IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

解雇通知の書き方│理由別・解雇予告通知書の記載事項・タイミング

更新日:2020年08月14日

ビジネススキル

できることならお身にかかりたくない解雇通知でしょう。解雇通知にもいろいろなドラマがあります。クビを宣告されたと落ち込んでしまう人もいるでしょう。解雇通知の仕組みを詳しくご紹介します。前向きにとらえることができるメッセージもあります。

解雇予告通知書の記載事項って?

解雇予告通知書とは「解雇通知を行いますよ」と前もって該当者に通知をする目的の文書です。当然のこととして、上司や同僚ではなく会社が雇用契約を解除するものとして通知するものですから、記載する内容は重いものになります。一般的に解雇通知に比べて控えめな表現であることが多いでしょう。 ただし、記載する内容には法律でガイドラインが決められていますので、解雇予告通知にとって重要なポイントを追ってご紹介します。

対象者の氏名

氏名については、役職や住所を記載するなど特別なものはありませんが履歴書や公的書類で確認したとおりの表記をしましょう。

解雇日

解雇を目的とした文書となりますので、解雇日は必須事項です。ここで注意しなければならないのは、解雇日をする日が30日以上先なのかです。一般的に解雇する場合は対象者にも生活がありますので、いきなりの通告は対象者の期限の利益を奪うことになります。ここで問題となるのが30日というキーワードです。のちほど触れることにします。

解雇理由

解雇をする理由がないと文書の効果はありませんので、必須事項です。解雇するにあたっては、労働契約法第16条に規定されている言葉があります。社会通念上相当の理由、という文言です。単にミスが続いているであったり、仕事に対する態度が悪い、と言った内容ではいけません。 ミスが続いたのであれば、それを改善しようと会社として努力をしたのか、仕事に対する態度が悪いのであれば、それを正してほしいと会社として何かアクションを起こしているのかといった具体的な根拠が必要です。

解雇通知日

先ほど触れた解雇日との兼ね合いの問題があります。30日以上前に出すのか出さないのかをはっきりさせて通知日を決めましょう。

代表者職氏名

会社を代表して通知をしますので代表者の氏名は当然ですが、代表者の印鑑も捺印すべきでしょう。

解雇予告を出すタイミングって?

解雇の30日前

さきほど、解雇日の説明で出てきたキーワードがこの30日です。この30日が解雇通知を出すタイミングに深く関わっています。 労働基準法第20条第1項で、使用者(会社)は労働者を解雇する場合には、少なくとも30日前に予告するか、30日分以上の平均賃金を支払わなければならない、とされています。つまり、解雇日の30日以上前に解雇予告通知書を交付するか、解雇日の30日前に満たない期間内に交付する場合は、30日分以上の平均賃金を支払いなさい、ということです。

解雇は身近にあるもの

雇用契約の解除を意味する解雇通知は、クビを告げられたとイメージをする人も多いでしょう。しかし、不可避的な事情でやるかたなくというケースもありますし、人員整理で人を削減することもあるでしょう。 若い人を育てていきたければベテランを削減しますし、若い人の未来を潰してしまわないように敢えて若年者に早期の解雇通知を行う企業もあるでしょう。 解雇という結果になったとしても、能力が足りなかった解雇なのか、怠慢なために解雇となったのでは全くその後の生き方が変わっていきます。会社と雇用契約を締結して仕事をしている人が大多数でしょう。解雇通知を恐れるよりも、自分が今のポジションで何をしたのかを考えながら毎日を過ごしていきましょう。

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング