IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お金の勉強方法|書籍やセミナーなど・認定資格の勉強

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

普段、何気なく使っているお金ですが、お金のことを勉強したことはありますか。意識して勉強しようとしない限り、案外お金のことで知らないことが多いのではないでしょうか。ここでは生きていく上で、必要不可欠なお金の勉強について、方法を紹介していきます。

お金の勉強にぜひトライしてみせんか?

みなさんは日頃何のために働いていますか。家族のため、誇りのため、やりがい、色々な理由がありますが、現実的にお金が必要なので働いている人が、ほとんどではないでしょうか。 しかし、このお金のことを勉強したことはありますか。意図的に勉強しないか限り、お金について知らないことが多いのではないでしょうか。なぜかというと学校の授業で、「お金」という教科がないからです。ここでは生きていく上で必要不可欠なお金の勉強について、方法を紹介していきます。

本部門

金持ち父さん

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

『金持ち父さん貧乏父さん』とは、全世界で1000万部、日本国内でも100万部を突破し、51ヶ国語に翻訳、109カ国で紹介された本です。著者はロバート・キヨサキです。後で紹介しますが、本の内容を習得できるキャッシュフローゲームというボードゲームも開発した人物です。 この本は著者のお父さんを貧乏父さん、著者の親友のお父さんを金持ち父さんに例え、人生の選択を、二人のお父さんを手本にすることで、お金に対する選択を学び、豊かさについて執筆している本です。 この本を読むだけでお金の勉強ができますし、お金に対する価値観が変わります。全世界でもの本ですので、読んだことがない方にはです。

1%の人だけが知っている「お金の真実」

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」
トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

終身雇用制度が崩壊して久しい現在に、誰もが「この会社に一生いられないのでは」と不安を抱いて働いています。家族、自身を守るために、今どう行動すべきなのでしょうか。 この本では、成功している1%の人しか知らなかった「お金の真実」と、お金を生み出せるマインドになるための、5つの考え方をお伝えしています。 先に紹介した金持ち父さん貧乏父さんが世界をテーマにしているなら、この本は日本の現状、未来についても触れています。今のこの日本という国がどういう状況なのか、真実と向き合って、お金の勉強ができる本なのでします。

漫画部門

拝金

この本は球団買収、テレビ局買収などで話題になった、堀江隆文さんの半自伝的な作品になります。漫画ということもあり、フィクションとノンフィクションの境目がわからない部分もあり、そういった意味でも楽しめる作品です。 球団買収、日本放送買収の一連の流れは事実に基づいている様子で、その際の裏での取引模様が臨場感に溢れ、経済の裏側を学べる分、お金の勉強としても、いかにお金を働かせるかが学べる作品になっています。ぜひ、活字が読みづらい方は読んでみてはいかがでしょう。

M.I.Q

M.I.Q.(1) (週刊少年マガジンコミックス)
M.I.Q.(1) (週刊少年マガジンコミックス)

この漫画は原作:マスヤマコム(クロパンダ)による、経済や経営について書かれた漫画です。一部では、これからの日本人の生活が危機的な状況になりつつある事、その上でそこから抜け出すための方法を伝えており、投資用語のローソク足・移動平均線など、チャートについての基礎知識が書かれています。 第二部では、起業したレストランのアルバイトとして働く中で、非常に危うい経営をしている事を指摘され、成功に結び付けるため、アイデアを出していく様が描かれています。経営、経済についてリアルに書かれており、漫画だからこそ、わかりにくい知識についても取り組みやすくなっています。お金の勉強になる漫画のひとつなので、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

セミナー部門

お金の教養講座

初回公開日:2017年10月15日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング