IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場で孤立しやすい人・職場で孤立してしまった時の対処法

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

職場で孤立すると辛いですよね。職場での孤立を乗り越えるにはどんな方法があるのでしょうか。孤立から抜け出す方法を考えることも大切です。また、思い切ってその職場から飛出して新たなキャリアを形成するという選択肢もあります。ここではあらゆる方法をご紹介します。

職場で孤立しやすい人の特徴とは?

職場で孤立しやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか。職場で孤立しやすい人とは、つまり職場に馴染めない人ということです。一概に孤立するのが悪いとは言い切れませんが、仕事とは求められている能力を提供して対価を受け取ることです。そのため、能力を発揮する上で快適な職場づくりをすることは重要です。 職場環境を整えるということは、コミュニケーション環境を整えるということです。会社という組織に属している以上、周囲の協力なくしては仕事をこなすことが不可能といっても過言ではありません。

職場で孤立しやすい女性の特徴とは?

職場で孤立しやすい女性にはどんな特徴があるのでしょうか。職場で最も孤立しやすいタイプの女性とは、女性を武器に仕事をするタイプです。そういったタイプの女性は、失敗を指摘されると泣き出したり、甘えた感じの話し方をしたりするなど、女性という特徴を全面に出して責任を回避したり、周りに同情してもらおうとします。 女性を武器にして仕事をする人がいると、職場の秩序が乱れるだけでなく周囲の仕事に対する意欲を低下させる原因になります。また、そういった行動を不愉快に感じる人もいるでしょう。 また、服装が派手な女性も職場では歓迎されない場合が多いでしょう。必要以上に露出度が多い服装や奇抜なファッションは、一部の職業を除いて周囲に良い印象を与えることはありません。個性が強すぎる場合も職場では孤立しやすいです。 能力の高いビジネスマンは服装にも配慮するといいます。できる人は視野が広く、周囲が求めているものについて敏感です。つまり、服装に気を遣えない人は場の空地が読めない気が利かない人と判断されます。

職場で孤立しやすい新人の特徴とは?

職場で孤立しやすい新人にはどんな特徴があるのでしょうか。一番の特徴は良好な人間関係を築けないことです。学生時代は気が合う仲間とだけ付き合っていれば問題ありませんが、社会の一員となれば苦手な人とも協力する姿勢が求められます。好き嫌いが激しい人や、それが態度に出てしまう人は孤立しやすいです。職場で働くということは、限られた人間関係の中で働くということです。 また、無口すぎる新人も孤立しやすい特徴の一つです。無駄話しばかりでは仕事に支障がありますが、無口すぎるのも問題です。無口な人はコミュニケーションが苦手です。周囲との意思疎通が上手くできなければ当然仕事にも影響します。無口なひとは周囲に暗くて冷たい印象を与えます。話しかけにくいという印象が定着すると必然的に孤立しやすくなります。

職場で孤立した時の心理とは?

職場の人間関係は複雑です。組織に属すると複雑な人間関係の中で上手く立ち回る技術を身に付ける必要があります。職場の人間関係はしがらみが強く正論が通るとは限りません。たとえ正しい意見を述べても責任が取れない立場であれば却下されることも少なくありません。 職場では正しく行動するより場面に応じてフレキシブルに対応する能力が歓迎されます。一般常識とは別に組織ごとにルールが設定されているためその両方を考慮する必要があります。職場での暗黙のルールやしきたりを理解して尊重する姿勢が求められます。 職場のルールに強く疑問を感じる場合や、暗黙のルールを読み解くことができない場合は孤立していくことになるでしょう。ここでは職場で孤立したときの心理について詳しくご紹介します。

職場に馴染めない人の心理とは?

職場に馴染めない人の多くは人間関係が苦手でおとなしいタイプの人が多いです。場の空気を読むのが苦手で表現力に自信がないため、発言を控えて黙っているのが無難と考えている場合がほとんどです。嫌われたくないという気持ちが強すぎて無意識にコミュニケーションを控える傾向があります。 承認欲求が強いタイプも職場に馴染めない傾向が強いです。このタイプの人は基本的に前向きで積極的に仕事をします。しかし、仕事に対する評価が低かったり自身のやり方を否定されると、過度に落ち込んだり疎外感を訴える場合があります。 また、単に社会経験が不足していて緊張している場合もあります。緊張しているため自然にふるまうことができず表情が暗くなったり些細なことで落ち込んだりする傾向があります。

職場で孤立していて辛いと感じるときって?

職場で孤立しているとどんな時に辛いと感じるのでしょうか。例えば、毎日一人で昼食時間を過ごすのは苦痛です。そして、仕事の悩みを相談できる相手がいないのも辛いことです。それから、同じグループのメンバー同士が楽しく会話しているのを耳にすると孤独感が一層強まって辛いでしょう。周りが楽しく仕事をしていると疎外感が強くなって仕事へのモチベーションが下がります。

職場で孤立して辞めたいと感じるときって?

職場で孤立していると必然的に仕事への意欲が落ちます。そして、会社に行くのが嫌になります。それから、忘年会や新年会など、職場のイベントに呼ばれない時にも必要とされていないと感じて辞めたくなるでしょう。業務内容に対する適正が低くくて人間関係が上手く行かない場合は辞めたいと感じるのは当然です。孤立していると自己価値を喪失しやすいため仕事を続けることが難しいと感じます。

職場で孤立しても平気な人って?

中には職場で孤立していても全く動じない人がいます。こういった人は精神力がとても強く、理論的に物事を割り切って考えることができる人です。例え周囲から孤立している事を自覚していても、業務で必要な場合は周囲とコミュニケーションを取るなど、状況に応じて柔軟に対応できる能力が高い人が多いです。 また、考え方が前向きで物事をポジティブに捉えるため職場での複雑な人間関係を嫌うタイプが多いです。周囲からは孤立していますが能力を認められている場合が多く、どちらかというと孤立しているというより一目置かれているという場合が多いでしょう。

次のページ:職場で孤立してしまった時の対処法は?
初回公開日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング