IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

投資信託のポートフォリオとは|投資信託のポートフォリオの作り方

確定申告・税金

投資をする場合、リスク分散を考えると投資信託がファーストチョイスと言えます。しかし、投資信託でも年代別、目的別にあったポートフォリオを構築する必要があります。証券会社にお任せするのではなく自分のポートフォリオにあった投資信託を設計することが大事です。

更新日時:

投資信託のポートフォリオとは

トピック1015410/要素1854263

投資信託とは

投資信託とは、一般投資家から集めた資金を、専門の機関が運用し、その運用成果を投資家に配分する制度の事です。投資信託会社が設定した投資信託の商品は、証券会社・銀行などを通して販売されます。 投資信託会社は、集めた資金を信託銀行に信託し、信託銀行に指示して金融・証券市場で運用させ、それで得た利子・配当金・値上がり益などを投資家に分配するという仕組みになっています。

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、保有している株式や債券などの銘柄(有価証券)群や保有資産の組み合わせの(割合)ことです。もともとの語義は「紙ばさみ」あるいは「書類かばん」の意味で「券面を紙ばさみで一つに束ねる」イメージになります。 一般的に、特性(リスクや収益性)の違う複数の資産や銘柄に分けて投資することによって、リスクを分散しながら目標とする収益を可能とするような「効率的な組み合わせ」を模索しながら、ポートフォリオを構築します。

意味

つまり、投資信託のポートフォリオは、投資信託にどのような割合で株式や債券、不動産などを組み入れる資産分配の割合を言います。

考え方

例で言えば、1つの銘柄の株式に投資した方が当たった場合、リターンは大きいですが、もし外れたら損失は大きいです。しかし、投資信託の場合、複数の株式に加え、債券を組み入れていれば、株価と逆に債券は買われ値上がりします。つまり、ポートフォリオがしっかりしていれば、損失を出さずに済む可能性が大きいです。

世代別のおすすめの投資信託のポートフォリオの作り方

トピック1015410/要素1854270

資産運用は、主に「投資商品」と「投資地域」の観点から、大別されます。「投資商品」としては、株式が取り上げられることが多いですが、他にも債券、不動産や不動産投資を行うファンドに投資する「REIT(不動産投資信託)」、原油やガスなどを取り扱う「コモディティ」などがあります。 「投資地域」に関しては、主に日本国内のみに投資する「国内型」、アメリカやEUなど日本以外の先進国に投資する「先進国型」、中国やインドなどの発展が著しい国や地域に投資する「新興国型」の3種類に分かれます。 資産運用を分類すると、アセットクラス(資産クラス)と呼ばれる資産運用に分類されます。 アセットクラスを組み合わせてポートフォリオを構築すると、各投資商品の価値が下がるリスクが分散され、リスクを最小限に抑えつつリターンを最大化することが可能となります。 株式は、ハイリスク・ハイリターンの投資商品と言われています。 投資地域の差異としては、概ね「新興国>先進国>国内」の順にリターンが大きいと言えます。債券は、ローリスク・ローリターンの投資商品と言われています。投資地域の差異としては、株式と同様に「新興国>先進国>国内」の順にリターンが大きいと言われています。但し、債券といえども新興国はカントリーリスクが大きいので、注意しましょう。 一般的にREITは、ミドルリスク・ミドルリターンの投資商品と言われています。これは、REITの主なリターン源が長期に渡る賃貸借契約料であるためです。投資地域の差異としては、概ね「新興国>先進国>国内」の順にリターンが大きいと言えます。 ポートフォリオの作り方は、概ね年率3%未満の「安定型」、年率3%〜5%の「スタンダード型」、年率5%〜8%の「積極型」に大別されます。

20代の投資信託

20代の特徴としては、他の世代と比べると保有している資産は少なく、また損失を勤労収入で埋め合わせることも可能なため、リスク許容度が比較的高いと言えます。 保険への加入や結婚といった、資金を必要とするライフイベントへ備える意味でも、積極型のポートフォリオを構築することが望ましいです。つまり「積極型」に準じるポートフォリオを組むといいでしょう。 お勧めのポートフォリオは、国内株式10%、先進国株式30%、新興国株式30%、先進国REIT20%、新興国REIT10%で組むものです。20代の特徴を同じようなとらえ方でも、国内株式30%、国外株式40%、国内債券30%と言う考え方もあります。

30代の投資信託

30代のポートフォリオは「スタンダード型」が勧める、国内株式20%、先進国株式10%、先進国債券40%、J-REIT20%、先進国REIT20%となっています。 現在は国内、先進国の株は好調であり、日本のマイナス金利政策によって債権の利率が下がっているのに対し、為替差損のリスクはあるとはいえ、外国債券の金利は高く設定されています。スタンダード型では、新興国には投資をしていません。 30代は、また損失を勤労収入で埋め合わせることも可能ではありますが、結婚、子育て、住宅ローンなど、リスク容認できない年代です。なので、スタンダード型が妥当と言えましょう。一般的な、ポートフォリオは、国内株式30%、外国株式30%、外国債券40%でもいいでしょう。

40代の投資信託

40代の人には、投資信託はやはりスタンダード型をお勧めします。40代は、また損失を勤労収入で埋め合わせることも可能ではありますが、教育費が負担になる世代でもあり、住宅ローンなど、リスク容認できない年代です。なので、スタンダード型が妥当と言えましょう。

50代の投資信託

50代以降は、もう子育てから解放された方も多くいることでしょう。このころには、住宅ローンは既に完済し、保険の見直しを考えなければならない年代です。そして、定年を前にこれ以上の収入の伸びはもう見えてきますし、今の資産を減らさず少しずつ増やしていくことにシフトしていくのが賢明です。 セカンドライフの計画もある方もいらっしゃるでしょう。ですので、「安定型」のポートフォリオをお勧めします。「安定型」ポートフォリオは、国内債券40%、先進国債券20%、J-REIT20%、先進国REIT20%となっています。投資信託のポートフォリオは、国内株式35%、外国株式30%、外国債券35%ともいわれています。

投資信託のポートフォリオのおすすめツール

トピック1015410/要素1854286

emaxis

emaxisは、幅広い品ぞろえと、低く設定された信託報酬のインデックスファンド・シリーズです。国内のみならず、海外の資産へのアクセスをラインアップしています。 長期投資のための国際分散投資や、ご自身のニーズにあったポートフォリオ構築、バランスファンドによるメンテナンスフリーの資産運用など、投資スタイルに合わせたワンストップな商品選択を可能にしています。 Emaxisとは「運用資産のベーシック・ツール」で、主要資産に投資を行い、長期運用に適した商品を提供しています。 通常は、証券会社は、テーマ型に特化した投資信託を勧め、自分のポートフォリオに合っていない部分が多いのですが、emaxisなら自分に合ったポートフォリオの商品を組み合わせることができます。

モーニングスター

モーニングスター 株式会社は、金融情報サービスの提供を行っている会社で、自身が保有している、または関心の高い複数の株や投信の運用状況を、1画面で把握することができるのが「ポートフォリオ」機能を備えています。 現在の基準価額や株価が反映されるので、日々の損益や分散投資の状況を把握する事はもちろん、「X-Ray機能」によりポートフォリオ全体の評価と7つの視点からの分析・集計も可能となりました。銘柄別、ニュースカテゴリー別に指定のアドレスにメールを定期配信いたします。つまり、自身が投資している投資信託の評価ができるというものです。

投資信託のポートフォリオでの注意点

トピック1015410/要素1854291

利回り

利回りの高い商品はリスクが高くなりますので、ポートフォリオを構築するときは注意しましょう。 (1)超積極運用(期待値利回り10%) 先進国と新興国の株式型投信で運用します。新興国株式の割合を増やすと、さらに期待利回りは高くなるが、途方もない価格変動リスクを負うことになります。長期で積極的に投資したい人向けにお勧めです。 (2)積極運用(期待値利回り7%) 株式型中心の積極的な組み合わせです。新興国株式は先進国株式より成長性が高いが、値動きも激しいので、REITなどの不動産を組み入れた投資信託です。海外不動産の成長性に期待して組み入れします。実際にシリコンバレーなどは、賃貸が高くなっていて、トレーラーハウスに住んでいることから期待は持てます。 (3)標準レベル(期待値利回り5%) ある程度リスクもとって利回りを追求したい人向けです。ローリスク・ローリターンな日本債券よりは利回りの高い先進国債券型を、為替差損を承知で、メインで組み入れます。半分は株式型投信で積極運用を行います。 (4)安定運用(期待値利回り3%) 日本の債券、株式型投信のほか、欧米の先進国の債券や株式を組み入れた投信に分散します。為替変動の影響がある分ややリスクは上がりますが、先進国の金融商品ならリスクレベルは限定的だといえます。 (5)超安定運用(期待値利回り1%) 「日本債券型」とは、日本の国債や社債を組み入れた投信のことです。国内の債券は発行元(国や企業など)が破綻しない限り元本割れしないのでローリスクです。超安定志向の人向けです。今まで投資の経験がなく、退職金をどう運用しようかと考えている方にお勧めです。この際、きっぱり言いますが、投資経験のない人が証券会社の勧めで、株式に全財産をつぎ込んで失敗している人が散見されます。投資をやったことのない人は、この運用がベストです。

割合

割合は、年代別に挙げた投資信託の通りです。

リバランス

「リバランス」とは、保有している資産の配分比率を調整して、保有資産のリスクが上がらないようにすることです。 中長期で投資をしていくときには、日本株、外国株、国内債券、海外債券、REITなど複数の資産に分散投資している人がほとんどです。通常、資産によって値動きは異なるため、ある程度長く持ち続けていると、元々持っていた資産の配分が徐々に崩れていきます。それをもとの配分比率に戻すことがリバランスです。 では、なぜリバランスが必要な理由を、例を挙げて説明します。例えば、日本株に投資する投信を25%保有していて、それ以外のものを75%持っていたとします。その後、日本株だけが上がって、ほかの資産は変化がなかったとすると、資産全体に占める日本株の割合が高くなります。 25%だった日本株の割合が、値上がりの結果30%になったとしましょう。日本株が上がっているわけですからうれしい状況と言えますが、ウエイトが上がっているということは、当初より日本株のリスクが高くなっているということです。なので、リスク分散を元に戻すため、リバランスをするという事です。 しかし、日本株が下がればそれは正解ですし、日本株がさらに上昇すれば、みすみすチャンスを失う事になります。

資産について相談する人を探しましょう

トピック1015410/要素1854414

今まで、投資信託について述べてきましたが、株が上がると債券は売られる、株が下がると債券は買われます。ですから、国内株式と言ってもどのような銘柄が組み込まれているのか細部まで確認することです。 投資家のウォーレン・バフェットは、自分に理解できないものには決して投資しないとアドバイスしています。つまり、銘柄に理解ができないものがある場合は必ず調べて、分からない場合はその銘柄は組み入れないようにしましょう。 また、投資信託は、50%まで現金で持っておくことができます。もし、株式が下落しても現金比率が高いと投資信託の下落は全て株式を組み入れた場合よりもリスクが小さくなります。また、分配金がある投資信託にも要注意です。何故なら、分配金は必ず払わなければならないので、元本を削ってでも分配金に充てるという悪循環が生じるからです。 今、日本にはIFAという人たちがいます。彼らは、独立して投資信託の評価を行いますので、証券会社に勧められた商品がいいかどうか、また投資委信託のリターンとリスクを分析し、あなたのための投資信託をカスタマイズしてくれることでしょう。

アクセスランキング