IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お願いするときの敬語表現|ビジネスと日常・間違いやすい敬語表現

更新日:2022年06月05日

敬語

この記事では、お願いするときの敬語表現をご紹介しています。社内や社外・客先で使える敬語表現のほか、間違えやすい敬語表現の正しい使い方や英語での表現もご紹介しているので、ビジネスでお願いをする機会の多い方におすすめです。ぜひ参考にしてください。

お願いするときの敬語表現

生活していく中で、誰もが人に何かをお願いしなければならない状況になったことがあるでしょう。人に何かをお願いするのはとても気を遣うことです。特に、上司や目上の人だと、敬語を使わなければならないため、なおさら気を遣うでしょう。 この記事では、お願いするときの敬語表現を状況別にご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

お願いするときの件名・タイトルの敬語表現

メールの件名は、見るだけで内容が伝わるようにすることが重要です。そのため、いつの・何に対してのお願いなのかを明記するようにしましょう。具体的には、以下のようになります。 ・○○の見積作成のお願い ・○○のプロジェクトに関する人員増加のご相談 ・社内報現行の確認のお願い ・○○大学OB訪問のお願い

お願いするときのメールでの敬語表現

ビジネスでも連絡手段として活用されているメールで、何かをお願いする場合はどのような敬語表現を使えばいいのでしょうか。以下で主なフレーズと使用例をご紹介していきます。 ・「何卒お願い申し上げます」 ご協力のほど、何卒お願い申し上げます。 ご確認のほど、何卒お願い申し上げます。 ・「していただけませんでしょうか」 人事課とお話しいただき、対処していただけませんでしょうか。 〇日のプレゼンを確認していただけませんでしょうか。 ・「急なお願いで」 急なお願いで恐縮ですが、〇月〇日までにお返事くださいますようお願いいたします。 急なお願いで申し訳ありませんが、お送りいただいた資料を再送願いませんでしょうか。 ・どなた(どちら)に伺ったらよいか どなたに伺ったらよいか悩んだ末、○○様にご相談させて頂こうと思い立ちました。 どちらに伺ったらよいか、お心当たりがございましたらお教えください。

お願いするときの手紙での敬語表現

改まって何かをお願いする場合、手紙という手段を選ぶ人も少なくありません。以下では、お願いするときの手紙での敬語表現のフレーズと使用例をご紹介していきます。 ・「お願いの筆を取った次第でございます」 私共のために、ご祝辞を頂戴できないものかと、お願いの筆を取った次第でございます。 ・「ペンを取った次第です」 採用に関する資料一式をお送りいただきたく、ペンを取った次第です。

お願いするときの社内での敬語表現

仕事をしている人は、社内で何かをお願いするシーンは何度も経験するものでしょう。以下では、主に社内で何かをお願いするときに使える敬語表現を、状況別にご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

社内アンケートのお願い

社内でアンケートの回答をお願いする場合に使える敬語表現は以下のとおりです。何のためのアンケートなのか、いつまでに回答すればいいのかなど詳細を伝えるようにしましょう。 ・「今後、労働時間の見直しの参考にしたいと思いますので、下記のアンケートにご協力ください。」 ・「お忙しいところ申し訳ありませんが、〇月〇日○曜日までにご回答のうえ、私のデスクまでお戻しください。」

同行のお願い

会社で、客先に訪問する際に同行をお願いするときに使える敬語表現は以下のとおりです。相手の都合を伺いながら、いつまでに返事がほしいのかも伝えましょう。 ・「○○社に△△の件で相談を受けたのですが、××部長が詳しいと伺ったので、〇月〇日~〇日の間で、一度お客様に同行いただけないでしょうか。」 ・「大変恐縮ですが、同行可否を今週中にお知らせください。」

資料確認のお願い

次のページ:ビジネスでお願いするときに使う敬語表現
初回公開日:2017年11月02日

記載されている内容は2017年11月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング