IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【香典返し】お礼メール・お礼状・お礼の電話の例文

初回公開日:2017年10月06日

更新日:2019年04月01日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

香典とは死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋に包んだものをさします。この香典をいただいた場合香典返しのお礼状が必要になります。お礼状には喪家としてだけでなく「故人に代わって」皆様へご挨拶する意味もありますので、故人のためにも礼儀を通したいものです。

【香典返し】お礼状の書き方・例文

香典のお礼状を書く時のポイントは、季節の挨拶や句読点・繰り返し語を使用せず「拝啓・敬具」「謹啓・謹白」といった「頭語・結語」を使用する点です。 そして、故人を全く知らない相手に送る場合もあるので、一般的な文面を印刷して送ると良いでしょう。ごく親しい方には、別途手書きのお礼状を送ると喜ばれます。 お礼状には ●香典へのお礼 ●戒名と無事四十九日法要が済んだ事の報告 ●故人との生前のお付き合いへのお礼 ●香典返しの品を送る事の報告 ●略儀で済ませる事へのお詫び を入れるのが基本的な構成になります。

「謹啓・謹白」を使用したお礼状の例文

謹啓 先日の(続柄)(故人の名前)儀 葬儀に際しましては、御多用中にもかかわらず御会葬を賜り御芳情のほど誠に有難く厚く御礼申し上げます。〇月〇日(戒名)四十九日の法要を相営むことができました。生前に故人が賜りました御厚情に対しあらためて感謝申し上げます。 つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますので、何卒御受納下さいますようお願い申し上げます。まずは略儀ながら書中をもちまして御挨拶申し上げます。 謹白

「拝啓・敬具」を使用したお礼状の例文

拝啓(続柄)(故人の名前)永眠に際しましては、御丁寧なお心遣いを賜り誠にありがとうございました。おかげをもちまして〇月〇日(戒名)四十九日の法要を滞りなく済ませる事ができました。生前に故人が賜りました御厚情に対し あらためて感謝申し上げます。 つきましては 心ばかりの品ではございますが、供養のしるしをお送りいたしますのでお納めくださいませ、本来であれば拝眉の上御挨拶申し上げるべきところ 略儀ながら書中にて御挨拶申し上げます。謹白

【香典返し】お礼メールの書き方・例文

香典のお礼のメールは、香典をもらったらすぐに送りましょう。日時が経過してからのメールは、相手を不快にする可能性があります。そして、香典のお礼をメールで送る場合には、日頃送るメール以上に内容には十分注意しましょう。

書き方1:件名は要件を明確にする

香典のお礼を伝える時のメールの件名は「〇〇より御香典のお礼」のように要件を明確にする事で、相手に不信感を与えません。

書き方2:略式である事を詫びる

いくら親しい間柄であっても、メールで香典のお礼を伝えるのはやはり略式になります。ですから、香典のお礼をメールで伝える事へのお詫びを、きちんと伝えましょう。

友人へのお礼メール例文

先日は、お忙しい中(続柄)の葬儀にご参列いただきありがとうございました。その上心遣いまでいただいて大変感謝しています。お陰様で、通夜ならびに葬儀告別式を無事終える事ができました。家族全員で看取ることが出来たのが、せめてもの救いです。本当なら直接会ってお礼を言うべきですが、取り急ぎお礼を伝えたくてメールさせてもらいました。どうぞこれからもよろしくお願いします。

会社関係へのお礼メール例文

先日は、お忙しい中(続柄)の葬儀にご参列いただきまして、ありがとうございました。また、過分なお心遣いまでいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。加えて、忌引休暇をいただいております件、御迷惑をおかけしております。お陰様で、通夜ならびに葬儀告別式を無事終える事ができました。故人も安心していることでしょう。 本来であれば、直接お伺いしてお礼を申し上げるべきところですが、取り急ぎお礼を申し上げたくメールさせていただきました。どうか今後とも変わらぬ御厚誼を賜りますようよろしくお願い申し上げます。お忙しいところ御拝読頂き、ありがとうございました。

関連タグ

アクセスランキング