IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スマホVRアプリ・スマホVRコーグルの紹介

更新日:2020年08月28日

ガジェット

日本にもついに上陸したVR「仮想現実」。スマホでも遊べて、できる現代のゲームとしてその最新の技術が少しずつ日本でも注目されています。VRの遊び方や、用意するもの、アプリ・スマホなどを今回まとめて紹介していきたいと思います。

スマホ対応 「VaR’s VR Video Player」

初めに紹介するのがこちらのスマートフォン本体にある動画や画像を再生させるプレイヤーアプリです。アプリのインターフェイスはかなりシンプルで低機能なものですが、再生にあたっての機能は意外と高機能でいくつかあるスマホVR対応動画再生プレイヤーの中ではです。 ポイントとして、瞳孔間距離、歪み補正、ズーム、明るさ、彩度、コントラスト、動画再生ポジション位置など、VRならではの機能のカスタマイズや設定ができます。

するVRなわけ

再生においては画面いっぱいまで動画が広がり、スマホ用VRHMDで観た際は、かなり大画面感が出てきます。は180度・360度動画を再生させるためのモードも完備している点です。動画が左右で区切られているタイプでも上下で区切られているタイプでも対応でき、上記の各種設定をタップ操作ではなくVRゴーグルでの注視で行える「VR CONTROL」モードも存在します。

「VaR’s VR Video Player」の購入の前に

このアプリを楽しむ為に必要な物は2つあります。それはVRゴーグルとVR方式の動画やゲームVR方式でない従来の動画の再生、ゲームはこのアプリだと2Dを選ぶ事になります。 ゴーグルを使いVRで動画やゲームを楽しみたい場合は、VR方式の動画やゲームが必要になるので、VR専用の動画やゲームを用意しておきましょう。マーケットにはVRゲームが、動画サイトにはVR動画が増え始めてますのでそちらで無料からでも入手可能となっています。 再生の設定は、最初に2D、VR、パノラマなど再生方法が選べると思うので動画と合う再生方法を選択して試聴を繰り返して下さい。きちんと合っていればヴァーチャル再生なら視界内は全て動画やゲームの中、目の前に立体的に表示され、再生中にヴァーチャルで操作(目の焦点を数秒キープでタップと同じ扱い)又は、ヴァーチャル操作をオフにするオプションがあります。上部のリセットをした場合数秒後に画面が固定され、リセットして固定される前に好きな姿勢に寝転がってしまえば寝ながらにVRが可能であるのはできます。 視点の立体視や奥行き等はゴーグルとの相性もあるのでゴーグルを調整してからこちらのアプリの調整をするとわかりやすいです。光が入り込むゴーグルや、ゴーグルとスマホの画面ズレがあるとうまくVRが楽しめないので調整する必要があり、時折ジャイロ機能が狂うのは未だに改善されていないのは、スマホ使用の場合には注意が必要です。

スマホで総合型アプリを!Fulldive VR – Virtual Reality

Fulldive VRは動画や写真などからブラウザー機能まで備えた総合アプリとなっていて、できるVRアプリです。全般的に使えて自分が撮影した動画や写真なども見られるようになっているので取り敢えず、インストールして良いレベルのアプリだといえるでしょう。このジャンルのアプリでは珍しく日本語にも対応していますので、これも嬉しいポイントです。

スマホでファイルの再生などに使える VR Player Free

こちらのVRアプリ、2D/360度の動画から、画像ファイルまで色々と再生できるアプリです。広告が表示されるので、動画に集中出来ないのもありますが、スマホからURL打ち込みで再生もできるので我慢が必要になります。別途約250円でPRO版の購入もできるので、気になる人は有料版を試すのもです。 対応形式は •ドーム •フルドーム •キューブマップ •シリンダー など複数の形式に対応できるVRアプリとなっています。ドーム形式はドームマスターと呼び、フルドームもハイパードームマスターと呼びます。360Flyなどの360度カメラで撮影したファイルはエクイレクタングラー形式ではなくドーム形式で記録されていたりするので、煩わしい変換を掛けなくても再生できる点はポイントです。

有料版のVRアプリはいかが VR Player PRO

先ほど紹介した「VR Player Free」の有料版、いわゆる機能を充実させたスマホアプリがこちらです。こちらの有料版では、無料版において機能が制限されていたループ機能やスキップ(シーク)の時間や字幕表示の追加に物理ボタンでの操作割当などが対応可能となっています。また、広告表示もなくなり、スマホでサクサク快適な操作が実現します。より快適に使いたい場合はこちらのPRO版をします。 一番一般的な360度の記録形式である「エクイレクタングラー(Sphere)」形式以外にも •ドーム •フルドーム •キューブマップ •シリンダー など複数の形式に対応しています。

スマホとVRで宇宙体験を!A TIME IN SPACE VR CARDBOARD

最高の宇宙体験ができるVRアプリであり、趣向を凝らしたエフェクトと共に本物のスペースワールドを体験することが出来るのはです。宇宙探索機に乗っている状況を作り出し、浮遊する宇宙空間をコースターのように疾走します。スマホ画面でも綺麗でリアルなので、スペックの余裕のある機種であれば、さらに素晴らしい体験ができることでしょう。

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング