IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

水草の種類一覧・メダカ飼育などに最適な水草・コケ対策

ガーデニング

みなさんは水草を育てたことがありますか。水草には色々な種類が存在していて、生き物と一緒に育てた場合色々なメリットが存在します。今回は水草のさまざまな種類・特徴や育て方、水草についてのさまざまな知識、相性のいい生物についてご紹介します。

更新日時:

水草ってどんな植物?

水草とは、根・葉・茎を持っている植物でありながら水中に生えている種類の植物を「水草」といいます。水草とは主に淡水で育つものを指し、被子植物やシダ植物の仲間にあたるものも存在しています。海で育つ種類のものは「海草」と読んで区別しています。水草の中にはコケ植物や、種子植物に似た水草も存在します。

水草を水槽に入れるメリットは?

水槽の見栄えがよくなる

水草を水槽に入れる一番のメリットは、なんと言っても水槽の見栄えがよくなることです。さまざまな種類の水草が美しくレイアウトされた水槽は、眺めるだけで安らぎを感じることができます。

水をきれいにする

水草の魅力は、水槽の見た目を美しくするだけではありません。魚のフンや餌の食べ残しなどから出る有害物質を吸収することで、水をきれいにする効果もあります。

魚の隠れ家になる

複数の生き物を1つの水槽で飼育していると、縄張り争いによる喧嘩や、いじめが発生することがよくあります。このようなことがおこった場合に、生い茂った水草が魚の隠れ家になることによって生き物にかかるストレスを軽減することができます。

水草を水槽に入れるデメリットは?

お金が掛かる

水草をショップなどで買う場合は、その分のお金が掛かります。さらに「本格的に水草を育てたい」とおもっている人は、ヒーターや照明器具・ろ過器などの色々な種類の道具が必要になる場合もあるためそれなりの初期投資は必要だと考えておきましょう。

定期的なメンテナンスが必要

水草を元気に育てるためには、水質のチェックや水換えなどを定期的に行う必要があります。また、水草が増えすぎてしまった場合や一部が枯れてしまった場合は、トリミングという不要な部分の刈り取りを行うようにして水質の悪化を防ぐ手入れをする必要があります。 水草も魚と同じ生き物ですので、最期まで責任をもって愛情を世話をするようにしましょう。

魚に食べられたり、引き抜かれることも

飼っている魚の種類によっては、せっかく植えた水草を食べられてしまったり、引き抜かれてしまうこともよくあります。心配ならば、比較的葉が硬くて丈夫な種類の水草を選ぶとよいでしょう。ミクロソリウムやアヌビアス・ナナが特におすすめです。 水草を入れることによって水槽の見栄えはグッと良くなりますし、自然界により近い状態で飼育をすることができるため、魚のストレスも軽減できるというメリットも存在しています。魚を育てることに余裕ができて、「何か新しいことにチャレンジしてみたい」と思った人はぜひ挑戦してみましょう。

水草を育てる上で必要なものは?

水草を育てるためには水槽だけでなく、光合成のためライトや水を綺麗にするためのろ過器、水草を植えるための底砂などさまざまな種類の道具が必要な場合があります。育てる水草の種類にあっているものを選びましょう。 こちらのサイトでは、アクアリウムに必要なものや費用が紹介されています。こちらで紹介されているのは、本格的にアクアリウムをはじめたい人向けの道具です。 「水草を実際に育ててみたいけど何を揃えたらいいかわからない」という人は水槽セットを購入して必要なものを追加で購入したり、こちらのサイトを参考にしながら必要な道具を揃えてみるといいでしょう。

さまざまな水草の種類一覧

水草にはさまざまな種類があります。ここでは、色々な種類の水草の特徴や育て方を紹介します。あなたの水槽にピッタリの種類の水草をみつけてぜひ育ててみましょう。

グリーンロタラとは?

ロタラはロータラとも呼ばれる、キカシグサ属のミソハギ科に分類される水草です。幾つかの種類が存在していて、グリーンロタラ、ロタラ・インディカ、ロタラ・ロトンディフォリアなどがあります。 グリーンロタラは、弱酸性から弱アルカリ性の水質で育ち上に茎が伸びてその節から葉を出す有茎草です。トリミングに強く、生長が早いため水草でレイアウトする際おすすめの水草といえます。グリーンロタラは自分で増やすことのできる水草で、差し戻しで増やすことができます。

グリーンロタラがシワシワに!

グリーンロタラは水質の変化を嫌う種類の水草です。急な水質の変化を受けると頭頂部がシワシワになってしまうことがあります。このようなときは、水換えの方法を工夫しながら育ててみましょう。

アヌビアス・ナナとは?

アヌビアス・ナナはアフリカに自生している水草です。とても丈夫で育てやすい水草ですが生長が遅いのでコケの被害に遭いやすい水草でもあります。コケの被害は木酢酢で防いだり、エビや貝類を水槽に入れたりすることによって防ぐことができます。 移植した植物が根を張って生長していく活着という性質を持っているアヌビアス・ナナは、流木組みと言われるレイアウトによく利用されます。光量やCO2の添加が必要なく、幅広い水質に適応して、どのような底床でも育てることができるのもアヌビアス・ナナの魅力です。

ミクロソリウムとは?

ミクロソリウムは水中で生活できるシダ植物の仲間で、日光が少なくてもよく育つ陰性植物のため強い光が必要なくCO2の添加も必要ありません。ミクロソリウムが好む水質は弱アルカリ性から酸性の水質です。 ミクロソリウムをより大きく育てたい場合は、光を当ててCO2を添加すると大きく生長します。ミクロソリウムを育てるときは、流木や石などに活着させて育てるようにしましょう。

マツモとは?

マツモには根が存在せず水に浮いている水草で、針のような葉が松に似ているので「マツモ」という名前で呼ばれています。マツモは金魚藻の一つとして、昔から親しまれてきた水草です。 マツモは弱酸性から弱アルカリ性の水質で育ち、CO2の添加や肥料の添加がなくても育つ水草です。花は雄しべか雌しべの1つだけを持っている単性です。マツモは丈夫で育てやすく水質を浄化する効果も高いのが特徴の種類の水草なので、アクアリウム全般でよく使用される人気の水草です。

カボンバとは?

カボンバとはハゴロモモ科のカボンバ属の水草の総称で、日本では金魚藻の一つとして古くから親しまれてきました。カボンバは酸性から弱酸性の水質で育って、適正水温は15〜28℃ほどです。カボンバは、底床に根を植え付けなければ育たない水草です。 金魚藻の中では比較的育成が難しいカボンバですが繊細な見た目が美しい水草です。水草の育成に慣れてきたらぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

アナカリスとは?

アナカリスはさまざまな種類の水草の中でも生命力が強く、浮かせて状態でも育っていく水草です。アナカリスは明るい部屋であればライトなしでも育成することができ、水上から出た葉っぱからは白い花が咲くことがあります。アナカリスも金魚藻の一つです。 アナカリスは、別名オオカナダモといいます。生命力が強いアナカリスは、簡単に枯れることはありません。「水草を育てるのが初めてで自信がない」という人はまずアナカリスを育てることに挑戦してみてはいかがでしょうか。

アンブリアとは?

アンブリアは、酸性から弱アルカリ性の水質で育つ水草で18〜30℃の水温が適しています。アンブリアの見た目はよくカボンバに似ていますが、アンブリアは葉の付き方で見分けることができます。 アンブリアは植え替えが苦手な水草なので、一度植えてしまったら植え替えることは極力避けましょう。アンブリアを上手に育てるコツは砂底をきれいに保つことがポイントです。CO2の添加はなくても育ちますが、あったほうがきれいに育てることができます。

ウィローモスとは?

ウィローモスは世界中の熱帯から温帯に自生していて、日本にも在来種として生息している種類も存在しています。ウィローモスは岩や流木に活着して、CO2がなくても育ちます。ウィローモスは10〜28℃ほどが適温とされています。 ウィローモスは育てるのはとても簡単な種類の水草なので、初心者向けの水草といえるでしょう。

特徴別水草の種類の選び方は?

水草にはさまざまな種類の水草が存在します。ここでは水草の特徴に合わせた水草の選び方をご紹介します。さまざまな水草の特徴を理解しながら、あなた目的にあった種類の水草をみつけましょう。 水草の選び方を知ることでより水草の魅力がわかり、水草を育てるのが楽しくなるでしょう。

気泡をつける種類の水草は?

水草が気泡を出している様子は美しく、見ていて楽しいものがあります。水草が光合成を行い、酸素を水中に放出することによって気泡が発生します。気泡を付けやすい水草の種類には、ドワーフリシア、グレートモスなどのさまざまな種類の水草があります。 こちらの動画では、気泡をつけやすい水草の選び方や上手につけるコツを紹介しています。こちらの動画は、アクアリウム初心者にもできるだけわかりやすく水草の気泡ができる仕組みについて解説されています。 アクアリウム初心者はこちらの動画を参考にしながら、自分のアクアリウムの水草が気泡をつける姿を楽しんでみましょう。

浮き草を育ててみよう!

水草の中には、水に浮かび根が底床につかない「浮き草」と呼ばれる種類のものが存在します。浮き草は温帯から熱帯の淡水域に分布する水草の一種で、無性生殖で増えてその数を増やしていきます。浮き草は、生体を飼っている水槽に入れて置くと夏場に水温が上昇することを防ぐのに役立ってくれます。 水草はメダカや金魚の住処になったり、日陰を作ったりすることで生き物が快適に生活できるようにしてくれるでしょう。浮き草は光を好むので上手に育てるには、しっかりとライトを当てるか野外で育てると上手に育つでしょう。

有茎草を育ててみよう!

みなさんは有茎草をご存知ですか。有茎草という水草の種類は、上に茎が伸びてその節から出る水草のことを指します。先程紹介したグリーンロタラ、アンブリア、カボンバなどが有茎草にあたります。有茎草は生長が早く、トリミングをしたものから差し戻しを行うことで自分で増やすこともできます。

赤色の水草にはどんな種類がある?

赤色の水草には、ロタラ・ロトンディフォリアやレッドカボンバなどいろいろな種類があります。赤い水草を維持するためには鉄分の添加とCO2の添加などが大切なので、比較的管理が難しい種類の水草が多いので上級者向けと言えるでしょう。 水草は光や水をしっかりと管理することによって育っていきます。必要とする鉄分の分量やCO2の添加の量は水槽の大きさや水草の種類や量によって違うので、水草の様子をしっかり観察しながら与えていきましょう。

用途別水草の種類や選び方は?

あなたの水槽は、どのような種類の生き物を飼っていますか。水槽に水草を入れていると水槽で生活している生き物により自然に近い状態で飼うことができるだけでなく、水草が生き物の産卵の場所や隠れ家にもなりストレスを減らすことができます。 草食の生き物を飼っている場合は、水草が生き物の食料にもなります。ここでは生き物も種類ごとに相性のいい水草を紹介します。それぞれの生き物の特徴を理解しながら相性いいの水草の種類を選んであげましょう。

メダカにぴったりの水草の種類は?

メダカは、自然の状態では田んぼや小川に生息しています。メダカの寿命は3年ほどで、弱酸性から中性の水質を好みます。メダカを飼うときは、ホテイアオイやマツモなど、日本の自然環境でも繁殖できるような水草の種類を選ぶようにして、より自然に近い環境を与えてあげるようにしましょう。 水草はメダカを繁殖させたい場合に、水草が卵を産み付けるための産卵の場になってくれます。また、水草があることによって親メダカが卵を食べてしまうことを防ぐこともできます。

金魚に水草は必要?

金魚を飼っている水槽に水草を入れると、水槽の見栄えがとても良くなり金魚が泳ぐ姿もより華やかに見えるようになります。 金魚の繁殖を行いたい場合は、卵を産み付けるために水草が必要になります。マツモやアナカリス、カボンバ、フサモなどは金魚藻とも呼ばれ、昔から金魚の飼育によく用いられています。

金魚が水草を食べてしまう!

金魚はメダカなどの小型の魚と比べて食欲が旺盛なため、しっかりえさやりをしているつもりでも種類によっては水草を食べてしまうことがあります。金魚藻と呼ばれる種類の水草は、金魚が住むための環境には適しているのですが、葉が柔らかいため金魚が好んで食べてしまう傾向があります。 水草を食べられたくない場合は、アヌビアス・ナナなど金魚の身体を傷つけない程度の硬さをもつ種類の水草を選ぶようにしましょう。

睡蓮鉢におすすめの水草の種類は?

睡蓮鉢とはその名のとおり、スイレンのような水辺植物を育てるための鉢のことを指します。メダカは一般的に水槽で飼育することが多いですが、睡蓮鉢で水辺植物と一緒に飼育する飼い方もあります。 ホテイアオイやサンショウモなどの浮遊植物といわれる、水面に浮いて生育する種類の植物を水面に浮かべるのもいいでしょう。ハナショウブやカキツバタなどの抽水植物など根は土の中にあり、葉や茎は水上に出ている種類の植物を使っても美しい睡蓮鉢ができます。 好きな生き物と好みの水草を入れてあなただけのお気に入りの睡蓮鉢を作ってみてはいかがでしょうか。

睡蓮鉢でビオトープを作ってみよう!

こちらのサイトでは、睡蓮鉢で作るビオトープの作り方を紹介しています。大きい種類の抽水植物は別の鉢に植え付けて水鉢にそれを入れると植え付けが簡単になります。ビオトープでメダカを育てるメリットは、自然の環境で生活していたメダカは室内で育てるのより簡単に育てることができるようになります。 あなたもビオトープでメダカを育てて、より自然な状態のメダカと水草を眺めてみてはいかがでしょうか。

初心者が育てやすい水草の種類

これから水草のアクアリウムを始めてみたいとおもっているあなたのために、初心者でも育てやすい水草の種類をご紹介します。こちらで紹介する水草の種類は非常に丈夫で水質の変化にも強く、育てるのに手間がほとんど掛からないという共通点があります。まずはここで紹介する水草を育ててみて、ある程度育て方をマスターしてみましょう。

アマゾンソード

アマゾンソードは初心者向けの水草の代表的な種類です。アクアリウムショップに行けば、必ずと言っていいほど取り扱っています。アマゾンソードは丈夫で育てやすく、CO2の添加も必要ないため、初心者でも簡単に育てることができます。 また、成長すると非常に大きくなる種類の水草なので、アマゾンソードを植えるだけでも非常に見ごたえのある水槽になります。

アヌビアス・ナナ

アヌビアス・ナナも、アマゾンソードと並んで有名な初心者向けの水草の種類です。成長が遅いのでトリミングの頻度も少なめでいいという特徴があり、仕事などが忙しくてあまり水草に手を掛けられない人に向いている種類といえます。葉が肉厚で硬いため、金魚のような雑食の魚にも食べられてしまう心配もほとんどありません。

アナカリス

アナカリスは非常に生命力が強い水草の種類で、多様な環境に耐えることができるため初心者向けの種類であるといえます。水質の変化にも強く、よほど悪い環境でなければすぐに枯れてしまうことはほとんど無いでしょう。成長の速度がとても早いので、適度にトリミングをしてあげないと、どんどん伸びて増えてしまいます。

スクリューバリスネリア

スクリューバリスネリアは、名前のとおりスクリュー状にねじれた葉が特徴的な種類の水草です。比較的丈夫な種類なので、初心者でも安心して育てることができます。光量が足りないとねじれが弱くなりますが、それが原因で枯れてしまうということはありません。高い水温を苦手としているため、夏場の水温管理には気をつけましょう。

ウィローモス

ウィローモスはコケの仲間で、流木や石などに活着させて育てます。CO2添加は不要で、光量もそれほど必要としないため、育てやすい水草の種類とされています。ミナミヌマエビなどを飼う場合は、茂みをエビの隠れ家として使うこともできます。よく育つため、定期的にトリミングを行ったほうがいいでしょう。

水槽の水草のコケ対策

アクアリウムを行っていると、水槽でコケが発生することはとても深刻な問題になってしまいます。せっかく綺麗に水草をセットした水槽でも、コケが大量にすることによって美しさが大きく損なわれていきます。コケが出ないような水槽を作ることはとても難しいですが、ここではなるべくコケを増やさないようにするための対処法をご紹介します。 みなさんもこの対処法をしっかりと覚えてコケに負けない美しい水槽を作ってみましょう。

定期的な水換えをしよう

水換えの頻度が少なく、水が汚くなっているとコケはどんどん増えてしまいます。定期的な水換えは、コケ対策においてとても大切なことです。一度にたくさん水換えを行うのではなく、こまめに少量の水換えを行ったほうが水質の変化が小さいため、水草や魚に大きな影響を与える心配もありません。 また、フィルターが汚れていると、ろ過能力が低下するため水質が悪化し、コケが発生しやすくなります。フィルターの交換も適切なタイミングで行う水質の悪化を防ぐことができます。適切な水換えやフィルターの管理が生き物や水草にとって、住み心地のよい環境を作ります。

えさのやり過ぎに気をつけよう

生き物が食べ残したえさが水槽内に残ってしまうと、それを養分として茶ゴケが発生してしまいます。栄養がたっぷり入った餌は、コケにとってもいい栄養分となってしまいます。えさをあげる場合は、魚が1分~2分程度で食べ切れる量がちょうどいいでしょう。 誤って水槽内に大量に餌を投入してしまった場合は、市販のスポイトなどを使って取り除くようにしましょう。生き物がたくさん食べる姿がかわいいからといって、えさをあげすぎてしまうと生き物も体調を崩してしまう可能性があります。適切なえさを適量与えるのも飼い主としての愛情です。

CO2を添加しよう

CO2を水槽に添加することで、水草の光合成をより活発に行わせることができます。水草が光合成を活発に行うと、養分の吸収が活発になります。それによってコケに回る栄養分が少なくなるため、その分コケの発生を抑えることができます。 CO2を添加しすぎると水質が変化し、魚に悪影響を与えてしまう場合もあるためとにかく入れればいいというものではありません。適切な量を守りましょう。

コケを食べる生き物を入れてみよう

ヤマトヌマエビやミナミヌマエビなどのエビ類、石巻貝やヒメタニシなどの貝類はコケを食べてくれる生き物として有名で、メダカと同じ水槽で飼われることも多い種類の生き物です。コケや魚の餌の食べ残しを主に食べるため、特別に餌をあげる必要もありません。ペットショップで安価で購入することができるのもいい点です。 注意しなければならない点としては、飼っている生き物の種類によってこのような生き物は絶好のエサになってしまう場合もあります。水槽にコケ取り用の生き物を投入する場合は、飼っている魚との相性に問題はないかを事前に調べておきましょう。

CO2添加してみよう!

CO2を水槽に添加することは、水草にとって大きなメリットがあります。CO2を添加することで、水草の光合成が活発に行われるようになり、水草が元気よく育つようになります。水草の種類によっては、CO2を添加しなければ育てることができない種類の水草も存在します。 先ほど紹介したような初心者向けの水草にはCO2の添加は基本的に不要ですが、水草の育成に慣れてきたら、水草を元気に育てるためにもCO2の添加にチャレンジしてみましょう。

アクアシステム アクアCO2システムベーシックフルセット 6ミリ

アクアシステム アクアシステム アクアCO2システムベーシックフルセット 6ミリ
アクアシステム アクアシステム アクアCO2システムベーシックフルセット 6ミリ

こちらの商品は、CO2を添加できる道具がすべて揃ったセットです。水草に必要なCO2を添加することができる装置で使いやすさと安全性が自慢の商品です。

水草が元気がないから買いました! かなり細かくCO2の排出量を調節することができ、デザインもカッコよくて、スバブルカウンターも、逆流防止も、スマートで買ってよかったと思います!

CO2の作り方

こちらのサイトでは、発酵式CO2添加装置の作り方を紹介しています。CO2を発生させる装置は、販売もされていますが基本的に高価です。水草の種類によってはCO2がなくても元気に育ちますが、あったほうがより元気に育つ水草も存在します。 「元気な水草を手をかけながらでも育ててみたい」というあなたは、元気な水草を育てるためにCO2添加装置を作ってみてはいかがでしょうか。

水草は生き物にもいい影響を与える!

いかがでしたか。水草にはさまざまな種類が存在していて、水の中に住む生き物にとって隠れ家になる、産卵場所になるなどのメリットがあります。水草を入れることによって、生き物のストレスが減り、見栄えがよくなるという嬉しい効果もあります。 水草を育てるのは決して簡単なことではありませんが、このような効果は人間にとっても生き物にとっても嬉しい効果といえるのではないでしょう。アクアリウムに慣れてきたから少し難しいことにチャレンジしてみようという人や、時間ができたから気長にできる趣味を探しているという人はぜひアクアリウムに挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング