IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

封筒の宛名の書き方|様式別/目的別/宛先別・敬称の書き方

更新日:2020年08月14日

書き方・例文

封筒の宛名の書き方について、迷ってしまうことはありませんか。具体的な書き方、「御中」などの敬称、宛名の分類など疑問に思う点もあるでしょう。この記事では、封筒の宛名の書き方や具体例、敬称についてご紹介します。日常生活やビジネスシーンでぜひ活かしてみてください。

役職名は?

宛名と同じ行に役職名を記入することがあります。この場合、縦書きなら氏名の上、横書きなら氏名の左に役職名を書きます。例えば、 <例> 〒123-4567 A県B市C町1丁目2番3号 株式会社〇〇 △△課 営業部 □□ 様 などの書き方です。役職名が4文字程度までなら宛名と同じ行に記入してもバランスがよくなります。役職名が長い場合は、宛名と一緒に書かず、その前の行に書くことが好ましいです。縦書きなら氏名の右、横書きなら氏名の上に記入します。 また、役職名の大きさも氏名より小さめに書きます。これは、同じ行で宛名と役職名を記入する場合も同様です。

同じ住所の複数人に宛てる場合は?

送り先が同じ住所で複数人に宛てる場合、連名での書き方になります。例えば、知人の家族に宛てる封筒などがあります。 この場合の書き方は、宛名の人物の順番が重要になります。宛名の書き方は、最初に世帯主の名前を書き、次に配偶者、その次に子供という順番になります。また、名字は世帯主のみ記入し、全員の名前はきちんと同じ位置に記入します。 例えば、夫婦と子供一人に宛てる封筒の書き方は、 <例> 〒123-4567 A県B市C町1丁目2番3号 〇〇 △△ 様    □□ 様    ●● 様 といった書き方になります。宛名は、△△に世帯主の名前、□□に配偶者の名前、●●に子供の名前を記入します。

封筒の種類が関係する?

封筒の種類には、長封筒、角封筒、洋封筒があり、それぞれに大きさが定められています。大きさは、長形1号、角形2号、洋形3号などと分類されます。角形2号は、A4サイズを折らずに入れることができる封筒としてよく知られ、「角2」などと呼ばれます。 封筒の種類によって、書き方に注意が必要になります。例えば、大きめの封筒なら余裕をもって宛名を書くことができますが、小さめの封筒では住所なども含めて書き方が難しい場合があります。その際には、全体のバランスも考え、位置や大きさに注意しなくてはなりません。 また、縦書きか横書きかということも宛名の書き方と関係します。長封筒、角封筒、洋封筒のいずれも、縦書きと横書きの2種類の書き方があるので、それぞれ書き方に注意する必要があります。

サイズ別の封筒の宛名の書き方は?

それでは、封筒の宛名の書き方のポイントを、サイズ別に見てみましょう。

角形2号

角形2号は、A4サイズを折らずに入れることができる封筒としてしばしば利用されます。サイズが大きくなるので、比較的余裕を持って宛名を書くことができます。郵便番号の位置、住所などをふまえ、きちんと大きく宛名を書きましょう。 角型2号は大きめのサイズの封筒となるため、サインペンで宛先を書くことが好ましいです。ボールペンで書いていしまうと細すぎるため、全体として住所や宛名が見にくくなってしまいます。 また、太めのマジックで書くことは避けた方が無難です。特に油性マジックで封筒に記入すると裏移りするおそれがあります。無難にサインペンを使用しましょう。

A4サイズが入る封筒

角形2号と角型A4は、A4サイズを折らずに入れることができます。一方で、A4サイズを折りたたんで封筒に入れる場合もあります。 A4サイズを折りたたむ例としては、長形3号に横の三つ折りにして入れるなどの例が代表的です。長形封筒は細長い封筒となるので、宛名を書く際にはバランスが重要になります。宛名を大きめに書くことは重要ですが、あまりに大きく書こうとすると住所が小さくなりすぎるおそれがあります。 また、住所から書くとき、住所を大きく書いてしまうと宛名が目立たなくなってしまいます。特に長形封筒では注意しましょう。 A4サイズを折りたたんで封筒に入れる他の例には、長形2号、角形3号、角形4号、角形5号、角形6号などがあります。

A3サイズが入る封筒

A3サイズを折らずに入れることができる封筒には、角形A3号、角形B3号があります。角形A4号や角形2号よりも大きい封筒となり、こちらもサインペンで宛名を記入する書き方が望ましいです。 A3サイズを折りたたんで封筒に入れる場合は、長形1号、角形0号、角形1号、角形2号などが活用できます。ただ、いずれも比較的大きめのサイズになるので、こちらの宛名の書き方も、サインペンでの記入やバランスを考える必要があります。

B5サイズが入る封筒

B5を折らずに入れることができる封筒は、角形2号、角形3号、角形4号などがあります。これらも比較的大きめのサイズの封筒です。角形4号は角形2号などど比較すると小さくなりますが、宛名を書く際にはボールペンよりサインペンを使用した方が無難です。 B5サイズを折りたたんで封筒に入れる場合、長形3号、長形4号、長形5号、長形8号、角形5号、角形6号、角形7号、角形8号などがあり、比較的多くの封筒で折りたたみが可能です。長形の封筒は細長いので、宛名を書く際には特にバランスに注意する必要があります。

郵便番号の枠がない場合は?

初回公開日:2017年10月22日

記載されている内容は2017年10月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング