IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事ができない人の特徴と印象・仕事ができない人の改善方法

自己啓発

仕事ができない人は周囲だけでなく、本人にとっても大問題です。その状況がいつまでも続くのは、本人も望んでいないのではないでしょうか。この記事では、仕事ができない人について解説していきます。仕事ができない人は、是非読んでみてください。

更新日時:

仕事ができない人の特徴とは

仕事ができない人の特徴とは

仕事をしているとさまざまな人と出会う機会が多くなります。そして中には、周囲から求められる仕事ができない人もいます。ですが、仕事ができない人の中でもその特徴は人によって違ってきます。具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。この項目では、仕事ができない人の特徴を10個挙げて紹介します。

頭が悪い

学歴で人を評価するのは良くないとされていますが、やはり同じ仕事を協力して進めるためにはある程度物事を考える力が求められます。なぜなら頭が悪いと、仕事をスムーズに行うことや質の高い結果を出すことが難しく、周囲に迷惑がかかる可能性が高いからです。

覚えられない

どんな仕事にも楽な業務というものはなく、新しい知識や技術を覚えることを求められるのは当たり前でしょう。ですが、仕事で教えられた新しい知識や技術を覚えられないという人もいます。教えられたことを覚えられなければ、やる気がない、または仕事ができない人なのだとみなされてしまいます。

遅い

普段から自分のペースで動いていると、それが結果的には人よりも遅いことにつながります。日常生活に限らず、仕事の上でも動きが遅いのは問題です。他の人が当たり前のようにやって終わる仕事の時間が、1人遅いだけで大幅に遅れてしまうからです。ここに覚えの悪さが加わり、何をすれば良いかの把握ができていないなら、さらに動きは遅くなることでしょう。

言い訳

仮に仕事ができない人がいたとしても、周囲の人間関係に恵まれていれば、辛抱強く仕事を教えてくれたり、フォローしてくれたりすることもあるでしょう。ですが、仕事ができない人のやっていることが、一生懸命に頑張ることよりも言い訳の方が多かった場合、その限りではありません。言い訳が多いと、仕事ができない人を助けたいという気持ちにはならないからです。

忙しいが口癖

仕事の量がどれだけ多くとも、仕事の量に反して割り当てられる業務時間が少ないとしても、忙しいとわざわざ口にするのが、仕事ができない人の特徴です。忙しいと言っている間にも他の人たちは、自分に割り当てられた仕事を黙々とこなしています。仕事ができない人は忙しいと口にすることで「自分はちゃんとやっている」と周囲にアピールしているだけです。

偉そう

会社で偉いと言われる位置にいる人として、部長や社長など、責任のある役職についている人が挙げられます。そしてそういった人たちが、部下に対して偉そうにしていることはあまり多くないでしょう。しかし、仕事ができない人は自分の仕事ぶりを棚に上げて周囲に対し、偉そうに振る舞うことが多々あります。

整理整頓が苦手

仕事の内容にもよりますが、いつも同じ場所で作業しているという人は多いことでしょう。その中でも仕事ができない人は、整理整頓が苦手という特徴があります。いつも使っている場所を綺麗にしておくことは、仕事をする上で効率や生産性が上がりやすくなります。しかし、仕事ができない人はその必要性が理解できないのか、整理整頓に対する苦手意識があります。

机が汚い

机が汚い

上の項目の「整理整頓が苦手」と似通った特徴ですが、仕事ができない人は机の上も汚い傾向にあります。机の上に置いてある仕事関連の本や書類が、整理整頓されずに散らかったままでは、当然使いにくいです。 さらにそこがずっとそのままの状態ならば、布巾で軽く机の上を拭き、埃や細かい汚れなどをとるといった清掃作業もできません。そのため、仕事ができない人の机の上はずっと汚いままです。

話が通じない

同じ言語を話しているはずなのに、相手と話が通じなくて困ったという経験はありませんか。仕事ができない人に限って言うならこれは、自分の考えを盲信している、知識や経験が足りないなどから相手の話が理解しにくくなっています。 相手の話が理解できなければ、当たり前ですがお互いに話が通じない状況を招くこととなってしまいます。このように話が通じなければ、業務がスムーズに進まず、仕事に遅れが出る原因となるでしょう。

話が下手

話の下手な人がいることは珍しいことではありません。多少困ることはあっても、日常の中で会話をする分には、問題にはならないでしょう。しかし、話が下手では困る仕事というのは色々あります。 仕事ができない人で話が下手な人は、相手が同僚や上司、お客様とも話が下手です。特に接客業では、話が下手だと仕事ができない人と呼ばれるのは当然と言えるでしょう。

仕事ができない人の印象には何がある?

仕事ができない人の印象には何がある?

職場に仕事ができない人がいた場合、良くおもう人はあまりいないでしょう。誰しも目の前の仕事を滞りなく進めたいと考えている人が大半で、それを邪魔するような存在は歓迎されません。 それでは、職場において仕事ができない人というのは、具体的にどのような印象を持たれているのでしょうか。この項目では、仕事ができない人の印象には何があるのかを8個に分けて紹介します。

イライラ

仕事をスムーズに進めたい人や仕事ができる人にとって、自分の仕事を妨げるような人がいるのはかなりイライラさせられます。例え、仕事ができない人自身は頑張っていることを知っていたとしても、仕事を上手くこなせない期間が長引くほどにイライラは溜まっていきます。

嫌い

仕事ができない人に対する印象は、本人の態度や考え方によってかなり違ってきます。本人が殊勝な態度で、一生懸命に仕事をこなそうと努力していれば、イラつくことはあっても周囲はある程度我慢してくれることでしょう。しかし、その周囲の行為に甘え、偉そうな態度をとったり、言い訳が増えたりしてきた場合、周囲の我慢は限界に達し、一気に嫌われます。

尻ぬぐい

働いている人たちは限られた時間の中で、いかに自分に割り振られた仕事をこなすか考えつつ、業務をこなしています。そんな中、仕事ができない人のミスによって、自分の仕事以外にその尻拭いも追加されることになるのは誰でも嫌におもうでしょう。 しかし、仕事ができない人はミスも多いので、その分だけ尻拭いを誰かがやる機会は多いため、尻拭いさせられるという印象を持ちます。

ストレス

仕事ができる人にとって、自分が当たり前のようにできていることができない人はストレスの対象になります。先述したように、仕事ができない人の尻拭いをさせられることはもちろん、事前にミスをしないように仕事を手伝うなど、その人がいるだけで本来やらなくてもいいことをやらされるからです。

うざい

仕事ができない人は周囲から見て、要領が悪いように感じられるため、人によってはうざいという印象を持ちます。さらには、仕事ができない人の態度が偉そうだったり、頭が悪くて物覚えが悪かったりしても、周囲からの反感を買いやすいです。

疲れる

仕事ができない人は、他の人よりもできない点が多いため、周囲からの助けがたくさん必要となります。しかし、他の人にも自分の仕事があります。周囲も最初は我慢していても、本来の業務以外のことをやっているうちに、いずれは疲れてきます。

関わりたくない

仕事ができない人は、いつまでたっても仕事ができない訳ではありません。最初は要領が悪くても、時間をかければ徐々にできていく人もいることでしょう。しかし、そこまで待つことができず、仕事の邪魔で迷惑だから関わりたくないという印象を持つ人もいます。

辞めてほしい

会社に入社してすぐの場合、まだ慣れないからと大目にみてもらえることはあるでしょう。しかし、その会社の社員が少ない、即戦力を欲しているなどの理由から、仕事ができない人と見極めたらすぐに辞めてほしいという印象を持ちます。

仕事ができない人はこのままだといずれこうなる?

仕事ができない人はこのままだといずれこうなる?

仕事ができない人は職場で歓迎されないことは先述しましたが、仕事がいつまでたってもできないと職場で一体どのようなことが起きるのでしょうか。この記事では、仕事ができない人が変わらない場合、何が起きるのかを5つに分けて紹介します。

いじめ

いじめ

職場でいじめを受けます。いじめは何も学校だけで起きるとは限りません。普段、さまざまな考え方の人たちと一緒に働いていれば、価値観の違いなどからいざこざが起きるのは珍しくないでしょう。仕事ができない人の場合は、周囲に負担をかける頻度が多いため、標的になりやすいです。

嫌がらせ

仕事中に嫌がらせを受けます。ただでさえ仕事ができないにも関わらず、嫌がらせをされることによってさらにミスが増えます。本来なら、仕事ができない人のミスを敬遠して手伝おうとしますが、いくらフォローしても状況が変わらなければ、結果を考えず、嫌がらせに走る人も出てきます。

孤立

職場で孤立してしまいます。いじめや嫌がらせなど、仕事ができない人へ積極的にダメージを与えようとする人がいる一方、ひたすら避けることで孤立に追い込む人もいます。積極的に話しかけない、話しても必要最低限の会話で終わらせる方が周囲も楽だからです。

クビ

仕事を辞めさせられます。仕事ができないからといって、簡単にクビにされるとは限りません。「会社が求める条件をクリアできないからクビ」というのは解雇の理由にならないです。しかし、仕事ができなさすぎて何を頼んでも無理だから、もうクビにするしか選択肢がないという場合は、解雇の理由になります。

異動

現在の部署から異動させられます。仕事ができない上に、人間関係にもヒビを入れやすそうな人をいつまでも同じ部署に置いておけば、遅かれ早かれトラブルが起きることでしょう。そうならないための処置として、別の部署へ異動を言い渡されることがあります。

仕事ができない人の改善方法って何?

仕事ができない人の改善方法って何?

仕事ができないことは、多くの人に迷惑がかかる結果を生みます。それでは仕事ができない人を、仕事ができるようにするため、どのような方法が考えられるでしょうか。この項目では、仕事ができない人の改善方法を8個に分けて紹介します。

本は先人が積み重ねた知識や知恵の結晶なので、本から改善方法を見つけましょう。仕事ができない人向けに数多くの書籍が販売されています。探す際は「仕事ができないこと」そのものをテーマに扱っている本だけではなく、自分が特に苦手としている面をテーマにした本を探すのも良いでしょう。

診断

仕事ができない人の多くは、ただ自分の要領が悪いせいだとおもっています。しかし、どれだけ頑張っても改善できないなら、それは注意欠陥多動性障害(ADHD)という病気の可能性があります。その場合、仕事がやりにくい症状を抱えているため、病院で診断を受けることをおすすめします。

アドバイス

仕事ができない人は、仕事のやり方でどこが良くないのかを自力で思いつくことは難しいです。そのため、周囲からアドバイスをもらう必要があります。アドバイスの内容は、気を付けた方が良いという注意、上手くできるコツを教えるなどが良いです。

教育

新卒での入社や社員数の多い会社なら、教育係がつくでしょう。しかし、1人に対して仕事を教える時間が割けない会社の場合、教育が疎かになっていることが多いです。そのため、改善したいなら教育に割く時間をきちんと作り、今までのやり方を変える必要があります。

指導

仕事ができない人ができるように改善するには、上司の指導も大切です。ですが、頭ごなしにできないことを否定しては、余計にミスが増えてしまいます。そのため、ミスをした時は「どう動けばミスを減らせるかな?」と考えさせる質問の仕方をするのが良いでしょう。

セミナー

仕事ができない人はスキルアップのセミナーに行くのも良いでしょう。多くの人と一緒に同じことを学べるので、1人じゃないという安心感もあります。ただ悪徳セミナーも多いため、注意点として、具体的に何を目標にするかを決めておき、どんなセミナーが良いか厳選してください。

適材適所

仕事ができないと言われてる人は、もしかしたら現在与えられている仕事が向いていないだけの可能性があります。他に向いている仕事があるなら、慌てて改善方法を探すよりも、その人を異動させた方が早いです。

フォロー

仕事に限らず、成功よりも失敗した時の方が人の記憶に強く残ることが多いです。そのため、仕事ができない人がミスをした時、怒らずにフォローしましょう。その後に「こうした方がミスを減らせる」といったアドバイスを加えれば、その人も次に気を付けるべき点がわかります。

仕事ができない人は体調管理を徹底しましょう

仕事ができない人は体調管理を徹底しましょう

今回は仕事ができない人について紹介しました。仕事ができない人がもたらす周囲への影響を、改めて認識することができたのではないでしょうか。 現状を何とかしようと頑張ることは大切ですが、無理はいけません。仕事ができないことは確かに大変ですが、そこを気にするあまり、体調を崩してしまっては本末転倒です。仕事をするにも身体が資本ですから、体調管理は徹底して行いましょう。

関連タグ

アクセスランキング