IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お見舞い時ののし袋の書き方・のし袋の選び方・お札の入れ方/折り方

ビジネスマナー

お見舞いに行く際、気になるのがお見舞いの際のマナーです。どんなことに気を付ければいいのか、のし袋はどのように書くといいのか等細かくルールを紹介していきます。スマートな振舞いでお見舞いが出来るよう、しっかりとマナーを勉強しておきましょう。

更新日時:

お見舞いの時ののし袋の書き方

名前

お見舞いの際に必要となるのし袋には必ず名前を書きます。受け取った人が気持ちよく受け取れるようにしっかりとマナーを守ることが必要です。のし袋の中央下の部分に自分の名前を書く必要があります。のし袋に名前を書く際は、綺麗な字であるに越したことはありませんがゆっくり丁寧に書くことが重要です。 また、綺麗に見せるコツとしては御見舞と書いてある表書きの字より少しだけ文字を小さくするとバランスがうまくとれます。また、自分の名前の文字数を書く前に思い浮かべて均等に配置できるように、そして中央から外れないようにまっすぐと書くように心がけましょう。

連名

では、お見舞金を複数名で一緒に包む場合はどうすればよいでしょう。その場合はのし袋に連名で記載します。連名で名前を書く際のマナーを見てみましょう。連名の場合は代表者(年長者等)の名前をのし袋の中央、御見舞の表書きの下に書きます。 そこから左へ順に名前を記載していきます。この場合、あまり人数が多いと書きづらいだけでなく見栄えもよくありません。4名以上になる場合は代表者名を記載し、外一同とかくとスマートに見えます。またその際は、全員の名前を把握しやすいように紙に名前を記載してのし袋に同封しましょう。 また、友人同士や会社の同僚など上下関係がない場合は御見舞の表書きの下の部分にバランスよく、左右対称になるように全員の名前を記載しましょう。この場合は比較的人数は多くかけますが、あまりに多い場合は別紙に記載にのし袋に封入するようにしましょう。

のし袋には裏書きというものがあります。お見舞い金を封入する封筒や中包みなどの裏に書き込むものです。のし袋によっては印刷がされており、【名前】【住所】【円】などと書かれているものがあります。その場合はそれに則って記入しましょう。 中袋や、中包みがある場合はお見舞い金の金額を中袋の表の中央に書き、裏面の左下部分に名前と連絡先を記載しましょう。中袋がなく、白い封筒だけの場合は連絡先や名前、金額を裏面の左下部分に記入しましょう。

金額

のし袋にお見舞い金を入れる際気を付けておきたいことは、しっかりとお見舞い金の金額を記入しておくということです。もし、お見舞い金の金額を書いていないと中に入っている金額が本当に合っていたのか知るすべがなくお返しをする際に困ってしまう場合があります。 また、お見舞い金の金額が記載されていないといくら入っているのだろうとちょっと期待させてしまう可能性もあるのでお見舞い金の金額はしっかり記載しておきましょう。

中袋

中袋がある場合は先ほども説明したように、表に金額、裏に名前と連絡先を記載します。この時気を付けておいてほしいのが表の金額の書き方です。【金〇萬(仟)円】というように記載します。お見舞い金の場合あまり金額は大きくならない為、金額の後に【也】という字を書かないように気を付けましょう。 【也】という字は中に包んでいる金額が10万円以上の場合に記入するのが一般的です。

宛名

お見舞い金を包むのし袋には自分の名前を記載する必要はありますが、相手の宛名を書く必要はありません。それでも、相手の名前を書きたいという場合は表の左上の部分に○○様というように書くようにしましょう。

どののし袋を選ぶ?

水引

水引とはのし袋についている赤と白、もしくは黒と白の飾りです。この水引には種類がいくつかあり、出産などの何度もあっていいことなのか、結婚式のように一度きりが良いのか等によって使うものが異なってきます。

熨斗

のし袋には水引だけではなく、小さな熨斗がついているものがあります。この熨斗というのはもともとアワビを長く延ばして乾燥させたものをご進物としいたものの名残であり、この熨斗がついているの病気をのばす、つまり入院を長引かせると考えられます。見落としがちな熨斗ですが、お見舞いで使うのし袋には熨斗のついていないものを選ぶようにしましょう。

結切り

結切りとはほどけないように固く結ばれたものをさします。これは二度と解けたり離れたりしないことから、二度と繰り返さないという願いを込めて使用されます。例えば結婚のお祝いや、傷病のお見舞いなどに結びきりを使用したのし袋が使用されます。

蝶結び

蝶結びとは引っ張ると結び目が簡単に解けて何度でも結び直せるものをさします。何度でも結び直せるということから、何度あってもうれしいこと、何度も繰り返したいことなどの際にこちらの蝶結びののし袋を使用します。 例えば、結婚以外のお祝い事や出産のお祝いなどもこちらの蝶結びののし袋を使用します。間違ってもお見舞いの際に蝶結びののし袋を使用しないように気を付けましょう。何度も入院してくださいという意味になってしまいとても失礼になります。

お札の入れ方

お札の表裏

のし袋にお見舞い金を入れる場合注意しなければいけないのは、お金には表裏があるということです。お札の表にあたる部分は福沢諭吉等の肖像が印刷されている方が表面となります。また、お見舞い金を縦にのし袋に封入する際気を付けなければいけないのが、どちらが上に来るのかということです。 縦に封入する際上に来るのは肖像が書かれている部分です。つまり封筒を開けて取り出すと肖像が一番最初に目に入ります。壱万円という金額が書かれた部分は下になっているので肖像の後から目に入る形になります。また、当たり前のことですが、お見舞いにお札を複数枚入れる際は向きや表裏をしっかり揃えてのし袋に封入しましょう。

新札

お見舞いに行く際気を付けたいのがお見舞いの中のお札です。のし袋に入れるお金というと新札というイメージがあるのではないでしょうか。でも、お見舞いの場合は新札は好まれません。なぜなら、前もって用意していたと感じるからです。 お見舞い金に新札を使うということは、あなたが体調を崩すのを待っていましたよという意味にとらえられてしまう可能性があります。シワシワのお札を探す必要はありませんが、わざわざ新札を使うようなことはしないようにしましょう。

折り方

もし、お見舞いに行く際お金が手元になく銀行等でお金をおろした場合、思いがけず新札になってしまうことがあります。この場合は自分で折りしわを入れるようにしましょう。その際気を付けておきたいのが使用感を出すたに多めに折ろうと四つ折りにしてしまうことです。 マンションやホテルの部屋などにも4の数字が使われないことがありますが、それと同じように四つ折りというのは4という数字が入っており死を連想させる可能性があります。そのため、新札に折りしわを入れる際は二つ折りないしは三つ折りにするようにしましょう。

お見舞いの際ののし袋の持ち歩き方とお見舞いの時間帯

のし袋やご祝儀袋はむき出しで持ち歩いたり、そのままバッグに入れるというのはマナー違反です。マナーの面からもそうですが、裸のまま持ち歩くと汚れてしまう危険性もありますので、必ず袱紗を使うようにしましょう。 袱紗にはいろんなカラーがありますが、慶弔兼用できる色を一つ持っておくことをお勧めします。特に紫いろは男女問わず、また慶弔兼用のカラーとなっているので紫色の袱紗を一つ持っておくと急な時も焦らずにすみます。

お見舞いに行く時間は病院にもよりますが、入院の際のお見舞いは午後2時から4時頃がお勧めです。午前中は検査等が行われている場合があり、夕方以降も病院の夕食は早く消灯も早いので17時以降もおすすめできません。 急に訪問するのではなく、前もって連絡しておくことをおすすめします。また、面会時間は15分から長くても30分程度で終わるようにしましょう。相手は入院中の身です。あまり体力を使わせてしまわないよう早めに切り上げましょう。

ルールを守ってスマートなお見舞い

ここまでお見舞いに行く際のお見舞い金の包み方やのし袋の書き方などご紹介してきました。お見舞いに行く際はしっかりとマナーを守ってスマートに振舞いましょう。

アクセスランキング