IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

エレベーターピッチの例文や作成のコツ|例文/コツ/30秒など

業界・企業研究

エレベーターピッチとは、どんなスキルか、どんな時に使えるか、どのように見つけたら良いか、詳しくご紹介します。ビジネスは、最初の30秒が勝負。何を伝え、どんな印象を持ってもらえるか、ビジネスパーソンが自ら設計し、実践できるようになるための手引きです。

更新日時:

エレベーターピッチとは?

エレベーターピッチの由来

アメリカのシリコンバレーを中心とするスタートアップ業界では、常識と言える「エレベーターピッチ」。一般的なビジネスマンの方でも、最近何となく耳にするようになった、という印象があるのではないでしょうか。   そもそものこの言葉の背景には、文字どおり、「エレベーターで、ビジネスプランをピッチ(説明)する」という意味があります。忙しい投資家に対して、名もない起業家がプレゼンのために多くの時間をもらうことはできません。 そこで、「エレベーターで投資家に出くわしたら、30秒以内でビジネスプランを伝えなければ、資金獲得できない」という新たな常識が生まれたのです。今ではこの言葉は、スタートアップの世界だけではなく、広くビジネスプレゼンテーション全般において、「要点を簡潔に伝え、相手の関心を惹きつけるスキル」という意味で使われています。

エレベーターピッチのスキルを身に付けよう

さて、自分がエレベーターピッチをやるとしたら、どんな感じなのか、少し、頭の中でシュミレーションしてみましょう。例えば、あなたが大企業の新規事業担当者であり、取引先に自社の新しいビジネスプランを魅力的に伝えなければいけないとします。 まずは、しっかりと1時間くらいはプレゼンの時間をもらいたいところですが、取引先の重役は忙しく、キーパーソンほどアポイントが取れません。そんな中、偶然、取引先のエレベーターの中で、顔見知りのキーパーソンと出くわしました。新規事業の件で、その方とのアポイントが取りたいあなたは、どんな風に話を切り出し、エレベーターを降りる前に何を伝えますか。   実際のシチュエーションはここまでドラマティックではないかもしれませんが、「いつ」「どんな時でも」「30秒ほどの短い時間で」「魅力的に」「ビジネスプランを語り、興味を持ってもらう」というスキルは、あらゆる場面で非常に大きな効果を発揮するはずです。ビジネスの相手は、あなたが思っているほど、長々と自分の話を聞いてくれる悠長な人ではありません。最初の30秒の印象で、その後の流れが大きく変わるのです。 さて、エレベーターピッチのスキルを身につけることは大きな武器になることはご理解頂けたかと思います。ただ、30秒でビジネスプランを分かりやすく説明すると言うのは簡単ですが、実際にやってみると、これがなかなか難しいと感じるでしょう。 そもそも、30秒で何を話すのかという内容を考えるところで行き詰まってしまう方も多いかもしれません。そこで、どんなビジネスパーソンでも使える、エレベーターピッチのやり方やコツをご紹介させて頂きます。

エレベーターピッチのテンプレートと例文

テンプレート

エレベーターピッチの構成は、実は非常にシンプルです。この4つだけを押さえてください。   <1> 自分が提供できる価値は何か <2> 相手が抱える問題点は何か <3> 競合相手と異なる独自性は何か <4> 相手に意思決定して欲しいことは何か   「たった、これだけ?」と思われたかもしれませんが、そう、たったこれだけなのです。30秒ピッチであれば、各項目7秒ずつ。文章にすれば、1行か2行という内容です。逆に言えば、この4つの重要なポイントを「いかにして、一言で言い表せるか」が最大の決め手なのです。 例えば、<1>をプレゼンする時、普通の商談であれば、それだけで4枚も5枚もプレゼンスライドがあり、15分くらいかけて話しているかもしれません。その内容を一言に圧縮するのです。複雑なビジネスプランを徹底的なまでにシンプルに表現できることによって初めて、あなたが何者であり、相手に何を届けようとしているのかが伝わります。 ここでは、実際に例文を挙げてみますので、ご自身のビジネスに当てはめて書き直してみてください。

例文

例えば、あなたの会社は、画期的なセールストレーニングプログラムを販売する研修会社だとします。この会社が、営業先へエレベーターピッチをするとしたら、以下のようになります。   <1> 弊社は、セールスチームの営業成果を10倍に引き上げることができるトレーニングプログラムを提供しています。 <2> ほとんどの会社が、営業プロセスに大きな無駄があり、みすみす顧客を取り逃がしています。 <3> 大抵のプログラムは表面的なスキルを教えることに終始していますが、我々はセールスチームの文化そのものを変革します。 <4> 御社がより高い営業成果を目指しているのであれば、ぜひ弊社プログラムの無料体験を試してください。    1項目につき、1行と、とてもシンプルですが、重要なポイントは伝わってきます。 もう一つ例を挙げましょう。あなたは、画期的な医療コミュニケーションツールを開発する起業家だとします。ベンチャーキャピタルへエレベーターピッチをするとしたら、以下のようになります。   <1> 弊社は、世界中どんな場所にいても、ハイレベルな医療サービスが受けられる遠隔システムを開発しています。 <2> 病院のインフラが整っていない地域では十分な医療が提供できませんが、我々はこれを解決できます。 <3> 他社のシステムは導入に高額な費用がかかりますが、弊社のシステムはクラウドサービスで安価にかつ誰でも簡単に使うことできます。 <4> 御社がこの事業に1億ドルを出資して頂ければ、少なくとも5倍のリターンは見込むことができます。   これでは、事業の細かい部分が全く分からないではないかと感じたかもしれませんが、それで良いのです。 繰り返しますが、エレベーターピッチで重要なことは、あなたが何者で、何をしようとしており、それにどんな価値が期待できるのか、が伝わるということです。相手の関心を惹くことさえできれば、細かな点のフォローは後で十分に可能です。

秒数ごとに見るエレベーターピッチのやり方・コツ

30秒エレベーターピッチ

基本は、4つの構成を日頃から意識していれば、30秒で十分に伝えることができます。自分の中で使いやすい「切り出しフレーズ」を用意しておくと、よりスムーズに話すことができるでしょう。 例えば、「30秒でご説明します」「ポイントだけお伝えすると〜」「絶対に覚えておいて欲しいことは〜」などです。

15秒エレベーターピッチ

本当にすぐに伝えなければいけない時は、4つの構成を全部伝えられないかもしれません。そのようなシチュエーションでは、自分が何者なのか、ということだけを強烈に印象に残しましょう。 自分が提供できる価値を伝えた後、連絡がもらえるように話を持っていくのです。例えば、「私の会社は、〜を提供しています」「○○についてご興味があれば、ぜひご連絡ください」 この内容であれば、15秒しか時間がなくても、連絡をもらえる可能性が高まります。提供している価値だけで、相手を驚かせられるように言葉を工夫しましょう。

エレベーターピッチのコツ

よく交流会などで名刺交換した際、「不動産業をやっています」とか「コンサルタントをしています」というような自己紹介をする人を見かけるかと思います。あなたは、帰宅して名刺を整理している時、もう一度その人に連絡してみようか、と考えるでしょうか。 恐らく、ほとんどの人がNOでしょう。なぜなら、印象に残るものが何もないからです。ピッチも同じで重要なのは強烈な印象を持ってもらうことですから、普通の内容ではダメなのです。   例えば、他の不動産会社と異なるユニークさがあるとしたら、それをどんな風に表現することができるのか。自社の事業にどんな情熱を持ち、どんな社会的価値の実現を目指しているのか。これを、エレベーターピッチの4つの構成に組む込むことで、あなたのエレベーターピッチのレベルは飛躍的に向上します。 エレベーターピッチを実践していく中で、今ひとつインパクトに欠けるなとか、相手の気持ちを惹きつけることできていないなと感じたら、ユニークさ、情熱、社会的価値を表現できているか見直してみましょう。

エレベーターピッチをマスターするには

例えば、交流会で名刺交換した時や、偶然キーパーソンとすれ違った時、訪問先での自社紹介など、様々なシチュエーションでエレベーターピッチは使えます。大切なことは、エレベーターピッチの目的を明確にして、いつでも使えるように練習しておくことです。 エレベーターピッチとは、セールス手段の1つであり、何かを売り込むことに他なりません。誰に何を売り込みたいのか、それはなぜなのか。まず、この目的をしっかりと設定してブレないようにしておくことで、あなたのピッチの印象もブレることなく、ストレートに相手の心に伝えることができます。 そして、繰り返し何度も練習しておくこと。同僚とペアを組み、お互いにフィードバックしながらロープレすることでより練習の成果が高まります。ぜひトライしてみてください。

エレベーターピッチで作る自己紹介

自己紹介をエレベーターピッチ風にするには?

ここまでお読みになって頂ければ、すぐにピンと来ると思いますが、エレベーターピッチのスキルは、自己紹介の場面でも有効に使えます。ここでも大切になるのは、目的です。あなたは、初対面の相手に対して、どのような印象を与えたいのでしょうか。 多くのビジネスパーソンが自己紹介で上げたい成果は、信頼できる人だと思われ、かつ自分が何者であるかを理解してもらい、次のアポイントへ繋げることでしょう。この目的を意識して、エレベーターピッチの自己紹介を組み立ててみましょう。   <1> 私は、1000万円以上の資産を持つ方に対して、10年後に5倍の資産を持って頂くためのお手伝いをしています。 <2> 資産形成には、様々な選択肢があり、なかなか自分で判断するのが難しいのです。 <3> 私が得意なのは、その人の人生デザインに合わせて最適なポートフォリオを組み立てることです。 <4> 今日お会いできたのもご縁ですから、何か資産形成でお困りのことがあれば気軽にご連絡ください。   いかがでしょうか。初対面で、ここまで簡潔かつストレートに、自分がどんな人物なのか伝えられたら、強い印象と共に好感を持つのではないでしょうか。この効果こそが、エレベーターピッチを自己紹介に応用した時のインパクトです。 ビジネスでは「自分がどんな価値を提供できる人」なのかを相手に認知してもらうことが最初の勝負ですから、自己紹介にエレベーターピッチのスキルを活用することで、その後のビジネス成果に格段の差ができます。 また、例文で挙げたように、自分の価値を伝える時に具体的な数字を入れたり、「誰の」問題を解決できるのかを明示するのも非常に重要です。ぜひ、ご自身のビジネスに当てはめて、エレベーターピッチの自己紹介をアレンジしてみてください。

エレベーターピッチが分かるおすすめの本

エレベーターピッチについて、より詳しい情報や具体的なノウハウを知りたい方は、専門書から学ばれると良いでしょう。私のオススメは、下記の書籍です。   「ビジネスは30秒で話せ! (短く、魅力的に伝えるプレゼンの技術) 」   タイトルが、ズバリ本質を突いています。どのようなプレゼンとエレベーターピッチの構成が相手に最も伝わるのか、実例を交えてユーモアに語りかけながら、確固たるビジネスプレゼンのロジックを分かりやすく説明している良書です。ご興味ある方は、ぜひご一読頂ければと思います。

エレベーターピッチを作る4つの質問

ここまで、エレベーターピッチの様々なポイントをお伝えしてきましたが、実際にいざ自分で作ろうと思うと、しばしば行き詰まることがあります。良い構成が思いつかないという方は、初心に帰って、以下4つの質問を自分に投げかけてみてください。   <1>「あなたが、ビジネスの相手に提供できる価値は何ですか?」 <2>「あなたのビジネスが取り除こうとしている、人々の(もしくは社会の)課題は何ですか?」 <3>「他社と何が違うのですか? あなたの会社しか提供していないものは何ですか?」 <4>「目の前の相手に何を検討し、判断して欲しいのですか?」   これらの質問に対して、様々な言葉が思い浮かぶ方もいらっしゃるかと思います。そんな時は、それらのすべてをリストに書き出してみましょう。そして、あまり重要でないと感じるものを消していき、最後の1つの表現になるまで絞り込むのです。この絞り込み作業が、エレベーターピッチで成果を上げるための最大のポイントになります。

エレベーターピッチは最強のプレゼンスキル

冒頭にお伝えした通り、あなたのビジネスの相手は、いつでも悠長にあなたの話を聞いてくれるわけではありません。最初の30秒で興味を持たれなかったら、次はないと思った方が賢明でしょう。そんな厳しいビジネスの現場だからこそ、エレベーターピッチに磨きをかけることで、他のビジネスパーソンとの圧倒的な差別化に繋がるのです。 ビジネスでは、様々な選択肢があり、あなたが投資を求める起業家であれ、商品を販売する営業マンであれ、提携の話を持ちかけるCEOであれ、相手には「あなた以外の選択肢」が常に存在します。その中で、どうやって自分を選んでもらうのか。そこで勝ち抜く手段が、プレゼンスキルであり、エレベーターピッチのスキルに他なりません。 ビジネスの相手に選んでもらえるあなたになるために、ぜひ日頃から、エレベーターピッチに磨きをかけてください。

アクセスランキング