IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デスクトップPC|安い/ゲーム/動画編集/ビジネス用

更新日:2020年08月28日

ガジェット

最近、お店で見かけなくなったデスクトップPCですが、用途によってはまだまだ手放せません。デスクトップPCならではの使い方がいろいろあり、それに適した機種があります。ここでは、そんなデスクトップPCを紹介します。

デスクトップPCを使うメリット

最新のパソコンといえば、そのほとんどがノートパソコンになってしまいまいました。そのため、電機店で展示されているのはノートパソコンばかり、という状況です。今のノートパソコンは大き目の画面が付いていたり、高性能なCPUを搭載していたりと、これ1台で何でもこなせるようになっています。しかし、まだまだデスクトップPCを使った方がいいケースがたくさんあります。今は、個人でも複数台のパソコンを所有して使いこなす時代です。用途に応じたデスクトップPCを使ってみてはいかがでしょうか。 次からケース別にデスクトップPCを紹介していきます。

ゲーム用PC

ゲーム用ならデスクトップPCが

最近はゲーム用のノートPCも発売されていますが、本格的にパソコン用のゲームをやるなら、デスクトップPCがです。パソコン用のゲームは、eスポーツとして世界的にが出ており、パソコンメーカーから個性的なデスクトップPCが発売されています。のあるゲームタイトルではプロの選手が活躍しており、イベントには大勢の観客が集まってプロの選手のプレイに熱中しています。 ゲームを本格的にやりたいなら、高性能なパソコンが欠かせません。高性能なパソコンとは、処理能力の高いCPUと、高機能なグラフィックカードを搭載したパソコンを指します。高性能なCPUは消費電力が高く、大量の熱を発生します。また、高機能なグラフィックカードも消費電力が高く、これも大量の熱を発生します。ノートパソコンではこの熱をうまく逃すことができないので、性能を落としたCPUやグラフィックボードを搭載しています。しかし、デスクトップPCなら高性能なCPUと高機能なグラフィックカードを搭載できます。 さらに、直接操作するキーボードとマウスもゲーム専用タイプを使いたいものです。ゲーム用のデスクトップPCなら、最初からゲームに向いたキーボードとマウスが付いてきます。また、できれば大画面でゲームを楽しみたいところです。最近は、PC用のLCDでも4K対応が安くなってきました。今のゲーム用のグラフィックカードなら、最初から4Kに対応しており、高精細な画質で楽しめます。 ゲーム用のデスクトップPCといえば、以前はショップパーツを組み合わせたオリジナルな自作パソコンが主流でした。しかし、今はパソコンメーカー各社がゲーム用PCに力を入れており、動作確認が取れている高性能なパソコンを購入することができます。次から、Amazon でも購入できるメーカー製のゲーム用デスクトップPCを紹介します。

Dell ゲーミングデスクトップパソコン Inspiron 5675 Ryzen5 Radeonモデル

こちらは、世界でを争うパソコンメーカーのDELLが製造している、話題になったAMD製最新CPUを搭載したゲーミング用デスクトップPCです。拡張性は自作PCに劣りますが、コストパフォーマンスに優れており、アフターサービスも充実していることからゲーム用パソコンの入門機として最適です。

mouse ゲーミングPC デスクトップパソコン NG-I761D22SBG107X-ZB

こちらは、テレビCMが話題のマウスコンピューターが製造するゲーム用デスクトップPCです。これだけの性能のパソコンが安価に購入できるのが、マウスコンピューター製の魅力と言えるでしょう。国内製造のため品質に優れ、また、アフターサービスも受けられるので、こちらもゲーム用パソコンの入門機として1台です。

MSI ゲーミングPC デスクトップパソコン Vortex G65VR 7RF G65VR-7RF-227JP

こちらは、パソコン自作派にはお馴染みのマザーボードメーカーMSIが製造している本格的なゲーム用パソコンです。高速なCPUはもちろん、高機能なグラフィックカードを搭載しており、どんなゲームでも快適にプレイできる環境を実現しています。そして、このパソコンのいい点は、小型の筐体の割に冷却性能が優れており、またとフル稼働でも安定して動作する高性能な電源です。ステップアップを目指すゲーマーに、ぜひ使ってほしいゲーム用のデスクトップPCです。

動画編集用

動画編集用ならデスクトップPCが

初回公開日:2017年07月20日

記載されている内容は2017年07月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング