IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事ができない人の特徴と印象・仕事ができない人の改善方法

更新日:2020年11月13日

自己啓発

仕事ができない人は周囲だけでなく、本人にとっても大問題です。その状況がいつまでも続くのは、本人も望んでいないのではないでしょうか。この記事では、仕事ができない人について解説していきます。仕事ができない人は、是非読んでみてください。

仕事ができない人の特徴とは

仕事をしているとさまざまな人と出会う機会が多くなります。そして中には、周囲から求められる仕事ができない人もいます。ですが、仕事ができない人の中でもその特徴は人によって違ってきます。具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。この項目では、仕事ができない人の特徴を10個挙げて紹介します。

頭が悪い

学歴で人を評価するのは良くないとされていますが、やはり同じ仕事を協力して進めるためにはある程度物事を考える力が求められます。なぜなら頭が悪いと、仕事をスムーズに行うことや質の高い結果を出すことが難しく、周囲に迷惑がかかる可能性が高いからです。

覚えられない

どんな仕事にも楽な業務というものはなく、新しい知識や技術を覚えることを求められるのは当たり前でしょう。ですが、仕事で教えられた新しい知識や技術を覚えられないという人もいます。教えられたことを覚えられなければ、やる気がない、または仕事ができない人なのだとみなされてしまいます。

遅い

普段から自分のペースで動いていると、それが結果的には人よりも遅いことにつながります。日常生活に限らず、仕事の上でも動きが遅いのは問題です。他の人が当たり前のようにやって終わる仕事の時間が、1人遅いだけで大幅に遅れてしまうからです。ここに覚えの悪さが加わり、何をすれば良いかの把握ができていないなら、さらに動きは遅くなることでしょう。

言い訳

仮に仕事ができない人がいたとしても、周囲の人間関係に恵まれていれば、辛抱強く仕事を教えてくれたり、フォローしてくれたりすることもあるでしょう。ですが、仕事ができない人のやっていることが、一生懸命に頑張ることよりも言い訳の方が多かった場合、その限りではありません。言い訳が多いと、仕事ができない人を助けたいという気持ちにはならないからです。

忙しいが口癖

仕事の量がどれだけ多くとも、仕事の量に反して割り当てられる業務時間が少ないとしても、忙しいとわざわざ口にするのが、仕事ができない人の特徴です。忙しいと言っている間にも他の人たちは、自分に割り当てられた仕事を黙々とこなしています。仕事ができない人は忙しいと口にすることで「自分はちゃんとやっている」と周囲にアピールしているだけです。

偉そう

会社で偉いと言われる位置にいる人として、部長や社長など、責任のある役職についている人が挙げられます。そしてそういった人たちが、部下に対して偉そうにしていることはあまり多くないでしょう。しかし、仕事ができない人は自分の仕事ぶりを棚に上げて周囲に対し、偉そうに振る舞うことが多々あります。

整理整頓が苦手

仕事の内容にもよりますが、いつも同じ場所で作業しているという人は多いことでしょう。その中でも仕事ができない人は、整理整頓が苦手という特徴があります。いつも使っている場所を綺麗にしておくことは、仕事をする上で効率や生産性が上がりやすくなります。しかし、仕事ができない人はその必要性が理解できないのか、整理整頓に対する苦手意識があります。

机が汚い

上の項目の「整理整頓が苦手」と似通った特徴ですが、仕事ができない人は机の上も汚い傾向にあります。机の上に置いてある仕事関連の本や書類が、整理整頓されずに散らかったままでは、当然使いにくいです。 さらにそこがずっとそのままの状態ならば、布巾で軽く机の上を拭き、埃や細かい汚れなどをとるといった清掃作業もできません。そのため、仕事ができない人の机の上はずっと汚いままです。

初回公開日:2017年12月05日

記載されている内容は2017年12月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング