IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新年会での挨拶の例文・立場別の挨拶例文・地区新年会での挨拶例文

更新日:2020年02月25日

書き方・例文

みなさんは、新年会での挨拶を任された経験はありませんか。突然頼まれると焦ってしまいますよね。今回は、新年会で挨拶をする時のマナーや場面ごとの例文をご紹介します。挨拶のコツやポイントを知っておけば、新年会の挨拶はもう怖くありません。

新年会で使える挨拶の例文

皆さんは、新年会での挨拶を任された経験はありませんか。また、突然挨拶をお願いされて困った経験はありませんか。今回は、新年会で挨拶をする時のマナーや場面ごとの例文をご紹介します。まずは、新年会での基本的な挨拶のポイントと例文をご紹介します。

乾杯の挨拶

乾杯の挨拶のポイント

乾杯の挨拶のポイントは以下の4点です。 ①だらだらと喋らない:出席者は、乾杯が終わるまで飲食することができないためです。 ②新年を祝う言葉を必ず盛り込む:例えば「明けましておめでとうございます」や「新年おめでとうございます」といった言葉です。 ③内容の重複に気を付ける:乾杯の挨拶の前に開会宣言などが行われた場合は、その内容と同じところは省略しましょう。 ④乾杯のマナーを守る:グラスやジョッキ同士を合わせて音を鳴らすことはマナー違反ではありません。しかし、ワイングラスのような薄いガラスのグラスの時は、鳴らさないのがマナーです。

乾杯の挨拶の例文

ここでは、職場の新年会を想定した例文を2つご紹介します。 ①皆さん、明けましておめでとうございます。今年も良い年になるよう元気よくスタートして参りたいと思っています。それでは、乾杯の音頭を取らせていただきますので、ご唱和をお願いします。 新しい年が我が○○商事にとりまして、良い年となりますよう祈念いたしまして、乾杯。 ②新年おめでとうございます。今年は、我が社に取りまして××計画を達成するための非常に大切な年となります。 新年のスタートにあたり、皆さんとともに杯を交わし、決意を新たにして参りたいと思います。 それでは、乾杯の音頭を取らせていただきますので、ご唱和をお願いします。 新しい年が我が△△社にとりまして飛躍と発展の年となりますよう祈念いたしまして、乾杯。

長すぎないスピーチ

スピーチのポイント

新年会でスピーチを行うときのポイントは、以下の3点です。 ①適切な話題の選び方 A.タイムリーな話題:会社の状況や社会情勢などを取り入れてみましょう。 B.聞き手を引き付ける話題:良かったことや嬉しかったことなど、印象に残る話題を選びましょう。 ②聞き手の目を見てゆっくり話す 緊張して早口になりがちです。普段よりゆっくり話すことを意識しましょう。 ③じぶんの言葉で話す カンニングペーパーにはなるべく頼らずに話しましょう。また、わざと方言をまぜて話すことも親しみを感じやすくなるのでおすすめです。

スピーチの例文

社内の新年会を想定したスピーチの構成と例文をご紹介します。 【組み立て方】 ・始めに新年を祝う言葉を述べます。 ・次に会の出席者の団体を取り巻く環境・状況などを述べます。 ・そして今年1年の目標や抱負を述べます。 ・最後に激励や励ましの言葉を述べて締めます。 【例文】 皆さん、明けましておめでとうございます。今回は、皆さんにとって例年よりも少し長めの正月休みとなりましたが、英気を養い年が明けたからには心機一転、今こそ全員が一丸となって歯をくいしばってがんばっていきたいと思います。我が社も非常に厳しい状況に来ていますが、我々には創業以来培って来た「創意工夫」の精神があります。 皆さん1人1人ができることから工夫を始めてください。正直で地道な努力をしていれば、必ず数字はついてきます。今日は、皆さんに改めて危機感をもって仕事に取り組んでいただくことをお願いいたしまして、私の新年の挨拶に代えさせて頂きます。 どうかみなさん、心を一つにしてがんばっていきましょう。 よろしくお願いします。

面白い挨拶

例えば「乾杯」という言葉を変えるという方法があります。オーソドックスなのは、芸人さんをまねて「ルネサンス」に変えるパターンです。他の外国語に変えても面白いでしょう。ポイントは、とにかく恥ずかしがらずに思いきりやることです。

締めの挨拶

締めの挨拶のポイント

新年会での締めの挨拶のポイントは、以下のとおりです。 ①挨拶は立場が上の人にお願いする:事前に話を通し、挨拶を頼んでおくとスムーズでしょう。 ②短く簡潔な挨拶にする:お酒が進んだ状況ですので、聞き手の苦痛にならない長さで話しをまとめましょう。 ③先に連絡事項を発表する:例えば、二次会の会場や時間や会費の回収などです。忘れることのないように先に伝えましょう。

締めの挨拶の例文

初回公開日:2017年10月18日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング