IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

准看護師資格の試験と取り方・資格取得のための通信教育や学校

更新日:2020年08月14日

資格・検定

社会に出てから、看護師になりたくて准看護師をめざす人もいるでしょう。准看護師は、正看護師に比べ、難易度は低い試験ではありますが、社会に出てから准看護師をめざすことは決して簡単なことではありません。准看護師をめざしてみたい方は、この記事を参考にしてください。

准看護師資格について

正式名称とは

正式名称は、「准看護師免許」です。正看護師と呼ばれている人の免許の正式名称は「看護師免許」と言います。

仕事内容は?

医師や正看護師の指示のもと、診療の補助や患者さんの世話を行うことが仕事です。実は、正看護師と准看護師の現場での仕事に「差」はありません。何が違うのかというと、『医師や正看護師の指示のもと』という部分の違いです。 正看護師は自分で患者さんに対して、通常業務の範囲の看護に基づく業務を自分の判断で行うことができますが、准看護師は、医師または、正看護師の指示がなければ医療行為を行うことができません。逆に指示があれば看護師同様の医療行為ができるということです。

国家資格ですか?

准看護師資格は、国家資格ではありません。准看護師は、都道府県の地方試験で各都道府県で行われる知事試験を合格した人がもらえる資格です。

他県試験は出来るか?

他県の試験も受験することは可能ですが、最近では西日本と東日本と受験日が、近いため受験日が重なっていないか確認することが必要です。 また、受験者の人数により、他県からの受験や、他県の準看護学校を通っている人は、受験できない場合もあります。他県の試験を希望する場合は、通っている看護学校や受験を希望する他県のホームページで詳細を確認することができますので、事前に確認しておくようにしましょう。

准看護師試験について

准看護師になるのに必要な費用は?

准看護師資格を取得するためには、2通りの方法があります。中学卒業後、高等学校の衛生看護科に入学します。しかし、この方法は、中学卒業したあとに、高校に入学しなくてはならないため、大人の人はこの方法を選択することはできません。 もう1つの方法は、中学校または高校卒業後、准看護師養成所に2年通学します。こちらは、大人になっても入学することができますが、入学試験を受ける必要はあります。どちらも学校を卒業後、准看護師免許を取得するための資格試験を受け、合格すると准看護師免許を取得することができます。 資格を取得するために必要な費用は、学校ごとに差がありますが、100万~200万程度の学費が必要です。

難易度について

難易度は、正看護師に比べて低く、受験者数に対する合格率94%と高い水準を保っています。正看護師試験の国家試験と比べると、比較的取りやすい資格と言えます。

資格取得時の年齢に制限は?

准看護師資格試験を最短で取得する方法は、中学校卒業後、衛生看護科のある高校に入学し、その後、准看護師試験を受ける方法です。こちらは、高校に入学することになりますので年齢に制限があります。 中学または高校卒業後に、医師会などが運営する准看護師養成所に入学し、准看護師試験を受ける方法です。こちらは、中学または高校を卒業していれば、入学時の年齢に制限はありません。受験科目などは、養成所により異なりますので、各養成所の募集要項を確認するようにしてください。

初回公開日:2017年11月19日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング