IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスシューズの選び方・色やデザインの選び方・就活向き

ビジネスファッション

男性が仕事で毎日履くビジネスシューズはなかなかサイズが合うものが見つからないと悩んでいる男性も多い傾向にあります。ビジネスシューズにはさまざまなサイズやデザインがあります。今回はビジネスシューズの選び方のポイントやデザインなどをくわしくご紹介いたします。

更新日時:

ビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズと一言で言ってもさまざまなデザインのものがあります。色々なデザインがある中、どういったビジネスシューズの選び方が適しているのでしょうか。まずはビジネスシューズの選び方についてくわしく見ていきましょう。

メンズのビジネスシューズの選び方

ビジネスシューズの選び方のポイントはつま先のデザインや形を選ぶことから始まります。ビジネスシューズの基本はプレーントゥかストレートチップと呼ばれるタイプがもっとも実用的なタイプのビジネスシューズです。 プレーントゥとは、ステッチなどが施されていないシンプルなビジネスシューズです。甲側に何もデザインが施されていないため、どんなビジネススーツにも合わせすいシューズです。 ストレートチップとは、つま先部分に横線が引かれたデザインのものを表します。プレーントゥと同じくシンプルなデザインなので、スーツやジャケットスタイルにも合わせやすいビジネスシューズの1つです。プレーントゥよりも少しフォーマルな印象があるので、カッチリしたスタイルが好きな方におすすめのビジネスシューズです。

オーソドックスなビジネスシューズは1足持つと便利

ビジネスシューズを履くときの服装の基本はスーツです。ビジネスシューズの選び方の基本はスーツに合ったシューズ選びから始まります。ブラックスーツの場合は、スーツの色に合わせてブラックのビジネスシューズを選びましょう。 もっともオーソドックスなビジネスシューズのタイプは、ブラックでプレーントゥやストレートチップのシューズです。ビジネス以外にもパーティーやフォーマルなシーンで使えるビジネスシューズなので、1足持っておくと便利です。

ビジネスシューズのサイズの選び方

ビジネスシューズの選び方で覚えておきたいのがサイズ表記です。ビジネスシューズのサイズ表記はブランドや生産国によって表記が異なります。日本の場合はcm(センチメーター)表記が一般的ですが、アメリカではインチ表記が一般的です。インチ表記の場合は、7インチで25cmのサイズとなります。インチの表記から2を引いた数値がセンチメーター表記の1桁と同じと覚えると。覚えやすいのでおすすめです。

ビジネスシューズでは幅のサイズを確認しよう

ビジネスシューズのサイズの選び方で重要なポイントは幅のサイズをしっかり合わせることです。幅のサイズ表記はAからGまで分かれており、一般的な幅のサイズ表記で多いのが「EE」と呼ばれるサイズ表記です。 たとえば26cmのEEサイズの場合は、靴の幅は25,5cmとなります。幅を小さくしたい場合は「E」サイズ、幅をもっと広くしたい場合は「EEE」サイズのものを選びましょう。日本人の男性はやや幅広の方が多い傾向にあります。靴のサイズが合わなくて悩まれている方は足のサイズを計測してくれるシューフィッター(靴の専門スタッフ)がいるお店で計測してもらい正しいサイズの選び’方を学びましょう。

インポートシューズは幅が狭いものが多い

比較的インポートの靴は幅が狭いものが多い傾向にあります。すべてのシューズに幅のサイズ表記があるわけでないので必ず試し履きを行い、その靴で少し歩いてみる方法がおすすめの選び方です。歩くことで足と靴のフィット感をしっかり把握することができるので、購入後にやっぱりサイズが合わなかったという失敗が軽減されます。デザインがかっこいいからといって間違ったシューズの選び方をしないように注意しましょう。

ビジネスシューズ選びは選ぶ時間帯も重要

人間の足は朝と夜ではサイズが少し異なります。足の縦の長さは変わりませんが、幅のサイズが夕方になるにつれ大きくなります。特に立ち仕事や営業で1日歩き回る人は夕方足がむくむことが多い傾向にあります。そのため夕方に靴を買った場合、朝履いてみたら靴のサイズが大きく感じる場合があります。その人のライフスタイルや職業などに合わせて適切な時間帯やサイズの選び方を考えることが重要なポイントです。

ビジネスシューズの色の選び方

ビジネスシューズで人気のカラーは、ブラックとダークブラウンです。ブラックはブラックスーツはもちろん、色々なスタイルに合わせやすいので1足持っておくと便利でしょう。ダークブラウンのビジネスジュースは、ネイビーやグレー系のスーツと相性のいいカラーです。おしゃれな男性は2足目はダークブラウンを選ぶと使い勝手がいいのでおすすめの選び方です。

カジュアルめはライトブラウンがおすすめ

ブラックやダークブラウンの次に人気が高いのが、ライトブラウンのビジネスシューズです。ライトブラウンのシューズはキャメル色のような明るいカラーなので、足元が華やかな印象になります。カジュアルデーなどが設定されている企業ではカジュアルなスーツスタイルが推奨されているので、そのようなシチュエーションにはおすすめのシューズです。またパーティーなどでも使えるカラーなので、普段用に持っておくのも賢い選び方です。

ビジネスシューズのデザインの選び方

ビジネスシューズのデザインは、プレーントゥやストレートチップの他にも多くの種類があります。代表的なデザインでいうと「Uチップ・Vチップ」と呼ばれるデザインがあります。Uチップ・Vチップは甲側につま先部分と同じようにカーブを描いたステッチが特徴的なデザインです。 デザインのあるビジネスシューズの選び方のポイントは、好きなスタイルに合っているかということです。このようなタイプのデザインシューズはトラッドファッションが好きな男性に人気が高く、素材や光沢感によって雰囲気が異なります。TPOに合わせて正しいシューズの選び方をしましょう。

デザイン性の高いウィングチップ

ビジネスシューズというよりは、革靴が好きな男性なら1足は持っているのが「ウィングチップ」です。ウィングチップはビジネスシューズの中でももっとも派手なデザインで、メダリオンと呼ばれる穴の模様などが施されたデザインが一般的です。とてもおしゃれなビジネスシューズですが、派手なイメージもあるのでTPOに合わせて選ぶことをおすすめします。

着脱が楽なモンクストラップ

幅広い世代の男性に人気の高いのが、「モンクストラップ」です。モンクストラップとは靴の横側に留め金があり、ワンタッチ式で留めるタイプのシューズです。一般的なビジネスシューズは紐靴が多いため、接待や会食でお座敷に上がるときはモンクストラップが楽でいいという男性も多い傾向にあります。紐靴よりややカジュアルな印象のビジネスシューズなので、目上の人はいるような場所では履くのを避けた方が無難です。

就活向きのビジネスシューズの選び方

就職活動で使用するビジネスシューズの選び方のポイントは、シンプルなデザインのものを選ぶことです。プレーントゥやストレートチップなど、デザインがないシンプルなものを選び必ず紐靴タイプを正しい一般的な選び方です。就職活動に向いているビジネスシューズの色はブラックが基本です。ライトブラウンやワインレッドなど、華やかなカラーのビジネスシューズは就職活動に向いていません。色の選び方には十分注意しましょう。

サイズ感と清潔感が重要なポイント

就職活動で使うビジネスシューズの選び方のポイントはサイズ感と清潔感です。就職活動中は色々な企業に出向き、長時間歩くことも多くなります。サイズが合わないビジネスシューズの場合は途中で靴擦れを起こし、足を傷つけてします可能性があります。少し幅のある歩きやすいサイズをしっかり選びましょう。 またビジネスシューズは毎日履くと靴が傷みやすくなります。1足だけでなく2足から3足程度用意し、1日靴を休ませることも重要です。1日履いた靴はさまざまな汚れや傷がついてしまいます。就職活動では汚い靴は印象が悪くなってしまうので、必ず靴をしっかり磨いて清潔感あるシューズで就職活動を行いましょう。

ビジネスシューズ選びはサイズとデザインが重要

ビジネスシューズ選びはサイズとデザインが重要

ビジネスシューズの選び方は意外と難しいと悩む人も多い傾向にあります。特に悩むポイントはサイズの選び方です。サイズがわからない人は靴の専門販売員がいるショップで計測してもらってからビジネスシューズを選びましょう。足に合わないシューズを履き続けると足を傷つけてしまいます。TPOに合わせてシューズのタイプを選び、おしゃれにビジネスシューズを履きこなしましょう。

関連タグ

アクセスランキング