IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上手な革靴の選び方|サイズ/ブランド/ビジネス/カジュアル

ビジネスファッション

革靴が必要だけれども選び方がわからない時や、サイズの選び方を間違ってしまったということはありませんか。一口に革靴と言っても、サイズの選び方はスニーカーとは違いますし、TPOに合わせた革靴を選ぶ必要があります。今回はそんな革靴の選び方についてご紹介します。

更新日時:

革靴選びのコツ

革靴選びのコツ

ビジネスシーンからカジュアルな私服の着こなしまで、革靴を履くシーンは意外に多くあります。ですがサイズや目的に合わせた選び方をするとなると、普段履いている靴とはやはり違ってきます。そんな革靴の選び方にも、材質やサイズなどいくつかのポイントが存在します。ここでは革靴の選び方として、見るべきポイントを押さえていきましょう。

サイズ

まずは一番大切なポイントになるのは、サイズの選び方でしょう。 サイズが合わないと外反母趾や靴擦れなどの怪我や、靴の型崩れにも繋がります。また革靴を履くのがしんどいと言う方は、そもそもサイズの合っていない靴を履いてしまっていることが少なくありません。では、サイズの選び方を詳しく見ていきましょう。 一般的に、革靴はスニーカーと比べて1cm程小さいサイズを選ぶのが目安になります。と言うのも、スニーカーと違って革靴のサイズ表記には「捨て寸」(つま先部分の余裕)と呼ばれるものが含まれています。この捨て寸が1cm程度あるのがベストであり、つま先を傷めない余裕とフィット感が生まれます。 サイズの選び方として、革は伸びるので少しきつめのものを選ぶと良いといわれています。しかしそれは横幅に対してであり、縦方向には伸びないのでつま先部分の捨て寸を意識したサイズの選び方をするのが良いでしょう。

横幅

横幅もサイズ選びをする上で重要になってきます。 横幅で基準となるのは「ポールジョイント」と呼ばれる箇所のフィット感になります。「ポールジョイント」とは親指の付け根から小指の付け根までの靴の横幅が一番広い部分を指します。 このポールジョイントが合っていないと怪我につながります。狭すぎると、小指が薬指の下に潜り込んだり、親指が圧迫を受ける原因となります。また、広すぎると靴擦れの原因となっていしまいます。 ポールジョイントのフィット感を確認するには、小指が点で当たっている状態ではなく面で接している感覚があるかどうかを確認しましょう。

かかと

かかと部分のフィット感はサイズの選び方の中でも1、2を争う重要なポイントとなります。 かかと部分が窮屈だと、すぐに靴擦れになってしまいますし、逆に緩すぎると歩くたびにかかとが浮いてしまい非常に格好悪いです。まずは歩いた時にかかとが浮いてしまったり、足が抜けてしまわないか確認をしましょう。 かかと部分は履いているうちに、馴染んでくる箇所でもあるのでその点も考慮して選ぶ必要があります。

ソールの選び方

ソール(靴底)の選び方も悩むポイントです。ソールには、革底とゴム底の2種類に分けられています。この点に関しては目的によって選び方が変わるので、どちらの方が良いと言うことはありません。 つまり、革底とゴム底はそれぞれのメリット・デメリットを補完し合うような関係になっています。デザインを重視するのか、機能を重視するのかがソールの選び方となってきますので、自分に合った選び方をするのがベストでしょう。 それでは、それぞれのメリット・デメリットを比較していきましょう。

革底のメリット・デメリット

【メリット】 ・通気性が良く、蒸れにくい ・「カツカツ」という革靴特有の音が楽しめる ・デザイン的に格好良い、高級感がある と言ったところでしょう。特にデザイン的な好みで、革底を選ぶ人が多いです。 【メリット】 ・雨濡れなど、水に弱い ・ゴムと比べるとグリップ力が弱く、滑りやすい ・メンテナンスが必要で、交換費用も高い と、機能的やコスト面での弱さが窺えます。

ゴム底のメリット・デメリット

【メリット】 ・グリップ力が強く、滑りにくい ・耐水性能が高い ・耐久性が高く、ソールの交換費用も安い と、機能面は抜群に良いと言えるでしょう。 【デメリット】 ・通気性が悪く蒸れやすい ・歩く時の革靴特有の音が鳴らない ・デザイン的に格好悪い、チープ感が出てしまう 特に3つ目のデザイン的なところが最大のデメリットと言えるでしょう。

革靴には靴紐を通すタイプのものと、ストラップなどで止める紐なしのタイプの2つに分かれます。一般的にフォーマルな場やビジネスの場では、靴紐を通すタイプの革靴がベターです。

シーン別の革靴の選び方

ここまででサイズなどの選び方は十分でしょう。しかし、革靴は1足あればどこでも使えるのでしょうか。黒の革靴を1足用意すれば大丈夫と思われる方も多いようですが、答えは「ノー」です。シーンに合わせた選び方をする必要があります。 ここでは、主なシーンとしてビジネス・フォーマル・カジュアルと3つのシーン別の革靴の選び方をご紹介します。

ビジネス

一番革靴を履くきっかけとして多いのは、ビジネスシーンです。仕事をする上で身だしなみは第一印象を大きく左右し、仕事の成果にも影響します。しっかりとビジネスシーンに合った選び方をしましょう。 ビジネスシーンの革靴は、紐の通った靴が基本です。その上、あまり派手なデザインの靴は避けた方が賢明と言えるでしょう。

ストレートチップ

上の写真の革靴が最もポピュラーなデザインで、ストーレトチップと言います。ストレートチップとは、靴のようにつま先部分に横に一本のラインが入った靴のデザインを指します。 ストレートチップの革靴はビジネスや冠婚葬祭などのフォーマルな場でも使うことができます。履く機会が多くないけど1足は持っておたいという方は、黒か茶のストレートチップの革靴を1足持っておくのが良いでしょう。

プレーントゥ

こちらもビジネスシューズとしての定番で、プレーントゥの革靴です。プレーントゥは甲やつま先部分に一切の装飾がないツルッとしたデザインの革靴を指しています。 装飾がない分、革そのものの良し悪しがはっきりと表れます。このシンプルさ故に、革靴好きの方の間で人気が高いデザインとなっています。 ストレートチップと同じくフォーマルな場にも合わせられるので、黒や茶の1足があれば汎用性は高いでしょう。

モンクストラップ

ビジネスシーンの革靴は紐靴が基本になりますが、例外としてこのようなモンクストラップと呼ばれるデザインの靴も認められています。モンクストラップとは、紐ではなくストラップを使って甲の部分を固定するデザインを指します。 他の革靴とは違った特徴的なデザインなので、個性を演出することができます。紐なしということで、多少カジュアルな印象になりスーツスタイルでのオシャレを楽しみたい方にもピッタリです。 ただ、仕事によっては相応しくないと受け取られる場合もあるので注意が必要です。

フォーマル

冠婚葬祭などのフォーマルな場では、ビジネスシーンと比べると選べるデザインは少なくなります。 結婚式や式典などの慶事であればビジネスシーンと同じように、ストレートチップ・プレーントゥ・モンクストラップの革靴で色も黒か茶であれば問題はありません。 これに対して、葬式などの弔事はよりシンプルなデザインが求められます。ストレートチップ・プレーントゥのどちらかになるでしょう。また色は黒一択になります。

カジュアル

カジュアルな場となれば、もちろん決まりはありません。このため、デザイン性の高い革靴を選ぶ方が多くなるでしょう。もちろんビジネスシーンでも使われる、ストレートチップやプレーントゥといった革靴をカジュアルに合わせるのも非常に人気が高いです。

明るめの茶色にする

カジュアルならではの色やデザインに挑戦し、自分の個性を発揮できるような選び方をするのも面白いのではないでしょうか。

ローファー

ローファーもカジュアルにおすすめです。

ブランド革靴の選び方

ブランド革靴となるとそれなりの値段になってきますので、やはりいいモノを長く使いたいところです。そこで人気のブランドを3つご紹介します。

リーガル

ブラック 26.0 リーガル シューズ ケンフォード KENFORD KB48AJ ブラック メンズ ビジネスシューズ ストレートチップ 紳士靴
ブラック 26.0 リーガル シューズ ケンフォード KENFORD KB48AJ ブラック メンズ ビジネスシューズ ストレートチップ 紳士靴

リーガルは日本を代表する靴メーカーです。定番のデザインで作られた靴が多く、シンプルなのでビジネスシーンにもぴったりです。価格も1〜3万円とリーズナブルな価格帯となってます。

スコッチグレイン

[スコッチグレイン] SCOTCH GRAIN 内羽根パンチドキャップトゥ 0503536 R(ブラウン/24)
[スコッチグレイン] SCOTCH GRAIN 内羽根パンチドキャップトゥ 0503536 R(ブラウン/24)

こちらのスコッチグレインも国内メーカーの革靴として有名です。価格帯が3〜5万円となっており、3万円台の革靴でもどう価格帯にはない上質な革靴を手に入れることができます。また、アフターケアも充実しており修理対応も非常に好評です。

Church's(チャーチ)

[チャーチ] CHURCH'S DIPLOMAT 7814/14  (ブラウン/7)
[チャーチ] CHURCH'S DIPLOMAT 7814/14 (ブラウン/7)

Church'sはイギリスの高級紳士靴ブランドです。価格帯は10万円前後と高級革靴の部類に入ります。一足一足が職人による手作りで、一足の革靴の製作には8週間をかけて250の工程を経て作られています。それだけに世界にファンが多い革靴でもあります。また映画『007』でジェームズボンドが履いている靴としても有名です。

革靴の手入れ用品の選び方

せっかく気に入った革靴を見つけても、手入れを怠ればあっという間に劣化してしまいます。ビジネスにおいてはくたびれた革靴を履いているだけで、自身の印象を悪くしてしまう事にもなりかねません。そこで最低限用意しておきたいシューケア用品をご紹介しましょう。

ブラシ

[ミスターミニット] ツインセットブラシ(2個セット) ブラシ(2個セット) 504032 NATURAL NATURAL
[ミスターミニット] ツインセットブラシ(2個セット) ブラシ(2個セット) 504032 NATURAL NATURAL

まずは靴についたホコリなどの大きな汚れをブラシで落とします。ブラッシングがきちんとできていないと、クリームを塗った際にかえって革を傷めてしまう事もあります。 ブラッシングは1日1分程度でいいので毎日でもした方がいいです。逆に毎日ブラッシングがきちんとできていれば頻繁に靴を磨かなくても綺麗な状態を保つ事もできます。

クリーム

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック)
[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY シュークリームジャー 20241 (ブラック)

クリームは「色付き」と「無色」の2種類に分類されます。どちらを選んでも問題はないのですが、茶色の靴などで色味がわかりにくければ無色のクリームにしておくのが無難ですし、革の色落ちがきになるようであれば、色付きのクリームにするのがベターでしょう。革は乾燥すると劣化が早まりますので、必ずクリームを使ってケアをするようにしましょう。

ウェス

[アールアンドデー] R&D クロス グローブクロス 91382 (ブラウンフリー)
[アールアンドデー] R&D クロス グローブクロス 91382 (ブラウンフリー)

クリームを塗った後の仕上げに必要となります。革靴についた余分なクリームを落としたり、仕上げのツヤ出しをすることができます。

他にも

【ノーブランド品】 天然木製 シューキーパー シューツリー (39/40)
【ノーブランド品】 天然木製 シューキーパー シューツリー (39/40)

「シューキーパー」は型崩れを防いでくれます。

LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420
LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

雨濡れを防止するための「防水スプレー」もあると便利です。

自分にとって最高の一足を

一口に革靴の選び方と言っても、サイズの選び方から利用シーンに合わせた選び方まで、気をつけなければならないポイントは多く存在します。 よく「オシャレは自分のため、身だしなみは相手のため」と言われるように、TPOに合わせた選び方をすることは社会人として最低限のマナーです。ただその中で、自分なりの気に入ったブランドやデザインを見つけるのも大人の楽しみではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング