IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活のクールビズの正しい服装|女性/男性・着こなし

更新日:2020年08月14日

就活マナー

就活されてる方で、相手側から「クールビズで」と指示があり困ったという方はいらっしゃいませんか?クールビズと一口に言っても、その地域、会社、時期によってもいろいろパターンがあるものです。ここではクールビズをどのように就活に取り入れられるか説明しています。

「クールビズ」と一口に言ってもさまざまなコーデ方法があります。その会社によっても異なりますし、何月かによっても変わってくるでしょう。また「就活」は、独特のシチュエーションですので、普通のオフィスよりも気を使う必要があるでしょう。 いくつか着こなしをご紹介します。ぜひ、ご自分の就活の際の参考になさってください。

半袖

先程も少し出てきましたが、クールビズにおいて「半袖シャツ」は全面的にOKとなっています。ですから、就活の際でも男女ともに半袖シャツを着用することが可能です。きちんとアイロンをかけたものを着ましょう。 色は、はやり男女とも「白」がです。清潔感や感じの良さを与えるには、白がですので白シャツを着用しておけば間違いはありません。 しかし、カラーのシャツを着用したい場合でも薄い上品なカラーを選ぶなら、就活でも使える可能性はあります。自分が受けたい会社の基準や傾向を前もって調べて、大丈夫そうならカラーのシャツを着るのもありです。 また、半袖シャツを着る場合は袖から下着が見えてしまわないよう注意してください。インナーの袖は大抵そんなに長くないですが、万が一インナーが袖からはみ出てしまいそうな時は、インナーを変えるかノースリーブかにするのがです。

スーツ

就活の際は、クールビズでもスーツを身につけるのがです。ノージャケットでもスーツのズボンを着用し、念のためにジャケットを持ち歩くことができるでしょう。スーツの色は、黒やグレーなどのモノトーンカラーを選んでください。 ジャケットを持ち歩くことは、就活に限らず会社に就職してからも使える技です。もし急な営業や来客があった場合でも、さっとジャケットを着るだけで、クールビズと言えどもきちんとした服装にすることができます。少し荷物になりますが、保険をかけておくという点では間違いないでしょう。

Yシャツ

就活中の女性であれば、Yシャツと言えば開襟のものがほとんどです。しかし、男性であればYシャツと言ってもたくさんの種類があります。ネクタイをするかしないか、ジャケットを着るか着ないかによっても選ぶYシャツが変わってきます。

まずは肩幅を確認

クールビズといえば、ノージャケットになる可能性が高いですので、まずは肩幅が合っているかを確認しましょう。就活でなくてもそうですが、肩幅が合っていないシャツを着てしまうと、良くない印象を与えてしまうことになります。Yシャツを購入する時は、自分の肩幅を測ってからサイズと照らし合わせてみてください。

次に袖を確認

長袖の場合は、肩幅の次に「袖の長さ」を確認してください。これは、男女ともに言えることですが袖の長さが合っていないと、これもまた相手に悪い印象を持たせてしまう原因になりかねません。 短すぎると、パツパツで余裕のない印象を与えてしまいます。さらに、長すぎるときちんとしてない不真面目な印象を与えるので袖の長さは重要です。クールビズでジャケットを着ない場合は特に気をつけましょう。ジャケットから見える袖の長さの基準を調べて、自分に合った長さを決めることもできます。

襟の形に注目

皆さんは、就活をしておられるのからネクタイを締めないという場面はあまりないでしょうが、ネクタイを締める締めないに関わりなく襟の形に注意を払うなら、就活時だけでなく就職後も役立つでしょう。 クールビズとなると、やはりシャツに目が行くものです。特に、ノーネクタイの場合は襟元に注意が向きます。クールビズ全般でなのが「ボタンダウン」です。ボタンダウンシャツは、襟に小さなボタンがついているもので、襟がしっかり立つ仕立てになっています。 そのため、就活に限らずフォーマルな場でももちろん活用することができます。ネクタイを締めないとどうしても襟元が緩んでしまいがちですが、ボタンダウンであればヨレてしまうことなくカチッと感を保たせることができます。

ネクタイ

ネクタイは、種類も豊富でそれぞれの個性を表現するアイテムでもありますが、はやりここは「就活」であることを踏まえて、スタンダードなものを選ぶのがです。 クールビズということであれば、暖色系ではなくブルーやイエローやグレーなどの寒色のネクタイにするのがです。茶色やオレンジでも悪くはありませんが、はやり涼し気な印象を与えるほうが良いので寒色がです。 ノージャケットであれば、ネクタイの締め方に注意しましょう。皆さん普段から気をつけて折れるでしょうが、ネクタイの裏が表よりも長かったりすると、きちんとした印象を与えません。 また、ネクタイピンなどで留めるのも良いでしょう。クールビズでノージャケットとなるとネクタイが揺れてしまいがちです。就活の際は、ピンで留めるだけでネクタイの揺れを抑えることができ、きちんとした印象をもたせることができるでしょう。

就活のクールビズの注意点

初回公開日:2017年10月29日

記載されている内容は2017年10月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング