IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でのネクタイの結び方・ネクタイの色で面接官に与える印象

更新日:2020年08月14日

服装・髪型

面接で男性が必ず結ぶネクタイ。面接官から良い印象をもってもらうには何色のネクタイをしていけばいいのか、どんなふうに結べばいいのか悩んでいる人もいるでしょう。この記事では詳しい結び方からカラーで面接官に与える印象まで詳しくご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

どうすればいい?面接でのネクタイの結び方とカラー

ネクタイは、就職活動で必須になります。あなたはどんな結び方がいいのか、どんな色をしていけばいいのか、きちんと考えていますか。ネクタイを結んでいればそれでいいとおもっていませんか。それは大きな間違いです。 ネクタイは、就活スタイルの中で男性ができる数少ないおしゃれですし、相手に与える印象にも大きく左右させてしまいます。スーツやシャツにしわがないのは当然ですが、面接官はネクタイがTPOに合っているか、結び方がきれいかどうかも見ています。 「せっかく準備して行ったのに、ネクタイが原因で面接を落とされてしまった」では、もったいないです。そこで、この記事では面接で好印象を持ってもらえるネクタイの結び方からカラーの選び方までご紹介します。

就活でのネクタイの締め方のポイント

長くても短くてもダメ!

ネクタイは長すぎるとだらしなく、短すぎると格好悪く見えてしまいます。ちょうどいい長さは、ネクタイの先がベルトのバックルと同じ位置にくるくらいです。慣れておらず長さが調節できないという人は、しっかり練習して結び方をマスターしておきましょう。 急に面接が決まった時にもきちんとネクタイを締めていけるように、普段のお洒落にネクタイを取り入れてみるのも上達のコツです。

結び目にもこだわって

面接でのネクタイの結び方のポイントは、上のほうで小さくかたく結ぶことです。大きいとおじさんのような印象を面接官に与えてしまいます。せっかく与えられたチャンスですので、若さやフレッシュさといった印象を面接官にアピールできるようにしましょう。

「プレーンノット」をマスターしよう!

ネクタイにはいろいろな結び方がありますが、今回は面接に向いている「プレーンノット」という結び方をご紹介します。

①大剣を長めにとり、大剣側が小剣の上にくるようにクロスさせます。 ②上に重ねた大剣を後ろから一周回し、後ろから前にもってきます。 ③ループ状になったところに、大剣を上から通します。 ④結び目がかたく小さくなるように形を整えます。 ※ディンプルと呼ばれるえくぼを作ると、より立体的に見せることができます。 ⑤小剣を引っ張りながら、結び目を上にあげて完成です。 だらしなく見せないコツは、小さくかたく結ぶこと、きちんと襟の一番上まで結び目を上げること、長さに気をつけることの3つです。この3つをクリアし、面接官にしっかりした人だという印象を持ってもらいましょう。 プレーンノットは基本の結び方ですが、就職活動だけでなく結婚式などでも失礼のない結び方です。ネクタイが苦手な人もこれさえマスターしておけば、いざというときに困ることはないでしょう。

ネクタイのカラーで決める!面接官に与える印象

情熱のレッド系

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング