IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人付き合いが面倒な人の特徴と心理4個・楽になる考え方

初回公開日:2017年10月23日

更新日:2017年10月23日

記載されている内容は2017年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

世の中には人付き合いを面倒と感じ必要以上に人付き合いをしないように努めている人もいます。本記事では人付き合いが面倒な人の特徴と心理・人付き合いが楽になる考え方について考察していきます。人付き合いに対して楽な気持ちになれるよう参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

人付き合いが面倒な人の特徴4個

コミュニケーションが上手な人もいれば苦手な人がいるように、人付き合いが好きな人もいれば面倒だと感じる人もいます。人と上手そうに付き合っていても、飲み会など誘われた時、がっかりしてしまう人はまさしく人付き合いを面倒と感じるタイプです。 ここでは、人付き合いが面倒な人の特徴を4つあげていきます。友人の中に「人付き合いがあまり好きじゃないのかな」という人がいる場合の目安にもなるので参考にしてみてください。

自分に集中したい

自分に集中したいという気持ちが強い人は人付き合いが面倒だと感じます。人付き合いは人の話を聞かなければいけない事が多く、あまり興味のない話も飛び交います。自分よりも相手に集中しなければいけない場なので、自分に集中したいタイプの人にとっては人付き合いが面倒だ、できるだけ少なくしたいと考える傾向があるでしょう。 普段から仕事の休憩やオフタイム、読書はスマホ操作などして一人で過ごす事が好きな人は、人付き合いが面倒と考えているタイプが多いです。

劣等感が強い

劣等感が強い人も人付き合いが面倒だと感じる人の特徴です。人付き合いの中では自然と相手の情報が手に入ります。劣等感強い人は人の情報がストレスになります。 例えば、周りで結婚するタイミングの友人が増えていき、その話題に包まれている時、自分は肝心の恋人もいなく結婚など当分ありえないという状況だった場合、相手に「おめでとう」と言いつつ、自分と相手の状況差に心のショックを受ける事があります。もともと社交的だった人も劣等感からいつの間にか人付き合いが面倒で苦手になってしまう事もあるでしょう。

静かな世界を好む

人付き合いが面倒と考える人は基本的に静かな世界を好む人に多いでしょう。人付き合いは人と人とのコミュニケーションです。複数でコミュニケーションを取れば、会話が生まれ賑やかになるでしょう。 しかし、賑やかでワイワイした雰囲気が好きという人もいれば、静かな雰囲気が好きという人もいます。自働的に騒がしくなりどうな場面が人付き合いなので、苦手な人は避ける傾向にあります。

本当の自分を隠している

本当の自分を隠しているというタイプの人も、人付き合いは面倒だと考えるでしょう。人といる時は本当の自分を隠しているので、人付き合いは面倒だと感じ最低限に抑えたくなります。このタイプは、人にどう見られるかが重要で、自分はイメージどおりの役を演じる事に徹してしまう事が多いです。 例えば、自分は強くて頼りになるというイメージを持たれている人の場合は、強いイメージを壊したくない理由から弱さを他人に見せるのを嫌がるでしょう。人付き合いをしていると肩の力が抜けず、疲れがたまってしまい人付き合いが面倒だと感じています。

人付き合いが面倒だという心理とは?

人付き合いが好きという方は、人付き合いが面倒だという心理が不思議な事はありませんか。人付き合いが好きな方は、人と話すと楽しい、ほっとする、誰かと共有することは素敵だと感じているでしょう。しかし、人付き合いが面倒という人は全く逆の心理状態な事が大半です。ここでは、人付き合いが面倒だと感じている人の心理について考察していきます。

顔色

人付き合いが面倒な理由は、コミュニケーションを取る際に相手の顔色を気にしなければいけないという部分です。自分の口にした事で、相手が嫌な顔をしないかどうか様子を見ながら時間を過ごすというのはストレスになります。ほどほどに仲が良い相手であっても「面倒だな」と感じてしまう事もあるでしょう。

相手の期待

相手の期待の高さも人付き合いで負荷が大きくかかってくる面倒なポイントです。期待される事が嬉しいという人もいますが、人付き合いが面倒だと感じている人は期待される部分が嫌で億劫だと感じています。 相手からの期待というのは、この人と話すと楽しい、こう言ってもらいたい、こういう雰囲気を作ってくれるはずだというある一定の条件を作るよう期待が込められているという意味です。 普段人付き合いで、コミュニケーション上手な対応をとっていたり、盛り上げ役に徹している人は「この人を連れてくると楽しい場にしてもらえる」という期待値が高く、人付き合いが好きな人達に求められやすいでしょう。 本当は人付き合いが面倒なのに、周りに人がいる時は「期待に応えなくちゃ」という気持ちが強く、無理をして明るく振る舞ったりするので相手からは、嫌な気持ちを抱えている事は気付かれません。

適切な距離

人付き合いで距離というのも重要なポイントです。距離が離れすぎてしまうと疎遠になり、交友関係も薄れてしまいますが、近すぎて喧嘩が多くなるという事もあります。普段から、ぶつかりやすいタイプの相手の場合は特にその距離を取るのが難しく、必要以上に関わりたくはないと考える事が多いでしょう。 他人と適切な距離を探したり、その距離を上手く保ったりする事は、頭も精神も使います。人付き合いが面倒と考えている人は、人付き合いに割く時間があるなら自分のほっとする時間にあてたいと考える事が多いです。

親密さのレベル

目上の人なのか、丁寧な会話が好きな人なのか、気楽に仲が良い形式を好む人なのかなど、人付き合いでは気を使っている部分はありませんか。「この人とはどの程度の話をするか」「この場合はどう返事をしておくと良い相手か」など、人付き合いでは相手との親密さのレベルを、無意識で考えながら付き合っている場面があります。 親密さのレベルを調節する事に対して、敏感な人は人付き合いがとても面倒で疲れる作業です。「深く考えすぎ」と心が強い人、図太い人は感じるでしょう。しかし、そこまで深く考える事が人付き合いが面倒と考える人の特徴でもあります。

人付き合いが楽になる考え方とは?

人付き合いが面倒といっても社会で生きていく上で人付き合いは大切です。「自分は一人でも困らない」と自信がある人も何かしら窮地に立った時、例えば病気で孤独を味わった時に周りに誰もいないと本当に寂しい現実が訪れる事があります。人付き合いが豊かであれば心配で駆けつけてくれる人もいたり、何かあったときに親身になってくれる人が多いです。 人付き合いを面倒がって避けてしまったことで周りに人がいない環境は孤独です。「寂しい」と感じてしまう日が来ないよう、人付き合いを楽にとらえるにはどうしたらよいか考えていきましょう。

先入観を手放す

人付き合いが面倒だと感じている先入観を一度ゼロにしてみましょう。一番最初から人付き合いが嫌いだったわけではないはずです。どこかで面倒だった事があり、トラウマになっている事から苦手意識が生まれたので、まずはマイナスになっている先入観を手放してみましょう。

人と比べない

何かと人と比べて劣等感を抱いてしまうのは、自分が人と関わっていく中で生きづらくなってしまう性質があります。相手にとっての幸せが自分にとっての幸せでもなく、逆もまたしかりです。「自分は自分、他人は他人」と人と比べない価値観を持つように心がけましょう。

自分を偽らず素直になる

相手にどういうイメージで見られたいかという事に拘って自分を偽ってしまう人は自分を素直に表現する部分を増やしていきましょう。 自分を作っている人は、人付き合いの中であれこれ余計な事を考え、正直な気持ちとは違う表現をするためにストレスが上がっていきます。特に、強い人・良い人を演じている人は、周りから頼りにされてしまいその期待に応えようとして疲れやすいでしょう。本当の自分を出す努力も、楽な人付き合いを作っていく上で必要です。

粗探しをやめる

人付き合いの中で、嫌いな人の短所ばかりを見てしまう癖がある人は控えるように努力しましょう。完璧な人間がいないように人には短所と長所があります。短所は見方を変えれば長所にもなり、あなたの考え方一つでどちらに転ぶかは変わります。粗探しをやめると心がおおらかになり、人付き合いが今よりもずっと楽になるでしょう。

面倒な人付き合いを素敵なものにしよう!

人生には色々なタイプの人と接しなくてはいけません。人付き合いが億劫になってしまう事はあっても、面倒と考えず折り合いをつけていく必要があります。 人付き合いを素敵なものにするのもあなた次第です。本記事で紹介した人付き合いが楽になる考え方、人付き合いの先入観を捨てる・人と比べない・自分を偽らない・粗探しをやめるなど実践してみると、人付き合いで良い人間関係を築く事ができるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング