IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

住宅ローンの頭金の相場はいくらか|平均/支払い時期・注意点

初回公開日:2017年10月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2017年10月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

暮らしの知恵

住宅ローンを組むには頭金が必要です。今は借り換えやフラット35という制度も利用できるので、昔の住宅公庫よりは信頼できる住宅ローンを組む事ができます。自己資金からいくら頭金を準備できるのかも住みたい家に住む為に必要ですが、身の丈に合った住宅ローンを組みましょう。

住宅ローンを組む際の頭金の平均相場など

長い人生の内で一番高い買い物だと言えるマイホームの購入ですが、元々親の持ち家を引き継いでもリフォームや維持費などでお金が掛かります。固定資産税を払ったり、遺産相続税を払ったりしなければなりません。 一億総中流と言われた時代では持ち家があることが当たり前になっていましたが、現在では雇用形態が様々だったり、震災や自然災害などで家を失う場合もあり、簡単には住宅ローンを組むと言う決断をできなくなってきています。 住宅ローンを組む際は頭金というものを初めに払います。手付金と同じようなものです。頭金を納めて本当にマイホームを購入する人が、返済能力があるのかを試しているようなものです。頭金を初めに多く払えば、それだけ後々の住宅ローンが楽になります。 昔の人は一軒家に住む事に固執していましたが、最近は住みやすい都会で職場にも近く、子供を育てやすい環境ならばという理由でマンションを購入する方がよいと考える家族が多くなってきてます。 仕事を安定させて、頭金を貯めることができればマイホームを買える資格を得た事と同じで仕事がそのまま安定して続けられれば、夢のマイホーム生活を送る事ができます。

住宅ローンの平均額

住宅ローンを組むのは若い世代が多く、収入の2割の金額を納めている例が多いです。毎月のローンは9万円から払っている家が多く、若いうちに家を買う事で家賃がかからなく歳をとってからではローンが組めなくなるので収入が安定している時期に30年35年という住宅ローンを組む場合が多いです。 昔の分譲団地や古いマンションを新築より安く買う場合が多く、住宅ローンを組む人は見た目よりも実用性を求める傾向が若い世代にはあります。 頭金は今までの仕事で貯めたお金や両親からの援助や様々です。頭金というのはその後の住宅ローンを返済できるのかの分かれ目となるので、多ければ多い程有利になります。

支払う期間など

現役世代として働いている期間に住宅ローンを組みます。ボーナス払いも含めれば30年から35年といった期間で住宅ローンを組む人が多いです。仕事が変わってしまって住宅ローンの返済が滞ると物件を下取りとして売りに出さなくてはいけないので、安定できる仕事に就く事は返済の際のカギとなります。 20代30代で頭金ゼロで住宅ローンを組む場合もありますが、その場合、住宅ローンを組む際の審査が厳しくなります。今の仕事や収入を住宅ローンを専門に扱う、ローン会社で厳正な審査をする必要があり、頭金を納める場合でも審査は避けられません。

住宅ローンを組む際の頭金の設定の注意事項

きちんとした安定した仕事に就いている事が、大条件となります。毎月きちんと住宅ローンを返せる程の収入があるのかも審査の対象になります。通帳のコピーを求められるのはもちろんですが、両親からの援助を頭金とする場合は自己資金とみなされず、審査が厳しくなる事があります。毎月の住宅ローンを返せる程の収入があれば頭金がなくても住宅ローンは組めます。

住宅ローンの審査

年齢と性別、職業、また職業については何年勤務しているのかというのも審査対象になります。収入が安定しないと住宅ローンを返せないので頭金をいくら自己資金で払えるのか、毎月の収入に対しての住宅ローンが大きくないのかなどの審査が行われます。 金融機関も審査に関しては慎重になります。もし返済できない場合は自己破産をしたり、銀行自体が負債を負うからです。無理のない住宅ローンを組む責任が金融機関にはあるので、審査は厳しくなります。

住宅ローンの金利

変動金利、固定金利、全期間固定金利という金利の種類があり、それぞれの金利の種類で金利が変わってきます。0.45%から1,2%ほどになっています。金利というのは景気の動向で変動するのでその時々の金利を知り、住宅ローンを組む事が大切になってきます。 普段からニュースや経済新聞を読む事で住宅ローンを組む時期に適している時期なのかを判断することが大切で、無理な住宅ローンなどは組まない事は当然ですが、一番金利の安定している時に住宅ローンを組む事が必要です。

住宅ローンの借り換え

住宅ローンを組んでいる金融機関を安い住宅ローン金融機関に変えて、月々の返済の支払いを減らす事です。 金融機関でシュミレーションを立てて、今の収入に合う金融機関の金利の住宅ローンに金融機関を変える事で返済の負担を減らす事ができるので、住宅ローンを組んでいる人は住宅ローンの借り換えなどを利用することも視野に入れると住宅ローンの返済が楽なります。 フラット35を使うと、全期間固定金利が利用でき、団信特約料も組む事ができ金利の変動に左右されない住宅ローンの返済が可能になっています。今の仕事が大幅に変わった場合や病気をした場合などは借り換えを考える時期です。

住宅ローンの諸費用

印紙料、保証料、保証料の事務費、が住宅ローンを組む際に掛かる費用になります。また借り換えの場合は、手数料、保証料、団体信用生命保険料がかかります。普通に住宅ローンを組む際の諸費用はそんなにかかりませんが、借り換えの場合は30万円から280万円となっています。 借り換えの場合に掛かる諸費用は住宅ローンの返済を軽減するための手続きなのでそれなりに諸費用がかかりますが、一度借り換えをしたら後の住宅ローンは楽になります。今はフラット35などの全期間固定金利というものも利用しやすくなってきているので利用できれば利用すれば住宅ローンの不安というものも軽減されます。

頭金の額によるローン期間やローン返済の変化など

アクセスランキング