IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の小論文の書き方・よくあるテーマと例文・ですますを使う

初回公開日:2017年10月17日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

就活をしていると小論文を書く機会がありますが、困る人はかなりいます。そんな時に、テーマ別に例文などを記載して記事にしてみたので参考にしてみてください。また、小論文で注意すべき点についても記載しましたので就活の時に小論文を書く予定のある人は見てみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の小論文の書き方

就活の小論文の書き方は、時間との勝負であるところがあります。普段論文を書く機会がほとんど無い人にとっては、小論文はかなりきついものになります。書き方としては、最初に起承転結でどのような構成で論文を書くか大まかに決めます。 その後に、箇条書きでも良いので実際に文章にする前にまとめてみることがポイントです。後は、最後まで就活の論文のテーマを意識しながら書き上げます。 小論文が苦手な人は多いと思います。そんな時は一人で悩まずに転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。サポートは無料ですので、あなたに合ったエージェントを探してみましょう。

就活の小論文でよくあるテーマ

就活の小論文でよくあるテーマとしては、仕事をしている時にふと思うような内容についての事が多いです。例えば、上司がすぐに怒る人の場合の対処法についてなどもあります。意外と身近なテーマが多く書きやすいと言えばそうなりますが、実際に小論文にしてみようとすると慣れていない事もあり、手がとまってしまう人もいるでしょう。

感動したこと

感動した事についての就活の小論文としては、正直に最近感動した内容を記載しましょう。あまり普段から感動することが無い人でも、ちょっとでも感動したことについて小論文にすることが大切です。感動とは、どの程度したかよりもじぶんがどう感じたかが重要になります。

最近のニュース

最近のニュースに関しては、皆が取り扱う内容の就活の小論文を意識するのではなくてじぶんらしい内容で問題ありません。それが、あまりニュースにならないことであっても良いです。ポイントとなってくるのは、ニュースに関する記事が他の人にどのような文章として伝わるかです。言い換えれば表現力も必要とされます。

仕事とは

「仕事とは」についてのテーマである場合、じぶんなりで良いので仕事観を考えてみることです。就活において仕事に対する考え方をまとめるのは大変でしょうが、オリジナリティーのある内容であれば良いです。また、アルバイトなどの経験がある人はその内容も小論文に記載することです。

将来の夢

将来の夢については、率直にじぶんの夢を記載しましょう。それが、その会社と関係のある夢であればなお良いです。就活の時は、じぶんの夢を常に意識して自己分析や就活に必要な事を一つ一つやっていくことです。また、将来の夢が応募している会社と合致している時は、より具体的に小論文にすることで好印象になります。

自由形式

自由形式の時は、最低限のルールを守ってじぶんの出せる力を存分に発揮した就活の小論文にすると良いです。その内容やテーマについて悩むのではなくて、その場で限られた時間において採用担当者に共感してもらえるような小論文を心がけましょう。決して上手な文章である必要はなくて、じぶんらしさが全面に出ている内容が良いです。

小論文の書き方例

就活の小論文の書き方の例として、会社に入ってからの夢がテーマである場合を想定してみます。書き方としては「私の貴社に入社してからの夢は、一つずつ知識や技術を身に付けて一日でも早く人に認めてもらえるような社員になることです。会社の戦力として、じぶんからすすんで仕事をしていけるような社員になりたいです。」などがあります。 この内容を軸にして、さまざまな内容を文字数に合わせて記載します。

就活の小論分を上手くまとめるコツ

就活の小論文を上手にまとめるためには、多くの事を記載し過ぎないことです。小論文は意外と短めで、400字の場合もあります。このような文字数では文章で言えることも限られてきます。そのため、相手に伝えたいことをいくつかに絞って文章をまとめましょう。そうすれば、採用担当者にも伝わりやすいです。

タイトルについて

タイトルについては、あまり考え過ぎないことです。じぶんの記載しようとする就活の小論文の内容とタイトルが合っていれば良いです。もしもずれているような内容をタイトルにした場合は、減点の対象にもなります。タイトルと内容が合致していることは、基本的なことで必ず守りましょう。

構成はどうすれば良いでしょう

構成は、基本的にはじめに一番言いたいことを記載します。その後にじぶんで記載した内容に対する説明を書いていきます。この時の注意点としては、あまり話しの内容を派生させすぎないことです。色々な話しを記載してしまうと、焦点がぼやけてしまって何を言っているのか分かりません。

書き出しのコツ

就活の小論文の書き出しのコツは、はじめの言葉である程度全体がわかるようにすることです。これは、難しく考えると分かりづらい表現になるので、簡単にポイントを言えば良いでしょう。採用担当者もはじめに結論の書いてある小論文の方がしっかりと見てくれます。その逆の場合は、小論文で何を言いたいのか分からない内容になってしまいます。

起承転結のポイント

「起承転結」のポイントとしては、小論文の場合の「起」では必ず結論を記載しましょう。慣れていない人は違和感があるでしょうが、一般常識です。次に「承」は、結論に付随した説明ができれば良いです。 「転」では、視点を変えてみて小論文の内容を良くみせるような内容を記載しましょう。「結」では、最終的な結論を自然な流れの文章の中で記載します。

就職の小論文を書く時に注意すること

就職の小論文で書くときに注意することは、じぶんらしい文章にすることです。就職活動ではじぶん以外の人と違ったじぶんの強みをPRする必要があります。そのため、じぶんはこれだけは負けないと思える内容を記載しましょう。また、変わった内容でも常識の範囲内であれば大丈夫です。 自分の市場価値を知りたいなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。

文字数について

文字数に関しては、就職の場合400字くらいからの小論文が多いです。それ以上の文字数のものもかなりあります。ポイントとしては、400字以上の小論文であっても400字と同じようにしっかりとまとめた内容にすることです。文字数が多いからといって、だらだらとしたイメージの文章を書くと印象が悪いです。

書式の注意点

書式の指定がある時は、しっかり従いましょう。就活における小論文の書式の指定は、基本的な事が守れるかどうかを見てきます。ですので、しっかりと書式を理解して記載するように心掛けましょう。もしも面倒な時は一度記載してみて、後で書式に合っているかどうかを確認しても良いです。

ですますの使い方

就活の小論文は、基本的にですますで記載します。他の指定がある時は別として、ですますの使い方に慣れておきましょう。何度か小論文を記載すれば何がポイントか分かってきます。ですますの使い方も自然と身に付くので、早く慣れるためにも小論文のある会社を積極的に受ける事も一つの手です。

就活の小論文対策におすすめのもの

小論論文対策の本はたくさんありますが、どれがじぶんに合っているかは本屋で読んで確認することです。じぶんにあった小論文対策本とは、理解しやすくじぶんの書き方に近い本だと思った物が良いです。無理をしてじぶんに合わない本を買えば、後で読まないでお金の無駄になります。

おすすめの参考書

おすすめの参考書は、基本的なものであれば就活に限らず小論文の書き方の参考書はたくさんあります。その中で、読みやすく理解しやすいものにすると良いです。参考書は、結構難しいものまで書いてあるものが多いですが、就活で利用できるものはポイントおさえた簡単な内容のものにしましょう。

対策本はどのようなものが良いか

就活の小論文の対策本の選び方としては、応募してる会社の小論文の内容がどのようなものかによります。最近では、大手の企業などは特に事前に小論文の内容について情報収集することができるようになっています。 限られた情報でも良いので、その情報からじぶんに合った応募している会社に効果的な対策本を購入しましょう。

このように小論文を記載すれば高評価でしょう

高評価の小論文とは、じぶんにしか書けない内容を説得力のある文章で記載した文章です。難しい内容を記載すれば良いわけではなくて、じぶんという人物を反映させたPRになる文章が理想的です。ある意味では採用過程の全てのステップで、じぶんをPRできる人が最後まで残ります。この点を意識して小論文を作成すれば、採用担当者も理解してくれるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング