IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

准看護師資格の試験と取り方・資格取得のための通信教育や学校

更新日:2020年08月14日

資格・検定

社会に出てから、看護師になりたくて准看護師をめざす人もいるでしょう。准看護師は、正看護師に比べ、難易度は低い試験ではありますが、社会に出てから准看護師をめざすことは決して簡単なことではありません。准看護師をめざしてみたい方は、この記事を参考にしてください。

准看護師の資格取得支援について

准看護師資格支援という制度があります。具体的には、勤務している病院などで准看護師養成所に必要な学費などを病院が貸与する制度です。この場合、学校に通っている間の学費、制服、教科書代などは病院で支払ってもらうことができます。 学校を卒業し、資格試験を受け合格して、晴れて准看護師として仕事ができるようになると、規定の年数をその病院で働くことで学費が免除されます。この制度は、慢性的な看護師不足を解消するために、病院が学費を一時的に負担し、免許取得後自分の病院で働いてもらえる可能性があるため、人材確保のために行われています。 通常の場合、学費の返済が免除されるため、そのままその病院で働く人が多いですが、引っ越しなどで他の病院で働くことになった場合は、学費を返済する必要があります。

准看護師の資格がとれる通信教育と費用

ユーキャン

ユーキャンの通信講座の中に看護助手講座というものがあります。「准看護師」と「看護助手」はまったく違います。 「看護助手」は、病院などの規定により条件は異なりますが、基本的には資格がなくても業務を行うことができます。「看護助手」は、医師、看護師の指示のもと、医療行為以外の業務を補助することが仕事です。例えば、患者さんの食事の介助、入浴介助などです。 「准看護師」は、医師、正看護師の指示のもと、医療行為も行うのが仕事です。准看護師も仕事を行う上で、医師や正看護師の指示は必要ですが、指示があれば医療行為を行うことができます。「看護助手」とは、「准看護師」とはまったく違うものですので、間違えないように注意しましょう。

都道府県別准看護師資格が取れる学校とその学費

夜間の看護学校について

看護学校には、全日制の学校と夜間の学校があります。高校などの定時制と同じように、昼間は、通常に仕事をして、夜間に学校に通います。ただし、夜間の看護学校であっても、実習は平日の昼間の時間に行われます。 実習もそうですが、夜間の看護学校に通う場合は、昼間は他の人と同じように普通に仕事をしなければなりません。そのあと学校で授業を受けることになります。専門分野の勉強が多いので、夜間の看護学校に通う場合は、それなりに覚悟がなければ挫折につながってしまいます。 夜間の看護学校で、准看護師を目指す場合は、十分に検討してから決断するようにしましょう。

准看護師資格は廃止されるのか

准看護師と正看護師は、現場での仕事にほとんど差がありませんが、給与面やスキルアップして管理職になるなどの面で大きな格差があります。そのため何十年以上も前から准看護師制度を廃止すべきだという話が出ています。 何十年も前からそういう話があるにもかかわらずいまだに准看護師制度が廃止されることがない背景には、医療現場の慢性的な人材不足があります。現在、全国で准看護師で34万人ほどいて、病院での大切な戦力になっています。 しかし、年々准看護師の人数は減る傾向もあります。正看護師も准看護師も現場ではほぼ同じ仕事をしているにも関わらず、給与などの待遇面で正看護師よりも劣る面があるのは事実です。 そのため、准看護師制度を廃止しようという話はなくなることはないでしょう。しかし、現実問題として、現在活躍されている准看護師の戦力を失うこともできないため、すぐに准看護師制度をなくすことは難しいと考えられます。

准看護師は命と寄り添う大切な仕事です

病院で看護助手として働いているうちに、もっと患者さんのために何かをしてあげたい、できることを増やしたいと准看護師をめざそうと考えている人もいるでしょう。また、将来のために専門知識や専門的な技術を身に付け、より長く働きたいため准看護師をめざす人もいるでしょう。 看護師、准看護師は、患者さんに寄り添い、患者さんが苦しいときやつらいときの一番身近で頼もしい存在です。しかし、それだからこそ社会に出てから資格を取得するためには大変なので、相当な覚悟も必要です。 現在、准看護師として働いている看護師さんの中にも、働きながら資格を取った人も多いです。働きながら准看護師資格を目指す場合は、しっかり検討し、周りに人にも協力してもらうようにしましょう。

初回公開日:2017年11月19日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング