IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フィリピン・セブ・マニラのコンセント形状タイプ|変圧器/電圧

更新日:2020年08月14日

おでかけ

最近、フィリピンへの短期留学がですが、短期留学や旅行の際は、日本と海外との電圧の差が気になります。普段使っているものを、現地でそのまま使うことができるのか、使えるようにする方法があるのかについて、本記事でご紹介します。

フィリピン・セブ・マニラのコンセントの形状タイプ

日本で購入した電化製品は、基本的に日本国内で使うことを想定して作られています。ドライヤーやデジカメなどを海外に持っていく場合は、持ち込み先の国の電圧と日本の電圧の違いを確認しておく必要があります。 日本の電圧は100ボルト、周波数は東日本50ヘルツ、西日本60ヘルツです。100ボルトという日本の電圧は、世界各国の中では低めです。うかつに日本の電化製品のプラグを、海外で差し込んでしまうと、高い電圧が一気にかかってしまい、電化製品が壊れたり、最悪の場合は感電する危険性もあります。

コンセントの形状

フィリピン各地のコンセントの形状は、日本のものと似ています。場所によって、Aタイプ・B3タイプ・Cタイプが使われています。Aタイプは、日本でよく見られる縦長二穴のタイプです。Cタイプは、形状はAタイプと似ていますが穴のサイズが小さくなっています。B3タイプは三穴です。 フィリピンでは、日本の電化製品のプラグを直接差し込める形状(Aタイプ)のコンセントもありますが、電圧が異なるので、基本的には直接差し込まないでください。 使用する電化製品がユニバーサル対応(入力:100V-250Vといった表示がある家電)の場合は、コンセント形状さえ合えば、直接差し込んで使えます。

フィリピンの電圧

フィリピンの電圧は220ボルトです。日本の倍以上の電圧なので、日本国内で使用することを想定した製品を差し込むと、電化製品が燃えたり、差した瞬間に感電する危険性すらあります。 日本国内で購入した製品でも、海外使用を想定されたものは、ユニバーサル対応になっています。ユニバーサル対応の製品は、海外でもコンセントに直接プラグをさして使用できます。

ホテルのコンセント

フィリピンには、コンセント形状が3パターンあるので、ホテルによって、違う形状のコンセントを採用している可能性があります。フィリピン滞在中に宿泊先ホテルが変わる場合は、3パターンのコンセント形状に対応できるように、準備しておいた方がよいでしょう。 日本のホテルには、ほぼ必ず備え付けられているドライヤーも、フィリピンのホテルにはないことも多いので、持参した方がよい電化製品です。使い慣れたドライヤーを持っていくなら、変圧器や変換プラグを持参しましょう。

変圧器

最近のノートパソコンなどは、海外利用も前提に作られているので、海外電圧に対応しているものが多くあります。変圧器の購入を考える前に、海外へ持参する電化製品の対応電圧を確認してみましょう。 ノートパソコンの場合は、電源アダプターに記載されている対応電圧を確認します。ドライヤーは、製品本体に対応電圧が記載されています。「入力:100Vー240V」のように、フィリピンの電圧220Vが含まれていれば、変圧器を使わなくても直接利用できます。 「入力:100V」と記載されている場合は、日本国内使用しか想定していない製品なので、変圧器が必要になります。

MOCREO®安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

MOCREO®安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ
MOCREO®安全旅行充電器 海外旅行用変換プラグ

変圧器の中では、低価格な製品です。A型・O型・C型・BF型・SE型、5タイプのコンセント形状に対応しています。フィリピンで採用されているB3には対応していないので、滞在先がB3でないか、事前に確認しておいた方がよいでしょう。 USBポートも内臓されているので、IT機器を持参する場合は便利です。変圧器のなかでは、コンパクトな製品なので、持ち運びの邪魔になりません。 この変圧器は、日本国内でも使用可能です。海外の電化製品を日本国内で使用するときに、流用できます。

miyoshi co.,ltd 海外旅行用変圧器

miyoshi co.,ltd 海外旅行用変圧器 全世界対応 MBT-WDM/WH
miyoshi co.,ltd 海外旅行用変圧器 全世界対応 MBT-WDM/WH

この変圧器は、フィリピンの電圧220ボルトに対応していますが、コンセント形状がAタイプのみにしか対応していません。 フィリピンでは、Aタイプ・Cタイプ・B3タイプの3パターンが採用されているので、滞在先のコンセント形状を確認しておく必要があります。滞在先がAタイプ以外のコンセントの場合、この変圧器を使うためには、別途変換アダプタも準備しておく必要があります。 110~130V・220~240V・250Vの電圧に対応しており、海外で日本の電気製品を使用することができます。日本国内では使用することはできません。

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V 変換

初回公開日:2017年10月16日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング