IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事が遅い人の特徴と印象・仕事が遅い理由と改善方法

更新日:2020年11月13日

自己啓発

あの人のせいで今日の仕事の帰りが遅くなった。と愚痴を言っている人は周りにいませんか。その人はおそらくそのような人への対処法を知らないだけです。ぜひこの記事を見て多くの対処法を学び取り理解してください。無駄にイライラすることもなくなるでしょう。

効率が悪い

どう見ても効率の悪い方法で仕事をしていて、いつも苛立っている先輩ほど怖いものはありません。そのような人ほど頑固で見栄っ張りな部分を持っているので、ほかの先輩がアドバイスしてもほとんど効果がありません。そのようなときは同じ職場の職員が協力し合う必要があります。 まずは、ある一定期間中その頑固な先輩を除いてみんな同じ一番簡単な方法で業務に取り掛かりましょう。そうすることによって職場の雰囲気を簡単に変えることができます。その頑固な先輩が一人だけ浮いているという状態にしましょう。 そして、その先輩が覗いてきたタイミングで、軽くその効率良い作業方法を紹介しましょう。うまくいけば徐々にその作業について教えていきましょう。もしだめだった場合は、一週間ほど空けて別の簡単な方法をある一定期間みんなで同じように行いましょう。これの繰り返しです。一番単純かつ効果的な方法がこれです。ぜひ試してみてください。

集中力がない

仕事が遅い人の中で集中力が無いのは、はっきり言って仕方がないことです。集中力が無いのはその人の一種の才能です。なので、集中力がない人に集中力をつけさせようとすると、大変な労力がかかります。 そのため、集中力が無く仕事が遅い人には、休憩時間をこまめに与えましょう。10分仕事をしたら5分の休憩でも構いません。そのような人に限って作業が早かったりするので、これだけの休み時間をあげても周りの人の作業スピードを超えてしまうことも多いです。ただし、休憩時間を増やしたからと言って減給するのはNGです。その人のやる気を削いでしまいます。

ミスが多い

ミスが多くて仕事が遅い人は、睡眠時間不足によって疲れている可能性が高いです。睡眠時間が短いと頭の回転が悪くなります。つまり寝ぼけた状態で作業しているのと同じです。さすがに寝ぼけた状態では良い仕事はできませんし、ミスに気づくことも難しくなってしまいます。 まず始めにしっかりとした睡眠時間を持たせましょう。そうすることによって、もったいないミスを減らすことができます。さらに作業効率が自ずと上がってくることでしょう。

向いてない

もともとその作業が向いていない人もいます。仕事が遅いそのような方には無理をさせることは禁物です。無理に多くの作業を任せると妙にこんがらがって自滅してしまうことが多くあります。そのため、そのような人には一つ一つの作業を個別に与えてあげましょう。そうすることによってその人の持つ最大限の力を発揮させることができます。 元々その作業が向いていないですから、仕事が遅いのが直るのかといわれるとそうではありません。しかし、しっかりとやるべき工程は踏んでいるでしょう。向いてない人に限ってしっかりと一つの作業の工程を踏んでいることが多くあります。

要領が悪い

もしも要領が悪く、頭が固い方がいらっしゃるのであれば、ほとんどの方は諦めているでしょう。しかし、すぐに諦めるのはもったいないです。上に挙げたように、こだわりのある人への対処法を試してみてください。こちらも即効性はありませんが、長期間やっていると徐々に変わってくる可能性ははあります。

やる気がない

やる気がないせいで仕事が遅いという人は無視していきましょう。そんな自分が悪いと気付かない限り一生気付くことがありません。 その人のためにも自分のためにも、その人のことは無視して仕事をしていきましょう。そうすることによって自分の立場も上がり、その人との給料の差も明確になってくるため、やる気がない人にも何かしらの変化が起こることが期待できます。

仕事が遅い人の改善方法

仕事が遅い人には何かしらの理由があります。それぞれのパターン別の改善方法を軽く紹介していきますのでご覧ください。

アドバイス

仕事が遅い人に対して急ぐようにと直接的に伝えると逆効果なので、伝えるときにはオブラートに包んで伝えましょう。そうすれば、何かしら伝えた相手は感じ取ります。伝えられた相手はもどかしい気持ちになり恐らく作業スピードが上がっていることでしょう。

アドバイスブックのような本を上げるのはあまりできません。人によりけりです。仕事が遅い人にはただの時間の無駄になることもありますので注意が必要です。

次のページ:仕事が遅い人の理由は様々
初回公開日:2018年04月28日

記載されている内容は2018年04月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング