IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IQOS本体とヒートスティックの種類|色・ニコチン・味

更新日:2020年11月15日

趣味

ヘビースモーカだった友人がIQOSに変わっていたりという経験は少なくないでしょう。最近のIQOSは勢いがあります。タバコの部分というべきヒートスティックが今はまだ6種類しかないのに、どうしてIQOSに変えたのでしょうか。メリット・デメリット含め紹介します。

「IQOSはニコチンは含まれているけどタールは含まれていない」と、誤解している人が意外といます。IQOSは普通のタバコと比べて9割ほど有害物質が削減されているだけです。残り1割には有害物質があるということです。 無害だと浅い知識を信じてしまって、煙じゃなくて蒸気だからと、誰かの顔に吹きかけるようなことをしてはいけません。電子タバコ(過熱式タバコ)とはいえタバコであることには変わりはないので、少なからず周囲には受動喫煙のリスクがあります。 また、電子タバコクリーナーも、成分の種類が何なのかをしっかり見てから使わないと、結果普通のタバコよりタチの悪い電子タバコとなってしまいます。正しい知識を知った上で、上手にIQOSと付き合っていきましょう。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング