IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

血液型別の女性が好きな男性にとる態度・職場や学校での態度

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

あの子って俺に気があるのかな?と思ったことはないですか?女性が好きな男性にとる態度は、血液型によって特徴があります。また、職場や学校での態度も変わってきます。今回は女性が好きな男性にだけとる態度をまとめたのでご紹介していきます。

女性が好きな男性にとる態度とは?

男性の皆さんは、女性が好きな男性にとる態度とは、どういった態度なのか気になります。人間、誰しも友達と好きな人にとる態度は違います。では、女性が好きな男性にとる態度とは、どういう態度でしょう。リサーチした結果をまとめていきます。

仕草

最近、特定の女性と目が合うなと思ったことはないですか。目が合ってもすぐにそらされるということはないですか。女性は好きな男性を無意識に目で追ってしまいます。無意識に目で追っているので、目が合うと恥ずかしくて目をそらしてしまいます。 また、よく自分に話しかけてきたり、ボディータッチの頻度が多かったり、触れる時間が長かったりするのは、あなたに対して好意を持っている証拠です。恥ずかしくて話せない・触れないという人も中にはいるので、そこは見極めが大事です。

会話

女性が好きな男性にとる態度として、よく話しかけてくることもその一つに挙げられます。やはり自分の好きな男性とはお話ししたいものです。あなたと会話することで、その女性がよく笑い、少しオーバーなリアクションを取ってくれるときは、かなり期待してもいいでしょう。 会話の中で女性が自分に対して質問することが多いのは、あなたのことを知りたいと思ってくれている証拠です。プライベートな質問や恋愛に関しての質問などを頻繁にしてくるようでしたら、好意を持たれている可能性が高いです。

また、男性の興味のあることを自分もしてみたいと言う女性がいます。自分が見たい映画・行ってみたいお店・してみたい趣味などについて、私もしてみたい・私も行ってみたいとあなたに合わせてきたら、それは脈ありのサインです。 好きでもない男性に女性は、話を合わせることはしません。そういう話題になり、女性のほうからしたいと言ってきたら、あなたのほうから誘ってみるといいでしょう。きっと誘いを受け入れてくれるはずです。

LINE

今の連絡手段のツールとして一番使われているのはラインです。ラインで女性が好きな男性にとる態度は、まずやりとりが早いことです。 返信するとすぐに返信が来たり、やりとりを続けようとしてくれる内容が送られてきたり、その日のやりとりが終わっても次の日に積極的にラインしてきたりしてくれる女性は、あなたに好意を持っているでしょう。また、好きな男性には可愛いスタンプを送ってきたり、相手の名前を頻繁に使ったりします。そちらもチェックしましょう。

誘いを断られても

例えば、遊びに誘ったとき、本当に予定の合わなくて断られているときと行きたくないから断っているときを見分けるのは、少し難しいです。あなたから遊びに誘ったときに「その日は行けない」と言われたあとの対応を見ましょう。 女性が遊びを断ってきても、別の日を指定してきたり、時間・場所を変えて指定してきたりしたときは、本当に予定が入っていて行きたいけど行けないと思っている証拠です。まだチャンスがあります。断られた際に「また今度な」「いつか行こうね」など言われたときは、まだあなたに好意がない可能性があるので少し時間を置いて誘ってみましょう。

血液型別の女性が好きな男性にとる態度とは?

女性が好きな男性にとる態度は、血液型によって様々です。あなたの好きな女性の血液型を把握し、自分に好意を持って接しているのかそうでないのかの参考にしてください。

A型

A型の女性は、真面目な恋愛をします。付き合うまでが長く、生涯のパートナーと考えて付き合うことが多いA型の女性は、慎重に相手を選びます。そんなA型の女性が好きな男性にとる態度は、マメに連絡をとることです。 ラインなどでやりとりをしていても既読無視などは絶対にしません。内容も長文になることが多いです。ですが、ラインは付き合ってからのほうが愛を感じるでしょう。

また、A型の女性は、好きな男性を目で追ってしまうことはありますが、会話になると喋らなくなったり、目を合わせなくなったりします。恥ずかしがって、あなたの目を見てくれない素ぶりが見られたら、あなたに好意を抱いている可能性があります。 A型の女性は、好きな人のために身の回りのお世話をしてくれたり相手のことを理解しようとします。好きな人からの頼みごとは断れず、相手のためなら我慢もしてくれるので、尽くすタイプの女性が多いです。

B型

次のページ:職場で女性が好きな男性にとる態度とは?
初回公開日:2017年11月06日

記載されている内容は2017年11月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング