IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

水草の種類一覧・メダカ飼育などに最適な水草・コケ対策

初回公開日:2017年11月21日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガーデニング

みなさんは水草を育てたことがありますか。水草には色々な種類が存在していて、生き物と一緒に育てた場合色々なメリットが存在します。今回は水草のさまざまな種類・特徴や育て方、水草についてのさまざまな知識、相性のいい生物についてご紹介します。

水草ってどんな植物?

水草とは、根・葉・茎を持っている植物でありながら水中に生えている種類の植物を「水草」といいます。水草とは主に淡水で育つものを指し、被子植物やシダ植物の仲間にあたるものも存在しています。海で育つ種類のものは「海草」と読んで区別しています。水草の中にはコケ植物や、種子植物に似た水草も存在します。

水草を水槽に入れるメリットは?

水槽の見栄えがよくなる

水草を水槽に入れる一番のメリットは、なんと言っても水槽の見栄えがよくなることです。さまざまな種類の水草が美しくレイアウトされた水槽は、眺めるだけで安らぎを感じることができます。

水をきれいにする

水草の魅力は、水槽の見た目を美しくするだけではありません。魚のフンや餌の食べ残しなどから出る有害物質を吸収することで、水をきれいにする効果もあります。

魚の隠れ家になる

複数の生き物を1つの水槽で飼育していると、縄張り争いによる喧嘩や、いじめが発生することがよくあります。このようなことがおこった場合に、生い茂った水草が魚の隠れ家になることによって生き物にかかるストレスを軽減することができます。

水草を水槽に入れるデメリットは?

お金が掛かる

水草をショップなどで買う場合は、その分のお金が掛かります。さらに「本格的に水草を育てたい」とおもっている人は、ヒーターや照明器具・ろ過器などの色々な種類の道具が必要になる場合もあるためそれなりの初期投資は必要だと考えておきましょう。

定期的なメンテナンスが必要

関連タグ

アクセスランキング