IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護学校の志望動機の書き方と例文・きっかけを上手にアピール

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

看護学校への志望を考えている方のために応募者のタイプ別、よく伝える例文、アピール別にも例文が書かれています。今後も高齢者は増え続け健康に何らかの障害をもった人が増えていくでしょう。そのなかでなにをすべきかと目的意識をもって看護師となっていただきたいです。

看護学校の志望動機をイメージ良く伝えるには?

設備

これから通う学校なので、じっくり学校な意を見学したらOBさんからの情報をしっかりチェックしておきましょう。 この看護学校へを志望したのは看護師として患者さんの役に立つことがしたいと思ったからです。以前に看護学校を見学させていただいた際に、まず実習室の設備がとても整理整頓されていて、かつあらゆる場面を想定した演習ができるからです。

地域医療

看護学校の入る前に周りの地域住民がどんな暮らしをしているかも参考にしておきましょう。 この看護学校は看護の社会的役割を了解し、保健・医療・福祉領域の専門的な仕事や関係者とケアチームを合わせて、役割の看護ケアを目指す人々を教養するという思想を掲げられます。

教育理念

学校のパンフレットに書かれている教育理念は学長さんのお言葉なので、看護学校を志すうえでとても重要な要素が含まれています。自分の目指す看護と一致することが一番です。 この看護学校の教育理念でもある「看護は実践の学問である」と言われています。看護に必要な知識・技術の習得のみならず、知識・思考・行動の組み合わせを1つにさせて発揮される「実践者の教養」となりたいです。

金銭面

まずは、学校に通うことになるので、学費が維持できるかはもっとも重要なことです。親御さんからの仕送り、アルバイトをするのか、しっかり考えましょう。 この看護学校は自分の住んでいるところから通学時間が短縮でき、その分勉強に専念できますので、助かります。

やりがい

看護のやりがいを求めて学校進学を選んだのですから、入学前に多々のボランティアを経験するのもよいでしょう。 ポジティブに病院内のスタッフ、医師などとコミュニケーションをとり治療で苦しむ患者さんのサポートになれるような看護師を志しています。

将来の希望

全く違う場所から看護学校を選んだということは将来を見据えて、人のためにお仕事をしたいと決めた志を忘れないようにしましょう。 将来は少子高齢社会で、看護を必要となる人は産まれたばかりの赤ちゃんから高齢者まで幅広く、活性できる場所だけではなく公共施設へも仕事を希望します。

留学

留学は外国語を覚えるため、医療に触れるためにもとても良い経験となったことでしょう。 日本にも多くの外国人が在住している今、経験が大いに役立つでしょう。 志望動機は、以前に〇〇(国)で看護師として仕事をしている日本人の方の講演を聞いた時から留学の意欲がありました。これは日本で培った経験を活かせる機会だと思い〇〇(国)で生活するだけでなく、〇〇(国)の看護を学び看護師として職に就きたいとおもいました。

看護学校へ興味を持ったことを志望動機で上手にアピールする?

母が看護師

自分の経験談を学校の先生に伝えるためには、経験から得たことを率直に伝えていくことが大事でしょう。 看護学校の志望動機は、中学生のとき、知人の入院中の事です。面会中、担当の看護師さん(母)が顔が赤いとかきつそうにしているとか知人の小さな変化に気付き、氷枕や電気毛布などをもってきてくれたり足しげく何度もベッドサイドまできてくれて知人のケアーをしていました。 看護師を目指そうと思ったきっかけは働く看護師の母をみて尊敬したことです。母のような患者への配慮が自然にできる感受性の高い看護師になりたいという思考になりました。

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング