IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職願におすすめの便箋・便箋の書き方と折り方・おすすめ封筒

初回公開日:2017年10月17日

更新日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職ノウハウ

退職は誰にでも起こりえることです。そんな時、必要になるのが退職願です。しかし、退職願は普段書くことがありません。その為正しいルールやマナーなどがあいまいになりがちです。ぜひ便箋の選び方や書き方を見直して頂き退職をスムーズに進めてほしいと思います。

退職願いで失敗しない便箋選び

退職願いで失敗しない便箋選び

退職願を提出しようと思ったら、まず最初に便箋を用意します。ここで最初の疑問です。「便箋ってなんでもいいの」退職願はそんな頻繁に書く事はないでしょうから、どの便箋を使えばいいのか迷ってしまいます。できれば退職先に少しでも悪い印象を与えず、穏便にすませたいと誰もが思う事でしょう。 ここでは、退職願で失敗しない便箋選びや退職願の書き方を紹介します。

便箋で一番選ばれているサイズは?

退職願は書き終わると三つ折り、もしくは四つ折りにして封筒に入れるので、A4かB5のどりらかのサイズを選びましょう。どちらを選んでもかまいませんが、B5サイズを選ぶ方が多いので、迷ったらB5サイズを選べば良いでしょう。

退職願いの用紙に罫線はあっても白紙でも良い

退職願いに使用する用紙は、罫線があるものでも白紙のものでも問題ありません。ここで考えるべきは書きやすさです。手書きで書く場合は罫線があった方が書きやすいので、罫線がある物をお勧めします。パソコンなどで作成する場合は白紙のもので良いでしょう。

退職願はごく簡単に書く

退職願に書く内容は長々と書かず、ごく簡単に書くようにしましょう。どうして退職する事にしたのかなど、私情を長々と書かないように気を付けてください。自己都合退社の場合は「私こと、一身上の都合により、平成〇年〇月〇日をもちまして退職させていただきたく、お願い申しあがます」と書くのが良いでしょう。

便箋の柄はなくて良い

便箋の柄はないもので良いでしょう。あっても問題はないのですが、高価な用紙を使う必要はないし、飾る必要もありません。シンプルなものが好ましいでしょう。

折り方は三つ折り

退職願いは、綺麗にたたんで封筒に入れます。三つ折りでも四つ折りのどちらかであれば 問題ありませんが、三つ折りにする方が断然多いので今回は三つ折りの折り方を紹介します。 ①文面を内側にして、下から1/3を折ります。 ②上の1/3を折ります。 一度できれいに折る自信がない人は、一度軽く曲げ端だけ折り、上下が均などに三つ折りになっているか確認してからしっかり折ると、失敗しないで綺麗に折ることができます。

退職願におすすめの封筒

退職願いに使用する封筒のサイズ

退職願を入れる封筒のサイズは、書いた用紙のサイズに合わせてよういするのが良いでしょう。退職願を書いた用紙よりも大きすぎたり小さすぎたりする封筒は好ましくありません。 退職願いに使用する用紙サイズはA4かB5なので、退職願に使用する封筒のサイズは用紙がA4の場合は長3封筒、用紙がB5の場合は長4封筒を選びましょう。また、退職願を郵送する場合は退職願の封筒に直接宛名を書くのではなく、退職願いの入った封筒より一回り大きいサイズの封筒を選ぶと良いでしょう。 【おすすめのサイズ】 1.退職願の封筒が長3封筒の場合 : 角型5号(190mm×240mm) 2.退職願の封筒が長4封筒の場合 : 長形3号(120mm×235mm)

退職願には白い封筒を選びましょう

退職願に茶封筒を使う人をたまに見かけますが、やめましょう。もちろん、退職願に茶封筒を使っても怒られたりはしないですが、受け取って気持ちの良いものではありません。退職願いを受け取るだけでもかなり重たいのに、それが茶封筒だったりすると不快感はさらに上がります。 退職願を提出する方も、できるだけ穏便に受理してもらいと考えています。それであれば、シンプルに白い封筒を選んでください。

退職願いを封筒に入れる

退職願を書き終えたら、封筒の中に入れましょう。この時気を付けることは、書いた退職願が折れたりしないようにする事です。封筒も用紙サイズに合わせてピッタリのものを用意していますから、丁寧に入れないとせっかく書いた退職願が折れて台なしになってしまいます。 それでは、退職願を提出してもきちんと受理してもらえない可能性もあります。相手に嫌な印象を与えてしまいます。そのような事の無いように、退職願を封筒に入れるときは慎重に丁寧に入れましょう。また入れる向きですが、三つ折りにした退職願の右上の端が封筒を裏側にした状態の右上と重なるようにして入れます。

退職願の便箋の書き方

退職願の便箋の書き方

退職願を縦書きで書く

退職願を縦書きで書くときは、用紙の右側から書き始めます。まず最初に退職願と書き、一行開けて下に「私事」と書き、次の行に「この度は、一身上の都合により、平成〇年〇月〇日をもちまして、退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。」と書きます。 一行開けて「平成〇年〇月〇日」次の行に所属の部署があれば「〇部〇課」と書きます。次の行にじぶんの名前を書き印鑑を押します。一行開けて会社名「株式会社〇〇」次の行に社長の指名「代表取締役〇〇〇〇殿」と書きます。 見やすいように、本文と日付の間や日付と会社名の間には一行開けて書いてください。書く文字数は少ないですが、便箋の右側に偏ったり左側に偏ったりしないよう便箋をいっぱいに使い見やすくしましょう。

退職願を横書きで書く

退職願を横書きで書くには、まず真ん中の上に「退職願い」と書き1~2行開けます。次に左側に会社名「株式会社〇〇」その下に「代表取締役社長」その下に社長名「〇〇 〇〇殿」と書きます。 さらに数行空けて「このたび一身上の都合により、来る平成〇年〇月〇日をもちまして退職しいたしたく、ここにお願い申し上げます。」さらに数行空けて日付「平成〇年〇月〇日」所属の部署があればその下に「〇〇部〇〇課」と書きます。その下にじぶんの氏名を書き印鑑を押します。「〇〇〇〇印」 書く文字数は少ないですが、便箋のうえの方に偏ったり下に偏ったりしないよう便箋をいっぱいに使い見やすくしましょう。

退職願は手書きの方が一般的

よく聞かれるのが「退職願は手書きでないといけないのか」という質問ですが、手書きでなくてはいけないことは決してありません。しかし、パソコンで退職願を作成するよりも、便箋に手書きで退職願を書いた方が相手の好感度は高いでしょう。便箋に手書きで書いた方が誠意が感じられるからです。 少なからずお世話になった会社に誠意を伝えるためにぜひ、手書きで書いてみてください。きっと会社も理解して退職願を受理してくれるでしょう。

退職願は一枚で提出しても良い

手紙のマナーで内容が便箋一枚で足りる時は、もう一枚白紙の便箋を添えるというのがありますが、それはこれからも関係を続けていきましょうという意味で、あくまで手紙のマナーの話です。 退職願を提出して受理されれば、会社とのお付き合いはひとまず終わりになるのですから、退職願の場合は一枚白紙を添える必要はありません。退職願が書かれた便箋を一枚だけ入れてください。 もし、会社側にもっと誠意を伝えたいのであれば、添え状を書いて退職願と同じ封筒に入れて提出するということもできます。添え状を付けることで、会社側の印象はぐっと良くなるでしょう。

退職願におすすめの便箋

コクヨ 書翰箋

退職願いを書くのにおすすめの便箋を紹介します。コクヨ書翰箋です。この便箋は、薄くてもインクのにじみや裏抜けがしにくく滑らかな書き心地が特徴です。便箋選びで迷った時は一度手に取ってみてみてください。

これから退職願を書かれる方へ

これから退職願を書かれる方へ

便箋選びや退職願の書き方についてお話させていただきましたが、いかがでしたか。退職願を書く時、書き方はもちろん便箋まで気を使うことで、最後まで相手に良い印象を与えることができます。 どうせ退職するならお互いに気持ちよく退職したいもの。それにいつどこでまたお世話になるかわかりません。今度は、取引先として関わることがあるでしょう。その時、少しでも好印象でいた方がじぶんにとって有益であることは間違いありません。 便箋選び、退職願の書き方、便箋の折り方、封筒の入れ方などで印象が良くなるのなら、きちんと退職願を作り受理してもらう方がいいに決まっています。少しでも皆様のお役にたてたら幸いです。

関連タグ

アクセスランキング