IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オートバイのタイヤの選び方|種類別・ホイール・冬用タイヤなど

車&バイク

あなたは、自分のライフスタイルに満足していますか。もっと刺激のある日々を送りたいあなたに今回は、あなたのライフスタイルをもっと充実したものにする為に、これからバイクのタイヤの選び方に関する知識をご紹介していきたいと思います。

更新日時:

オートバイに合ったタイヤの選び方をご紹介!

ロードバイクのタイヤの選び方は?

ロードバイクに採用されているタイヤの選び方は主に3種類あります。タイヤとチューブが別売りのクリンチャータイヤ。逆にタイヤとチューブが一体となっているチューブラータイヤ。最後にそもそもチューブ自体がないチューブレスタイヤがあります。それではこの3種類のタイヤの選び方を紹介していきます。

タイヤの選び方 クリンチャータイヤ

クリンチャータイヤはチューブが別売りになっているタイヤです。チューブが別売りなので自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。また、パンクをしてしまった場合もチューブを取り換えるだけで良いので経済的に優秀です。タイヤの選び方は、バイクのメンテナンス性を考慮して選びましょう。

タイヤの選び方 チューブラータイヤ

チューブラータイヤはチューブとタイヤが一体になっているタイヤです。クリンチャータイヤに比べて、値が張りますが、性能の良さとパンクのしにくさから人気が高いです。多少値が張ってても乗りやすさや性能を求めるならチューブラータイヤを選ぶべきです。このタイヤの選び方は、コストパフォーマンスの兼ね合いで選ぶのが良いでしょう。

タイヤの選び方 チューブレスタイヤ

チューブレスタイヤはチューブが無いタイヤです。タイヤの内側にインナーライナーという空気漏れを防止するゴム製のシートが貼り付けられいます。ですので、釘などを踏んで空気が漏れたとしても、一瞬で空気が漏れることはありません。このタイヤの選び方は、安全性や安定性を考慮して選ぶことが重要です。

クロスバイクのタイヤの選び方は?

クロスバイクのタイヤは、ほとんどがチューブとタイヤが別々になっているクリンチャータイヤとなっています。クロスバイクのタイヤの選び方は主に2つあります。1つはスピードを重視する人向けのタイヤの選び方です。2つ目は走行時の安定性を求める人向けのタイヤの選び方です。 レースなどに出場し、タイムを競うときのタイヤの選び方は単純で、結論を言うとタイヤがなるべく細くて大きい方がスピードが出やすいです。地面との接地面を少なくすることで分散していた力が集中的になり瞬発力が上がります。 通勤や通学などの用途で走行する場合は、タイヤ幅が太いほうが安定性が上がり、安全に走行することができます。また、道路などで走行する場合は障害物が多いですし、想定していない溝などに嵌ってしまうと非常に危険ですので安定性を重視した方が良いでしょう。

オフロードバイクのタイヤの選び方は?

オフロードバイクのタイヤは大きく分けて4種類あります。この4種類のタイヤを選び方としては、自分が走りたいと思うコースがどのような地形、路面なのかを知る必要があります。それでは、これからそれぞれのタイヤの選び方を紹介していきます。

エンデューロタイヤ

オフロードバイクのタイヤの選び方として、山や川、泥地などの障害物や路面が整っていない自然のコースを走行したい人はエンデューロタイヤを選びましょう。エンデューロタイヤはさまざまなシチュエーションを想定して作られているのでほとんどの路面で走行することが可能です。しかし、タイヤにも適材適所があるので万能ではありません。

モトクロスタイヤ

オフロードバイクのタイヤの選び方として、モトクロスタイヤの場合は、ソフト、ハード、ミディアム、サンドとさらに種類が細分化します。しかし、選び方は簡単です。雨が降っている時にはソフト、乾いているときはハードを使用し、ミディアムは路面が湿っているときに有効です。サンドは路面がドロドロでコンディションが最悪の時に使用しましょう。

トレールタイヤ

オフロードバイクのタイヤの選び方として、ツーリングなどで公道を走行するようなシチュエーションには、トレールタイヤを使用しましょう。トレールタイヤは、一応オフロードでも走行できますが、整った道路などで走行する場合に使用されることが多いです。

トライアルタイヤ

オフロードバイクのタイヤの選び方として、トライアルタイヤは他のタイヤとは違い、専用の「トライアル」という競技が存在します。急な傾斜を走行する場合や高低差が激しいコースなどを走るときに最適なタイヤです。タイヤがとても柔らかくて消耗が激しいという難点がありますが、これに至ってはトライアルタイヤ以外、選択肢がありません。

大型バイクのタイヤの選び方は?

オートバイのタイヤはオフロードバイクなどに比べてその日のコンディションによってタイヤを変えるのは一般的ではありません。そのため、大型バイクなどのタイヤは用途によって最適なタイヤを選ばなくてはなりません。 大型バイクのタイヤの選び方として、スポーツ走行でバイクに乗る人はスポーツタイヤを選ぶとよいでしょう。路面への吸いつき感(グリップ)が高く、カーブなどで車体を大きく傾けても安心感があります。 ツーリングなどを楽しみたい人や、通勤・通学にバイクに乗る人のタイヤの選び方はより安定性を求めて選ぶことが重要です。ですので、ツーリングタイヤを選びましょう。ツーリングタイヤは雨天時の走行も安定しますし、長持ちしやすいという特徴があります。 バイクに乗る人はそれぞれの用途に合わせて、あらかじめ購入するタイヤのタイプを決めてからバイクショップに行きましょう。細かい商品の説明は店員さんがしてくれるのでその時気に入ったタイヤを選ぶのがベストでしょう。

オートバイのホイールの選び方

スポークホイール

細いワイヤーが張り巡らされているスポークホイールは、キャストホイールよりも柔軟性が高く衝撃吸収能力に長けています。オフロードバイクなどのバイクに採用されることが多いホイールとも言えます。大型の重量のあるバイクよりも比較的軽量なバイクに相性が良いです。このホイールの選び方として、多少タフな状況で走行することを想定する場合ばスポークホイールを選びましょう。

キャストホイール

キャストホイールの材質は主にアルミなど金属製の素材で製造されており、鋳型という型に溶かした金属を流し込んで作られています。軽量で頑丈なキャストホイールは、吸収性はありませんが、出力の高いバイクと相性が良いことから人気が高いです。

冬用タイヤ スノータイヤとは?

スノータイヤ

バイクにも車と同じように冬用のタイヤで、スタッドレスタイヤ(スノータイヤ)があります。しかし、スノータイヤで走るからと言って安全というわけではありません。極力冬の雪の積もっている日にバイクに乗ることは避けましょう。どうしてもバイクを乗らなければいけないという人のための最後の手段です。しかも、このスノータイヤは原付の125ccまでしかありませんので注意が必要です。大型のバイクに関しては冬用のタイヤはありません。ですので、冬にバイクに乗る方は、まずは125cc以下のバイクを購入しましょう。

オートバイのホイールナットの選び方

スチールナット

主に純正の製品に取り付けられているナットで、頑丈で安価なのが特徴です。しかし、純正の製品に取り付けられているので、デザイン性では他の製品に劣ります。しかもサビやすいというデメリットがあるので、純正の製品に最初から付いてて、劣化してきたと感じたら他の製品と交換しましょう。

チタンナット

軽くて、丈夫で、サビにくいというナットの中でも特に優れているのがチタンナットです。しかもデザイン性にも優れていて、人気の高い材質となっています。唯一のデメリットとしては、他の製品に比べて値段が高いということぐらいですので、一度は試してみたい製品です。

おすすめのバイクのタイヤメーカー

シュワルベ

シュワルベは、ドイツのタイヤメーカーの中でも非常にポピュラーなタイヤメーカーです。オンロードやオフロード、また車いすのタイヤなど幅広く製品を手掛けています。さまざまなタイヤを量産しているシュワルベですが、どのタイヤも基本的に性能が良く、人気の高いタイヤメーカーとなっています。

ミシュラン

ミシュランは、フランスのタイヤメーカーで2005年ごろまでは、世界一のタイヤメーカーだと言われていたほど、有名なタイヤメーカーです。主に、レーシングカーや乗用車などのタイヤを作っていますが、バイクのタイヤも製造しており、人気の高いタイヤメーカーです。

たかがタイヤ、されどタイヤ!

これまで、さまざまなタイヤの紹介をしてきましたが、いかがでしたか?たかがタイヤだという人がいますが、タイヤを変えただけで同じバイクでも乗り心地が全然違います。また、重量やホイールなどの種類によってもいろいろな種類があることが分かります。 見た目は小さな部品ですが、こだわればこだわるほど違いがハッキリと判りますし、何より楽しいです。いままで、バイクをただの通行手段だとしていた人もこの機会にぜひ、悩んでみてください。

関連タグ

アクセスランキング