IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定先への年賀状の書き方と例文集・宛名・喪中の場合

初回公開日:2017年10月12日

更新日:2017年10月12日

記載されている内容は2017年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書き方・例文

内定先への年賀状の書き方についてご紹介します。内定先ともなると、今後一緒に働いていく仲間や先輩、上司になるわけであり、年賀状も失礼のないように書くことが大切です。そのためのポイントを見出しごとに区切って紹介していきますので、どうぞ参考にしてください。

内定先への年賀状の書き方

内定先への年賀状の書き方について、そのマナーや書式も含めて紹介していきます。内定先への年賀状は必ず出さなければならないという類のものではありませんが、出しておくことで、内定先の心象を良くするという効果もあります。 せっかく年賀状を出すのであれば、マナーや書き方をきちんと理解した上で、あなたの思いを伝えるようにしていきましょう。

縦書き

基本的に年賀状というもの自体が、縦書きのものが一般的ですが、内定先への年賀状を出す際も縦書きで出すのが無難でしょう。縦書きにすることで、相手により丁寧な印象を与えることもできます。横書きでも問題ありませんが、内定先という送付先を考えると縦書きでシンプルに年賀状を送ることをおすすめします。

横書き

内定先への年賀状ということで、横書きはあまりおすすめできませんが、必ずしもダメというわけではありません。どうしても横書きで書きたい場合には、その意志を貫いても良いでしょう。会社から指定があった場合は、横書きで年賀状を書くようにしましょう。

手書き

内定先への年賀状は基本的に手書きで書くようにしましょう。プリントではいけないというルールはありませんが、手書きで書くことで、相手に対する誠意を見せることができます。特に、宛名や宛先の住所、差出人の名前や住所は手書きで書くように心がけましょう。仲の良い友人に出す年賀状とは、わけが違うということを頭に入れておくことが大切です。

ボールペン

内定先への年賀状をボールペンで書いても、失礼にはあたりません。一方で、どういったペンを使うかも年賀状における重要なポイントになってくるので、可能であればサインペンや筆ペンを使用するのが良いでしょう。 ボールペンを使っても構いませんが、丁寧な字で、新年の挨拶や内定先での意気込みが伝わるように心がけましょう。

サインペン

サインペンを使って内定先への年賀状を書いても問題ありません。ボールぺンよりは、誠実な思いが伝わりやすいので、年賀状を書くにあたっては無難なペンの種類と言えるでしょう。どの種類のペンを使うかも大切ですが、それ以上に書く内容が重要なので、そのことを頭に入れておくと良いでしょう。

筆ペン

内定先への年賀状を出す際には、筆ペンを使うのが一番理想的と言えます。手書きで筆ペンで書くことで、筆文字が際立ち、立体感も出てかなり見栄えが良くなります。 筆ペンが苦手という方も多いので、その場合は相手の名前だけでも筆ペンで書くと、格好がつきます。普段あまり筆ペンを使わないという方も、この機会に筆ペンにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

内定先への年賀状の例文集

それでは、ここから内定先へ年賀状を出す際の例文集について見ていきましょう。内定先へ年賀状を出すと言っても、好き勝手自由なことを書いて良いわけではありません。ある程度決まったフォーマットで、決まった文言を使うのが一般的な形です。 どういった言葉や挨拶をすることで、きちんとした年賀状を送ることができるのかという点について、是非参考にしてください。

コメント

関連タグ

アクセスランキング