IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護学校の志望動機の書き方と例文・きっかけを上手にアピール

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

看護学校への志望を考えている方のために応募者のタイプ別、よく伝える例文、アピール別にも例文が書かれています。今後も高齢者は増え続け健康に何らかの障害をもった人が増えていくでしょう。そのなかでなにをすべきかと目的意識をもって看護師となっていただきたいです。

例文は、自分は将来看護師として患者さんとのコミュニケーションを大事にし、特に地域に貢献できる看護師になりたいとおもっています。看護師を目指そうと決めたきっかけは自分が高校1年生の時に姉がケガをして母を支える看護師さんの姿を見て尊敬を抱くようになりました。 オープンキャンパスで看護体験に参加した際に看護師さんの働く姿を見て多忙さも感じましたが、その時の自分はスマイルになってくれた患者さんを見て興味を実感しました。 看護師という仕事は、患部の治療だけではなく怪我や病気によって不安や恐怖を抱えた患者さんの心のケアーもしていく仕事だとおもいます。現実に、高校時代に捻挫のため通院していた頃は、多々のアドバイスにのってもらい、その甲斐あって予定していた日数よりも早く完治することが可能となりました。また、その職に就く人に求められる適性は、正確さに、冷静沈着に判断する力と、常に他人のことを自分の

ことのように考えられる思いやりの心です。「患者さんのために」という考え方を重視していることが、通ってよく理解できるとも言っていました。 理想の看護師になるには、この考え方がとても重要なのではないかと、その考え方に則って、グループワークを充実させ、臨地実習が多く組み込まれているカリキュラムに魅力を感じています。 これらは今の自分には不十分なものであるが、資格を取得するだけではなく、患者さんに対して自分にできることを実行し、技術面でも精神面でも必要とされる人格をも磨くことができます。 それから、休憩時間に実習室で練習が可能など自ら積極的に勉強できる環境も整っており、実際に地域で取り組む医療を学べることを知り貴学で学びたいとおもいました。貴学で看護師としての知識や技術だけでなく、隣人愛をもち接することを身につけ、患者や地域にあった医療を伝えるられる看護師として飛翔したいです。

作文

看護学校の作文は、四段落構成のストーリ展開だと、作文をあわせるにはひとつの段落が短すぎるので、三段落構成の「序論・本論・結論」が望ましいでしょう。主語・述語関係を明らかにし、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにが、明確になるように書き、話のまとまりや時間、場面の変化で段落を分けしょう。

小論文

看護学校の小論文は、正確な事実認識とその伝達能力が求められる点で一般の小論文と違う点です。看護師は、勤務の上で担当の患者の容態や治療の経過を正確に知見し、勤務交代の際に伝達する義務と責任を負います。つまり、速やかで適切な判断力と誰にでも理解できるやさしい表現が求められるというのが特徴です。

好感を出す志望動機の書き出し方とは?

志望した学校がどうして行きたいのかをしっかり伝わるように書きましょう。 相手はあなたのことを何も知らないのですから、まずは自分のこと理解してもらうのが書き出しポイントのカギです。

看護学校から未来へ

看護師の資格を取得することはとても大変なことでしょう。しかし、応募者のタイプ別でも書きましたが、志望動機は多種多様です。高校を卒業してすぐの人もいれば、社会人入試の方も志望動機は多々存在します、看護師になりたいのはみなさん同じです。 それから、入学試験を志すうえで、とても重要なのが、望んでいる仕事をしている先輩方にアドバイスをもらったり相談するのも気づかなかった仕事からの新たな発見となるでしょう。

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング