IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定のお礼状の書き方と例文・いつ頃出すのか・何で送るか

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

「内定のお礼状なんて書いたことないから書き方がわからない。」そんなあなたでも大丈夫!これを見てポイントを抑えるだけで、誰でも簡単に書けるようになります。書き方だけでなく、いつ送るのか?何で送るのか?という疑問もまとめてご紹介します。

お礼メールの例

「件名」内定のお礼状「内定太郎」 「本文」○○株式会社人事部採用係○○様 お世話になっております。内定太郎と申します。この度、貴社より内定を頂戴することができました。 ○○様より貴社のお話を伺い、 強く入社したいと思い選考を受けていたので本当に嬉しいです。 ○○様が多忙にもかかわらず、時間を割いてアドバイスなどを下さったおかげです。 今日からは会社の一員として一日でも早く戦力になれるよう精進していこうと決意し身を引き締めております。まだまだ至らない部分も多々あるとは存じますが、1日でも早く仕事に慣れ、貴社に貢献できるよう努めます。○○様と一緒に仕事ができることを心から楽しみにしております。今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 まずは内定のご報告と御礼申し上げます。 この度は誠にありがとうございました。 ○○大学○○学部○○学科内定太郎住所:〒○○○-○○○○○○県○○市○○町○○番地電話番号:xxx-xxxx-xxxxメール:○○@○○

内定のお礼状はいつ頃出すのか?

内定のお礼状またはお礼状メールは、「内定をいただいた当日から翌日」までに出しましょう。できるだけ早く連絡を差し上げることはビジネスシーンにおいても非常に重要なことです。 お礼状など特に重要なものは、できるだけ早く送るようにしましょう。内定先からしてみても、早く内定承諾の連絡が来れば、あなたに対して好印象を抱くでしょう。どうしても時間が取れずに郵送するのが遅れてしまう場合、速達を利用する方が良いでしょう。

内定のお礼状まとめ:重要なこととは?

内定のお礼状は「感謝の気持ち」と「今後の抱負」を伝えるものです。この部分が一番重要なので、「書き方を覚えたから大丈夫」とは考えずに、しっかりとした内容を伝えましょう。 当然ですが「誤字・脱字」は絶対に避けましょう。また、株式会社を(株)とするなどの略称も避けましょう。しっかりとした内容のお礼状だとしても、これがあるだけで相手に対して失礼です。間違えたら修正ペンなどを使わずに、新しい紙を使用してください。 「内定のお礼状の書き方が分からなかった」という方も、これを見て安心していただけたなら幸いです。「感謝の気持ち」と「今後の抱負」を忘れずに、より良い新生活を送ってください。

初回公開日:2017年10月27日

記載されている内容は2017年10月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング