IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

IQOS本体とヒートスティックの種類|色・ニコチン・味

更新日:2020年11月15日

趣味

ヘビースモーカだった友人がIQOSに変わっていたりという経験は少なくないでしょう。最近のIQOSは勢いがあります。タバコの部分というべきヒートスティックが今はまだ6種類しかないのに、どうしてIQOSに変えたのでしょうか。メリット・デメリット含め紹介します。

[ローズ] カラー・プリントデザインアイコス・新型 iQOS 2.4 Plus KIT( 国内正規品)本体・キットセット (ローズ,ネイビー) MRG(エムアールジー)、など色だけでなく模様が付いた本体もどんどん限定販売されているので要チェックです。

今後発売予定の本体はあるの?IQOS互喚機という本体って?

アイコスファンが実に待ちわびた、新型アイコスはIQOS【2.4 Plus】です。もう既にコンビニで購入できます。いよいよアイコスも「旧型」「新型」と呼び分けられる時代が来ました。 これからは、旧型・新型の本体どちらも、コンビニで予約したり並ばなくても簡単に購入できるようになりました。アイコスファンにとっては、コンビニでの旧型の販売再開も喜ばしいでしょうけれど、新型の販売も嬉しいことでしょう。 なぜ当初こんなにも売り切れ続出品切れ状態になったのか、というのは二説あります。一つは、アイコスの販売元「フィリップモリス社」がここまでのを予想できていなかったため生産が遅れたという説と、わざと品薄にして知名度を操作していたという説がありますが、色んな説が出るのはそれだけIQOSがで、種類が増えるのをファンが待っているということです。

IQOS本体の種類が変わった?「IQOS互換機」

IQOSユーザーの悩みといえば「連続で吸えない」ということです。そのためIQOSを2持ちしている人が少なくありません。しかし、そのモヤモヤを解決してくれるのが、最近登場した「アイコス互換機」です。 タバコよりアイコスの方がいいけど、連続で吸えないなど使いづらいと感じている人は互換機【iBuddy】を試す価値ありです。 アイコスにはメリット・デメリットがあります、この互換機もまた同じようにメリット・デメリットがあるので、自分自身で使ってみて2台持ちが良いのか互換機が便利か使い分けてみるのも良いでしょう。 互換機本体のカラー・柄のバリエーションは今後もっと増えていくと予想されます。色んなメーカーの参入も予想されるので、IQOSの本体種類をどれにしようか悩む日も近いでしょう。

IQOSではできない連続吸いができる別物!

【正規品・保証付き】IQOS(アイコス)互換機 iBuddy i1 (アイバディ・アイワン)【日本語説明書付き】 (ブラック)
【正規品・保証付き】IQOS(アイコス)互換機 iBuddy i1 (アイバディ・アイワン)【日本語説明書付き】 (ブラック)

これが先に紹介した、IQOS(アイコス)互換機の「iBuddy i1」 (アイバディ・アイワン)です。互換機は加熱式タバコIQOSと同じような構造をしているので、そのままコンビニなどで売っているアイコスのヒートスティックを使うことができます。 こういった加熱式タバコには、IQOSの他に「グロー(glo)」「プルームテック」がありますが、この【iBuddy(アイバディ)】も「グロー(glo)」のように一体型加熱式タバコなので、アイコス本体機能に不満を抱えている人にです。 【iBuddy(アイバディ)】はIQOSのように一回一回面倒な充電をしなくても良いので、連続で吸いたいというチェーンスモークも可能なIQOS本体とは別の便利な本体と言えます。

季節やイベント限定の本体を要チェック!

IQOS本体は、イベントなどで限定モデルを出したりと、所々で新製品を販売するので新しい物好きな人はチェックが必要です。前回は、クリスマス限定のギフトセットが販売開始になっていますし、プレゼントにも最適です。 これまでも季節ごとなどに限定カラーのIQOSが販売されてきていますので、限定カラーの復活や新たな新色の販売開始などもあるでしょう。 IQOSのホームページに紹介されていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

IQOSのヒートスティックで吸える互換機とその種類

これまで説明してきたように、IQOS本体とIQOSのヒートスティック(タバコとなる部分)は、別だと考えてみて下さい。すると、IQOSとは「フィリップ・モリス製の喫煙具」であってIQOS専用のヒートスティックは加熱式たばこの本体が合えば、IQOS専用の本体でなくても吸えるということです。 そこで、互換機が色々と売れ始めました。互換機の中には連続で吸えるものが多いからです。たしかにIQOSは、普通のタバコよりも9割も有害物質が削減されているのでですが、連続で吸えないという理由でIQOSを止めてしまうのであれば、本体を変えればいいだけです。 そういった本体の種類は色んな会社から出ていて、ネットで検索しても意外と種類豊富です。しかし、IQOS本体と勘違いしている人もいます。IQOSはフィリップ・モリス製のもので、その他はIQOSのヒートスティックが吸える互換機(別種類の本体)です。

IQOSヒートスティックの種類・味は?

現在、専用カートリッジのヒートスティックは全部で6種類販売されています。それぞれの味をご紹介していきます。

チャコールタイプの味

【レギュラー】 1番吸いごたえのあるタイプ。 通常の紙巻タバコの8ミリ以上タバコの感覚なります。 タバコを吸ったという満足感は十分に得られるでしょう。 【バランスドレギュラー】 クセもなくとても吸いやすいタイプ 1ミリなどの軽いタバコを吸っていた人が一番最初にアイコスを試すのであればこちらがです。 通常の紙巻タバコで重いタバコを吸っていた人には少し物足りなく感じるでしょう。 【スムースレギュラー】 レギュラーほどガツンと重くなく、バランスドレギュラーほど軽くない、ちょうど間くらいのタイプ。 3ミリ〜6ミリのタバコからの切り替えにちょうどいいです。 後味がスッキリしていながらも、タバコ感も感じられるタイプです。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング