IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手書きの添え状|タテ/ヨコ別書き方・書き方の見本・用紙

更新日:2020年05月13日

書き方・例文

履歴書など重要書類を送るために手書きで添え状を作成するときの書き方を横書き、縦書きについて確かめ、送る書類別に手書きの添え状の見本をご紹介します。そして「手書きの添え状」を書く用紙についてもご紹介します。手書きで添え状を上手に書くようおすすめします

手書きの添え状におすすめの用紙

手書きの添え状の用紙サイズは、履歴書の用紙サイズに合わせるのが一般的です。企業によっては、履歴書やエントリーシートが指定の場合があります。この場合も同様に、サイズを合わせて手書きで作成を行います。 添え状の用紙サイズを揃えるのは、受け取り側が読みやすいと感じていただく意図があります。また、用紙サイズを合わせることで、封筒を開封したときの見た目もよくなります。

添え状は必要

添え状や送り状を書類に同封する必要はないのではと考えている人もいますが、ビジネスマナーとして書類を郵送する際は、添え状や送り状を同封するのは常識です。添え状や送り状を添えることによって、書類はどんな目的があって郵送されたのか明確となります。 添え状や送り状がないからといって、応募企業から不採用になるかというと、そんなことは判断基準としてあまり重要視はされていません。しかし、添え状や送り状を同封している方が無難と言えます。 必ずしも、添え状や送り状を手書きする必要はありません。実際に入社後の添え状は、パソコンで作成されるのが一般的で手書きのケースはほぼありません。 就活生の熱意を伝えるためにパソコン作成が一般的な添え状や、送り状をあえて手書きすることをお勧めいたします。少し手間がかかりますが、ぜひ手書きで添え状や送り状を作成してみてください。

初回公開日:2017年11月20日

記載されている内容は2017年11月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング