねません。日頃から優しいからと言ってわがままいい放題には要注意です。

3. 優しい男性は一緒にいても退屈?

優しい男性と一緒にいる時、何をするにも楽しくなくて、退屈だなぁと感じてしまう事ありませんか。

何故退屈に思えるのでしょう?

それは、優しい男性は自分の意思を伝えることが苦手だからです。女性は男性にリードされたい、または一緒に考えたいという思いがあります。食べたいもの、行きたい場所、デートの内容の全てに対して自分の意見を言わず、好きなようにしていいよと促してくれる。 それは全てが自分の思いどおりになって嬉しいこと。しかし、何か物足りなさを感じます。優しい男性からすれば好きにさせてあげてるととらえがちですがそれではダメなんです。 女性は尽くしてあげたいという母性本能のようなものがあるので、いつも尽くされると楽しく感じられなくなってしまいます。一緒に決めたり、たまには引っ張ってくれるような男性に惹かれてしまいます。

自分から話をしたがらない

また、優しい男性は自分から話をふらないことがしばしば。最初は自分の話をうんうん。と聞いてくれるので、居心地が良く思えるのですが、これが頻繁にあると面白くなくなります。なんで私ばっかり話しているのか、と疑問に思えてきます。 普段大人しく、喋るのが苦手で温和な性格の優しい男性。話を聞き手に回ってしまうことが多くなってしまいます。 また、名前の呼び方もあだ名や下の名前で呼ぶことにも抵抗があり、名字で呼ばれることもないでしょうか。女性慣れした男性は、簡単に下の名前で呼んだりしますが、嫌がられたらどうしようと呼べないこともしばしば。 せっかく会話ができたとしても残念に思えてしまいます。

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング