IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

誘いを上手に断る方法|男性/先輩/友達・断りメールの送り方とコツ

ビジネスマナー

「他人からのお誘いを断る方法・コツ」をテーマにして、相手別にお誘いを断る方法や、メールで相手からのお誘いを断る際のコツなどをご紹介しています。また、自分が相手を誘って断れらた場合の対処法や対応などについても考察しています。

更新日時:

穏便に済ませたい!お誘いを上手く断る方法・コツ

トピック1015456/要素1822879

日常生活を送る上では、さまざまな人と関わりを持つことになります。家族や友人は勿論、自宅の近所の人々との交流や、職場の人々とのお付き合いもあり、時には行事や物事へのお誘いを受けることもあるでしょう。 誰からも相手にされないよりも、お誘いしてもらえるような立場の方が、恵まれていると思われがちですが、気が進まない相手や行事であったり、他の予定が入っていたりすると、お誘いを受けても断らなければなりません。しかし、断り方や伝え方次第では、相手が傷付いたり、相手の気を悪くさせてしまったりする危険性もある為、断る際は慎重に言葉を選ぶ必要があります。 そこで今回は、何かと悩みがちな他人からのお誘いを断る方法やコツについてご紹介していきます。

相手別!気が進まない誘いを上手く断る方法

トピック1015456/要素1822920

早速、あまり気が進まない誘いを他人から受けた場合に断る方法やコツについて考察していきます。「お誘いを断る」と言っても、相手がどのような人であるのか、また自分と相手がどのような関係性なのかによっても、断り方や断る際のポイントは異なってきます。 そこで今回は、相手別に断る際のポイントやコツ、注意点について考えていきます。

相手別お誘いを断る方法【1】:男性に対して

まずは、誘ってきたのが男性の場合について、断る方法を考察していきます。 自分が男性なのか、女性なのかによっても、断るポイントは異なってきますが、男性同士の場合は、軽い雰囲気で断っても問題ないケースも多いでしょう。誘ってくれたことへのお礼や、誘いを断ることへの謝罪をする必要はありますが、あまり深刻な雰囲気にしてしまうと、かえって断られた相手が惨めな気分になってしまうこともあります。 女性が男性から誘われた場合は、相手がどのような意図で自分を誘っているのか、考えてみましょう。友人や知人、同僚としての誘いであれば、男性が男性を断る場合と同じように、感謝や謝罪は伝えつつ、軽い雰囲気で断っても問題ないでしょう。一方で恋愛対象として誘われており、相手の男性に興味がない場合は、ストレートに断るのも1つの方法です。

相手別お誘いを断る方法【2】:女性に対して

誘ってきた相手が女性で、自分自身は男性という状況であった場合は、女性がどのような目的で誘ってきたのか、まずは考えてみましょう。友人や同僚としてのお誘いであれば、謝罪をしつつも気軽に断っても問題にはなりにくいでしょう。可能であれば、「この埋め合わせは今度」などと、次の機会について触れると、相手も不快になりづらいと予想できます。 また、誘ってきた相手が女性で、自分自身も女性であった場合は、同僚や友人としてのお誘いである可能性が高いので、謝罪や感謝の気持ちを伝えつつ、断るようにしましょう。また、何度も断ると付き合いが悪いと思われる危険性があるので、可能であれば何回かに1回くらいは、お誘いにお付き合いすると良いでしょう。

相手別お誘いを断る方法【3】:友人・友達に対して

友人や友達からの誘いを断る場合は、しっかり謝ることは大切ですが、大袈裟に謝罪をする必要はないと考えられます。友人・友達との関係性にもよりますが、あまりにも大袈裟に謝罪されると、相手としても次回以降誘いづらいと感じる可能性がある為です。 また、その友人・友達と行動すること自体が嫌なわけではないようなら、代わりの案を出したり、次回以降の予定について話したりすると、相手に不快感を与えづらいと予想できます。

相手別お誘いを断る方法【4】:先輩に対して

学校であれ会社であれ、先輩は自分よりも立場が上の存在なので、お誘いを断るのにも勇気が必要です。先輩からのお誘いを断る場合は、相手の面子や立場を考えて断るようにしましょう。状況にもよりますが、大勢の前で先輩からのお誘いを断ることはせず、できるだけ先輩と1対1の場で断った方が、先輩の顔を立てることができる場合もあります。 また、断る際は、「本当は誘いに乗りたかったけれど、どうしてもできない」という雰囲気や感情が伝わるよう、言葉の選び方などに気を付けると良いでしょう。

パターン別!興味がない異性からのお誘いを断る方法

トピック1015456/要素1823082

興味がない異性から、明らかに恋愛対象としてのお誘いを受けた場合、多くの方は戸惑うでしょう。男性であれば、相手の女性を傷つけずに断る方法について悩むでしょうし、女性であれば強く断れずにズルズルと引きずることになり悩む方もいらっしゃると予想できまます。 そこで続いては、興味がない異性からのお誘いを断る方法について、パターンや方法別に考察していきます。

興味がない異性の誘いを断る方法【1】:ストレートに断る

確実に相手からのお誘いを断りたいのであれば、やはりストレートに告げることをおすすめします。ストレートに誘いを断ることで、相手も「脈なしかもしれない」と気付き、誘ってきたりアプローチをしてきたりすることもなくなる可能性もあるでしょう。 しかし、ストレートに断ることで、相手を傷付けてしまう危険性もあります。相手が仕事や私生活で今後も繋がりがある人の場合は、傷付けたり関係性が悪化したりする可能性もあるので、言い方や言葉の選び方、使い方には注意しましょう。

興味がない異性の誘いを断る方法【2】:ごまかす・曖昧な返事をする

相手に興味はないものの、相手との関係性を悪化させたくない場合や、性格や立場の問題でストレートに断ることができない場合は、相手からのお誘いに対して、ごまかしたり曖昧な返事をしたりするのも良いでしょう。「機会があったら」「予定が合えば」などとその場では返事をしておき、時間が経って相手が忘れてしまったり諦めたりするのを待つのです。 しかし、積極的な相手の場合は、「この間の話、どうなった?」などと時間を置いて再び誘われる可能性があります。そのような場合は、別な理由で断ったり、ストレートに断ったりする必要があるので、注意しましょう。

興味がない異性の誘いを断る方法【3】:忙しい・仕事

興味がない異性からのお誘いに対して、「あなに興味がないから、誘われても行かない」と本音を告げるのは、大変勇気がいることです。場合によっては、相手との関係が悪化する可能性もあるので、穏便に済ませたいという人は、忙しさや仕事を理由に断ると良いでしょう。相手も、予定や仕事をキャンセルしてまで自分の誘いや予定を優先するようには、言ってこない可能性が高いと予想できます。

興味がない異性の誘いを断る方法【4】:顔だけ出す・行ってみる

どうしても断りづらかったり、同じ相手からのお誘いを何度も断ったりしている場合は、少し顔だけ出して帰るようにするのも良いでしょう。ただし、相手から引き止められる可能性があります。また、事前に相手に少しだけしか参加したり顔を出したりすることができないことを伝えておかないと、相手の予定や1日のスケジュールを台無しにしてしまう危険性もあります。興味がない異性であっても、そういった点は配慮することが大切です。

興味がない異性の誘いを断る方法【5】:自分から返事をする

興味がない異性に誘われた場合、その場では返事をしないという方法もあります。「後から予定を調整して連絡する」といったように返事をしておくと、その場でしつこく誘われることがなくなり、対応が楽になる可能性があります。 しかし、相手が返事を待っている可能性もあるので、上記のように伝えたからには、断る返事であっても必ず返信・返事をするようにするのがマナーです。

メールで断る際のコツ・ポイント

トピック1015456/要素1823302

状況やシチュエーションによっては、相手からの誘いをメールで断ることになる可能性があります。対面ではないとは言え、お断りの内容のメールを送ることは、気が重いものです。そんなお断りのメールを送る際のポイントについてご紹介していきます。

メールで断る際のコツ・ポイント【1】:仕事

仕事に関するお付き合いや上司・先輩からのお誘いを断る場合、相手を不快な思いにさせないように配慮する必要があります。丁寧な言葉遣いを心掛け、誘ってもらったことへの感謝と、誘いを断ることへの謝罪の気持ちをしっかり述べることが大切です。 また、なぜお誘いを断らなければならないのか、理由なども述べると、相手も納得しやすいでしょう。

メールで断る際のコツ・ポイント【2】:友達

友人からの誘いをメールで断る際は、状況に合わせて顔文字や絵文字などを入れた方が、謝りやすかったり、申し訳なく思っている気持ちを伝えやすかったりすると予想できます。相手も、顔文字や絵文字が入った謝罪の方が、反応しやすい可能性があります。 とはいえ、お誘いの内容によっては、顔文字や絵文字は使わないようにしましょう。特に、悩み事などの真剣な相談に関するお誘いや、遊びではない内容の場合は、絵文字や顔文字の多用は避けた方が、断る際の誠意や申し訳ないという気持ちが伝わりやすい場合もあります。

メールで断る際のコツ・ポイント【3】:恋愛

彼氏や彼女からのデートなどのお誘いをメールで断る場合は、代案や埋め合わせについて、自分から切り出すことをおすすめします。お誘いを断るにしても、代わりのプランを挙げられると、相手も「自分との付き合い方を真剣に考えてくれている」と感じやすいと予想できます。 また、なぜ相手からのお誘いに応えられないのか、理由について正直に述べることもおすすめです。

デートのお誘いを断られた後の対処法

トピック1015456/要素1826808

ここまで、自分が誘われた際に断る方法についてご紹介してきましたが、続いては自分が異性をデートなどに誘って、相手から断られた場合の対処法について考察していきます。

デートの誘いを断られた時の対処法【1】:男性

男性が女性をデートに誘って断られた場合、あまりしつこくその話題を出さないようにした方が良いでしょう。断られてからも何度も同じ内容でデートに誘ったり、断られたことについて愚痴を言ったりしていると、女性は「怖い」と感じてしまう可能性があります。 デートの誘いを断られるのは、落ち込みやすいものですが、「じゃあ、また今度」「次こそは」と前向きな姿勢を見せ、あまりその話題について触れないようにした方が、潔さや爽やかさが感じられる場合もあります。

デートの誘いを断られた時の対処法【2】:女性

女性が男性をデートに誘って断られた場合は、断られた理由をしつこく尋ねたり、あからさまに落ち込んだような様子を見せたりすることは、避けた方が良いでしょう。男性の中には、そのようなやり取りや駆け引きを鬱陶しく感じてしまう方も存在します。そのような方に、いつまでも誘いを断った理由を質問し続けたり、めそめそとした態度を見せたりしていると、面倒臭いと思われてしまう危険性があるのです。 男性にデートの誘いを断られた場合は、あまり暗くならずに、なるべく明るく振る舞うことをおすすめします。

お誘いを断る時は伝え方に注意しよう

トピック1015456/要素1826861

いかがでしたでしょうか?今回は、他人からのお誘いを断る方法やコツについて、考察・ご紹介しました。 他人からのお誘いを断ることは決して悪いことではありません。ですから、相手の立場や気持ちに合わせて、無理をしてまで他人からの誘いに応えなければならないということはありません。しかし、断る際は、誘ってくれたことへのお礼と、断ることへの謝罪の気持ちをしっかり伝えることが大切です。また、相手がなるべく傷付かないよう、言葉や伝え方についてよく考えるようにするのは、マナーと言えるでしょう。

アクセスランキング