IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終面接における対策とまとめ|新卒/転職/中途採用別対策・内定を貰うには?

更新日:2020年08月14日

就活の面接

「最終面接の対策」をテーマにして、民間企業の場合と公務員試験の場合、それぞれの最終面接の対策や対処法をご紹介しています。新卒の場合や中途採用の場合など、志望者の立場別に対策の内容を考察しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職で公務員試験の最終面接を受ける場合、前職を辞めた理由や公務員を目指す理由などについて質問されるケースが多いと言われています。 上記のような質問には、基本的にポジティブな内容で答えることが大切です。特に、前職を辞めた理由については、ネガティブな返答をすると、マイナスな印象を面接官に与えてしまう危険性があります。また、公務員を目指す理由を述べる際は、前職を辞めてまでなぜ公務員になりたいのか、具体的に説明することが大切です。 転職で公務員試験の最終面接を受ける場合の対策としては、前職の退職理由と公務員を目指す理由について、しっかり考えておくことをします。

公務員試験の最終面接対策【3】:中途採用

転職や中途採用で公務員を目指す場合は、これまでの人生で何を学んできたのか、社会人としてどんなことができるのかといった点を確認される場合があります。公務員試験の最終面接でも、前職で社会人として何を学び、どんなことをしてきたのか、質問されることもあります。 ですから、最終面接に臨む場合は、対策として、社会人としてこれまでに培ってきた技術や経験、スキルなどを具体的に述べられるようにしておくと良いでしょう。

最終面接で内定をもらうには?

上記では、民間企業と公務員試験の場合に分けて、それぞれ立場別に最終面接の対策についてご紹介しました。最終面接についてあれこれ調べたり対策したりするのは、内定を貰うためです。ですから、最終面接の対策を考える際は、「どうすれば内定を貰えるのか?」という視点から考えてみると良いでしょう。 内定を確実に貰える最終面接対策というものは存在しませんが、内定を得やすくなる対策や対処方法は複数存在します。やはり、基本的にはどんな質問がされるか調べたり予測したりし、最終面接でされるであろう質問の回答を用意しておくと良いでしょう。また、予想外の質問をされてもしっかり答えられるように、普段からさまざまな人と会話をして、コミュニケーション能力をつけておくことをします。

就職活動・転職活動における最終面接対策のまとめ

最後に、就職活動・転職活動における最終面接の対策について、もう1度見直していきましょう。 就職活動・転職活動のいずれの場合も、最終面接に臨む前に志望企業の企業理念や方針、社長の物事の考え方などについて、確認しておくことが大切です。最終面接では、技術や知識などよりも、会社に対する熱意や仕事に対する考え方などを確認されるケースも多いためです。 また、公務員試験の場合は、最終面接で人柄や公務員に対する使命感などがチェックされる可能性があります。公務員を目指す理由や模範的な人柄をアピールできる回答を用意しておくと良いでしょう。

最終面接はしっかり対策して自信を持って臨もう!

いかがでしたでしょうか?今回は、「最終面接の対策」をテーマにして、民間企業・公務員試験の最終面接の対策について、それぞれご紹介しました。 最終面接は、内定や採用がかかっている選考ということもあり、これまでの選考よりも緊張するという方もいらっしゃるでしょう。しかし、だからこそしっかり対策をしておくことが大切です。企業の方針によっても変わりますが、中には最終面接では、技術や知識ではなく、熱意や会社の方針への理解度などを確認されるケースもあります。 ですから、最終面接に臨む際は、会社の方針や社長の考え方などをよく確認しておき、自分の言葉で回答できるよう、準備しておくことが大切です。

関連タグ

アクセスランキング