IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスシューズの選び方・色やデザインの選び方・就活向き

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

男性が仕事で毎日履くビジネスシューズはなかなかサイズが合うものが見つからないと悩んでいる男性も多い傾向にあります。ビジネスシューズにはさまざまなサイズやデザインがあります。今回はビジネスシューズの選び方のポイントやデザインなどをくわしくご紹介いたします。

ビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズと一言で言ってもさまざまなデザインのものがあります。色々なデザインがある中、どういったビジネスシューズの選び方が適しているのでしょうか。まずはビジネスシューズの選び方についてくわしく見ていきましょう。

メンズのビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズの選び方のポイントはつま先のデザインや形を選ぶことから始まります。ビジネスシューズの基本はプレーントゥかストレートチップと呼ばれるタイプがもっとも実用的なタイプのビジネスシューズです。 プレーントゥとは、ステッチなどが施されていないシンプルなビジネスシューズです。甲側に何もデザインが施されていないため、どんなビジネススーツにも合わせすいシューズです。 ストレートチップとは、つま先部分に横線が引かれたデザインのものを表します。プレーントゥと同じくシンプルなデザインなので、スーツやジャケットスタイルにも合わせやすいビジネスシューズの1つです。プレーントゥよりも少しフォーマルな印象があるので、カッチリしたスタイルが好きな方にビジネスシューズです。

オーソドックスなビジネスシューズは1足持つと便利

ビジネスシューズを履くときの服装の基本はスーツです。ビジネスシューズの選び方の基本はスーツに合ったシューズ選びから始まります。ブラックスーツの場合は、スーツの色に合わせてブラックのビジネスシューズを選びましょう。 もっともオーソドックスなビジネスシューズのタイプは、ブラックでプレーントゥやストレートチップのシューズです。ビジネス以外にもパーティーやフォーマルなシーンで使えるビジネスシューズなので、1足持っておくと便利です。

ビジネスシューズのサイズの選び方

ビジネスシューズの選び方で覚えておきたいのがサイズ表記です。ビジネスシューズのサイズ表記はブランドや生産国によって表記が異なります。日本の場合はcm(センチメーター)表記が一般的ですが、アメリカではインチ表記が一般的です。インチ表記の場合は、7インチで25cmのサイズとなります。インチの表記から2を引いた数値がセンチメーター表記の1桁と同じと覚えると。覚えやすいのでです。

ビジネスシューズでは幅のサイズを確認しよう

ビジネスシューズのサイズの選び方で重要なポイントは幅のサイズをしっかり合わせることです。幅のサイズ表記はAからGまで分かれており、一般的な幅のサイズ表記で多いのが「EE」と呼ばれるサイズ表記です。 たとえば26cmのEEサイズの場合は、靴の幅は25,5cmとなります。幅を小さくしたい場合は「E」サイズ、幅をもっと広くしたい場合は「EEE」サイズのものを選びましょう。日本人の男性はやや幅広の方が多い傾向にあります。靴のサイズが合わなくて悩まれている方は足のサイズを計測してくれるシューフィッター(靴の専門スタッフ)がいるお店で計測してもらい正しいサイズの選び’方を学びましょう。

インポートシューズは幅が狭いものが多い

比較的インポートの靴は幅が狭いものが多い傾向にあります。すべてのシューズに幅のサイズ表記があるわけでないので必ず試し履きを行い、その靴で少し歩いてみる方法が選び方です。歩くことで足と靴のフィット感をしっかり把握することができるので、購入後にやっぱりサイズが合わなかったという失敗が軽減されます。デザインがかっこいいからといって間違ったシューズの選び方をしないように注意しましょう。

ビジネスシューズ選びは選ぶ時間帯も重要

人間の足は朝と夜ではサイズが少し異なります。足の縦の長さは変わりませんが、幅のサイズが夕方になるにつれ大きくなります。特に立ち仕事や営業で1日歩き回る人は夕方足がむくむことが多い傾向にあります。そのため夕方に靴を買った場合、朝履いてみたら靴のサイズが大きく感じる場合があります。その人のライフスタイルや職業などに合わせて適切な時間帯やサイズの選び方を考えることが重要なポイントです。

ビジネスシューズの色の選び方

ビジネスシューズでのカラーは、ブラックとダークブラウンです。ブラックはブラックスーツはもちろん、色々なスタイルに合わせやすいので1足持っておくと便利でしょう。ダークブラウンのビジネスジュースは、ネイビーやグレー系のスーツと相性のいいカラーです。おしゃれな男性は2足目はダークブラウンを選ぶと使い勝手がいいので選び方です。

初回公開日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング