IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上手な志望動機の書き出し例文|履歴書/転職/新卒/中途/作文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就職活動をする上で必須となるのが志望動機であり、その書き出しがなかなかうまくいかないという方も多いでしょう。そこで、今回は履歴書や作文で必要になってくる志望動機の書き出し部分について具体的に解説を行い、どのような考え方をすればいいのかをわかりやすく解説します。

大学生から企業へ

大学生の場合は専門的な部分も習っているので、それを活かしたものとなるでしょう。こちらも考え方は一緒で仕事をする上で成し遂げたい目標を先に記載し、その目標にこだわる理由をわかりやすく追加していってください。 ただし、その目標がフワフワして明確なビジョンが浮かばないようなものだと印象が悪くなってしまうので、明確なビジョンが伝わるような書き出しと理由を用意しましょう。ビジョンが伝われば、こちらの本気ども伝わって印象が非常に良くなります。 この明確なビジョンは「私は貴社で~に取り組みたいと考えています」という書き出しになりますが、これはその相手となる会社をよく調べていないと実は書けない書き出しになりますので、本気で就職したい方は企業に対しての情報収集も必要になってきます。

専門学校から企業へ

専門学校は大学よりも専門的なスキルを学ぶために行く場所なので、明確なビジョンが備わっているという認識が企業側からも持たれます。そのため、専門学校生が就職をする際に必要になる志望動機にもより明確な目標や理由が求められるでしょう。 会社によってはネット上の情報が不足していて明確なビジョンが持ちにくいところもあるでしょう。その場合は企業説明会やその説明会の時に行った質問から志望動機を作るというやり方もあります。 志望動機の書き出しの考え方はほかと同じく結論先行型となりますが、理由の中身はより具体性を持たせたものにしてください。

状況別志望動機の書き出し

次は新卒か中途といった状況別の志望動機を考えていきましょう。企業へ就職するためには必須となる志望動機ですが、落とし穴もありますので要注意です。

新卒は特に注意

新卒入社は毎年のように多くの方々が実現しておりますが、その裏側では大量に志望動機を確認している担当者がいます。大企業にもなると、その人たちは1年間で数百という志望動機を確認することになるので、その道10年といった人なら千を越える数の志望動機を見てきたことでしょう。 つまり、志望動機確認のプロと言うことです。そのプロが相手となると、嘘混じりのいい加減な志望動機は書き出し部分だけで見破られてしまって、無条件で落とされることすらあります。 志望動機の書き出しで落とされないようにするためにも、目標→目標にこだわる理由→その目標がその会社でなければいけない理由の考え方は守りつつ、しっかりと内容を読まれるように、その会社を選んで仕事をする上で成し遂げたい具体的な目標を記載するようにしてください。

中途採用は即戦力

中途採用は新卒採用と大きく状況が異なります。職務経験などを活かせる職場につく方も多いので、採用企業側からするとどのように貢献できるのかも求められるようになります。 志望動機の書き出し部分はそこまで大きく変わりませんが、その理由にはどのような部分で貢献できるのかをより明確にする必要があるでしょう。新卒社会人と大きく違うのはそこです。 新卒社会人の場合大学の経験を活かして働きたいという考え方はありますが、「やってみたい」という強い熱意の部分で納得して採用してくれます。しかし、中途の場合はある程度の戦力としての採用になるので「やってみたい」ではなく貢献できる部分を明確に記載する必要があります。 これは転職でも同じ考え方となるでしょう。志望動機の書き出し部分は目標や結論から入りますが、同業種の転職の場合はその人の能力を強く確認されるようになります。 ただし、これが未経験の職種や業界へ飛び込むという場合は、新卒社会人のように足りない部分は学んでいくという姿勢を見せつつ、今までの経験で活かせる部分もアピールさせる必要が出てきます。

志望動機の書き出しの考え方は同じ

このように、志望動機の書き出し部分の考え方はどのような立場であったとしても実は同じです。ただし、どのような立場や環境にいるのかで、企業側から求められるものが異なってきますので、その企業が求めている人材であることをアピールする内容にする必要はあります。 結論先行型の書き方は反復練習のところもありますが、考え方はこの記事の内容となりますので、しっかりと将来のビジョンやイメージを持って志望動機の書き出しを行ってください。

初回公開日:2017年10月26日

記載されている内容は2017年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング