IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護学校の志望動機の書き方と例文・きっかけを上手にアピール

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

看護学校への志望を考えている方のために応募者のタイプ別、よく伝える例文、アピール別にも例文が書かれています。今後も高齢者は増え続け健康に何らかの障害をもった人が増えていくでしょう。そのなかでなにをすべきかと目的意識をもって看護師となっていただきたいです。

看護体験

まだ患者さんと接したことのない方にとって体験したことは一生の宝となり、この時に看護学校の受験を決めた方、あきらめた方もいたでしょう。 看護学校の志望動機は、以前に経験させていただいた看護体験では、オープンで分かりやすい雰囲気に魅了をさせられました。学校内の人たちや教員のかたともに晴ればれとした学校生活が築いて行けるとおもい志望しました。

看護学校のオープンキャンパス

オープンキャンパスというのは、普段見られない学校内が見られる良いチャンスです。入学前にはじっくり散策しましょう。 志望動機は、オープンキャンパスでの人々のニーズに対応した看護が学べる点です。地元の老人ホームや障害を持った人々との交流やボランティア活動を通して地域の役割が盛り込まれた点です。

緩和ケア

暖和ケアというのは身近に起きないと知らない人も多いでしょう。しっかりと経験をした人からできごとについて調べておきましょう。実体験のある場合はわかりやすく相手に伝えるようにアピールして書きましょう。 看護学校の志望動機は自分は15歳の時、父を病気で亡くしました。死後、に対応してくれた看護師は言葉ではなくひたすら自分の横にいてくれ、一緒に悲しみを労わってくれました。 以後、自分も看護師を目指し、初めてホスピス(緩和ケア)病棟の事を知りました。その時からいつかホスピスで働きたいと思い、それが私の志望動機です。

出産

出産は経験しないと書けないことです。女性でないと書けない題材でもあります。出産から得た1年間の体の変化、赤ちゃんのお世話など、ありとあらゆることが人生を変えたことをアピールしましょう。 看護学校の志望動機は自分が出産を経験して、新しい命のすばらしさを実感しました。出産は一人ではできないので、先生、看護師さんの親身なケアーがあったから私たちの子供たちは存在しています。 子供のこと母親のことも考えてくれる看護師さんは経験と知識がなければ到底できることではありません。自分も看護師という仕事をしていままで子供を育てている経験を生かしていきたいです。

入院

突然の事故で入院を経験された方は少なくないでしょう。何らかで入院されたときに感じたことを詳細に伝えてアピールしましょう。 看護学校の志望動機は、以前に入院したことがありました。その時は入院と聞いて動揺してしまいましたが、個別の部屋ではなかったので、たくさんの人と知り合うこととなりました。 看護師さんは患者さんとのコミュニケーションを大事にしていて、どんな患者さんともフレンドリーになり志望するきっかけとなりました。

患者

自分が病院に行って患者という立場から見た看護を事細かくメモっておき、自分がこうであったらもっと看護として役に立つことなどをアピールしましょう。 看護学校を志望動機のきっかけは、救急車で病院に運ばれたことが遭った時、自分の意識はなく目が覚めた時には病院で手術をした後でした。目を覚ますと両親がいて、看護師さんがいました。 冷静沈着な態度に動揺していましたが、安心することができました。素晴らしい対応だったことを深く覚えています。 志望動機を相手に分かりやすく上手にアピールするコツはプロに相談することです。プロが志望動機の添削や面接対策、条件の交渉まで行ってくれます。また、的確なアドバイスをもらうことができるのできっと役に立つでしょう。

書類別に看護学校への志望動機の書き方って?

願書

願書なので、自分が看護学校を志したいきさつを詳細に文字数のある限り、同じ言葉を繰り返さないように、わかりやすい言葉で書くようにしましょう。 貴校を志望動機のきっかけは、知人が貴校の卒業生がおり、その友人から貴校の存在を話してくれたことがです。地域に根差した、餅つきや豆まきの行事などを通して地域とのつながりを育んでいく試みは他校にない試みです。 また今日では、外国の旅行者の患者を受け入れる病院も増えて、「留学制度」や「姉妹校との交流」の多様性は上がっており、そからからも貴校は地域のニーズに繁栄しています。

800文字と決められている場合

文字数が決まっている場合は、まず自分の伝いたいキーワードを集めておき、そのキーワードを中心に文章を固めていきましょう。志望動機を書くときは常に本心と、志すうえで自分自身を見つめながら書くととても良いでしょう。

800文字例文

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング