IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スーパーの志望動機の例文|履歴書/エントリーシート・書き方や注意点

初回公開日:2017年10月12日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2017年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

今回は、スーパー業界の志望動機について書いています。受かるための履歴書や志望動機をどのようにして作成すればいいのか。スーパーのお仕事にはどんなものがあるのか。部門別に、志望動機の書き方ポイントを書いていきます。参考になりましたら幸いです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

スーパーの志望動機の例文

学生や主婦層が、働きやすい職種の一つにスーパーのお仕事があります。スーパーのレジなど、多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。そんな身近なお仕事だからこそ、近年人気が高まっており、志望動機欄に工夫をしなければなかなか採用に至らないのが現実です。 そこで、ここでは受かるための志望動機の書き方、注意点をお伝えします。例文を参考にあなただけの、履歴書作成のお役に立てれば幸いです。

履歴書の書き方

スーパーで働く際の志望動機は、どんなことに気をつけて書けばよいのでしょう。「家が近いから」「お小遣い稼ぎに」と本音はいろいろとあることでしょう。確かにそれで充分です。しかし、希望者が多いスーパーで、果たして、それだけで選んでもらえるでしょうか。 採用担当者は、「この人と一緒に働きたい」「前向きな目標を持っている人だな。ぜひ応援したい」という人に採用の連絡をするのではないでしょうか。履歴書の志望動機から、そう感じてもらうためには、「文字を丁寧に書くこと」です。こんな簡単なことでも、意外とできていない人が多いです。

エントリーシートの書き方

応募した時の年齢や、雇用形態によって、エントリーシートの提出を求めるスーパーもあります。ここで見られているのは、これまでの仕事に対してどんなことを意識して取り組んでいたかという事です。 志望動機の欄はスペースが限られていますので、エントリーシートであなたの魅力をスーパーにアピールしましょう。スーパーの経験者であれば、業務中の課題に対して、あなたがどんな事をしてアプローチしてきたか、ありきたりな言葉にならないために、可能であれば、組織の一員として利益を出すためにどの様な行動をしたのかを書き起こせるといいでしょう。

面接の対策

ほとんどのスーパーが音楽を流していたり、お客様のお声でとてもにぎわっています。スーパーで働くならば、活気がある人が喜ばれるのではないでしょうか。志望動機に、「わたくしは、運動部出身で、声出しには自信があります」といわれても、当日、小さい声で話していては説得力に欠けます。質問に対しては、明るく、元気よく返答しましょう。 志望動機欄には、性格よりもそのスーパーに対しての熱意を、話のタネを書いてみましょう。面接当日は、清潔感のある服装で、礼節をわきまえて臨みましょう。黒のズボンに白系のワイシャツなどがあれば、ベストです。ジーンズはなるべく避けましょう。 会場に入室する際は、一礼したり、退出する際はあなたから椅子を片付ける、ありがとうございました。などの一言を添えることで、スーパーの店員さんに好印象を抱いてもらえるでしょう。

雇用形態別の志望動機の書き方と注意点

雇用形態が変われば、志望動機欄に書く内容も変わってきます。ここでは、雇用形態別の志望動機の書き方、注意点についておつたえしていきます。

正社員

スーパーの正社員に求められることは、「管理力」と「利益の追求です」スーパーで働く非正規雇用の人員などの数字の管理、組織の一員としてどんな風に売り上げを上げるかを自発的に考え、計画し、行動できる人材をスーパー業界は求めています。 志望動機には、あなたがこれからどんなキャリアプランを描き、会社にどんな貢献をするつもりなのかを中心に、前職での経験を踏まえて記入することをおすすめします。

関連タグ

アクセスランキング