IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスでの2月の時候の挨拶|書き出し例/結びの例文/内容別

書き方・例文

2月は寒さの本番ですが、暦の上では春の始まりです。この境目の季節にぴったりな、ビジネスで使える2月の時候の挨拶と書き出し、一般的な手紙に使える2月の時候の挨拶と結びの言葉、様々なビジネス文書の文例をご紹介します。時候の挨拶は、月初/中旬/下旬別で整理しています

更新日時:

ビジネスで使う手紙文における【時候の挨拶】とは

ビジネス上での手紙文の構成

手紙文は、基本的に1前文、2主文、3末文の順に展開をしていきます。この構成を基本にして文章を構成すれば、相手に伝わりやすく、必要な情報が漏れなく盛り込む手紙となります。 1.前文:①頭語→②時候の挨拶→③慶賀の挨拶(繁栄を祝福する言葉)→④感謝・安否の言葉の順に展開します。 2.主文:挨拶の文章から改行して、「ところで」「さて」などと切り出して、本題に入ります。 3.末文:主文の文章から改行して、結びの言葉を書きます。 この記事では、1.前文の②時候の挨拶と、3.末文について、2月に適した挨拶を、例文を交えてご紹介します。

時候の挨拶とは

時候の挨拶とは、季節を表す言葉を使って、その時期の気候や寒さ・暑さ、季節の移り変わりを表すとともに、相手を気遣う意味があります。時候の挨拶には、およその決まり文句があります。手紙を出す時期に適した言葉を選ぶことで、口頭にはない、文字の上での豊かなコミュニケーションを図ることができます。時候の挨拶を入れるときには次の点に注意をします。 ・天候や寒暖は変化しやすいため、手紙到着時の天候の変化を想定します。 ・月によってあいさつ文が異なるため、月をまたぐときは、到着する時期を考えて言葉を選びます。(例えば1月末に投函する手紙は2月に到着するため、2月の時候の挨拶を用います。) ・いつの時期でも使える「時下」という言葉を、切り札として覚えておくと良いです。 ・「前略」とは、時候の挨拶を省略します、という意味なので、頭語に「前略」とした場合は、時候の挨拶を書きません。

ビジネスで使える【2月の時候の挨拶と書き出し】例文

ビジネスで使える【2月の時候の挨拶と書き出し】例文

ビジネス文書の基本的な書き出し

ビジネス上の手紙で時候の挨拶をする際に、最も基本的な表現は、「二十四節気」+「の候 または のみぎり」です。二十四節気とは、旧暦で季節を表わす表現です。冬至を中心として、1太陽年を24とう分しています。 2月の時候の挨拶に使う「二十四節気」の表現は、 ・大寒:月初から立春の前までの期間で使います。 ・立春:毎年2月4日頃で、節分の行事を行う日です。この日から雨水の前までの期間で使います。 ・雨水:毎年2月19日頃です。 の3つで、大寒の候や、立春のみぎり、というように使います。

2月初旬のビジネス文書での時候の挨拶

時候の挨拶を考える上で、2月上旬の最も重要なイベントは2月4日頃の「立春」です。二十四節気+の候、の形式で時候の挨拶を書く際には、立春より前に着く手紙には「大寒」、立春以降に着く手紙には「立春」を選ぶ必要があるからです。 その他の言葉を使って時候の挨拶をする場合には、2月初旬が暦の上では春なのにも関わらず、実際はまだ冬本番の寒さが続く時期なことから、この居座る寒さを表現すると、季節感のある手紙となります。 <2月初旬の時候の挨拶例> ・大寒の候/みぎり(手紙が着くのが立春より前の場合のみ) ・立春の候/みぎり(手紙が着くのが立春以降の場合のみ) ・春寒の候/みぎり ・余寒の候/みぎり ・残寒の候/みぎり ・残冬の候/みぎり ・晩冬の候/みぎり ・立春とは名ばかりの寒い日が続いております ・立春とはなりましたが、まだまだ寒い日が続いています ・暦のうえでは春と申します

2月中旬のビジネス文書での時候の挨拶

2月中旬は急に雪が降ったり、寒さがピークを迎えます。しかし暦上は立春以降のため春の扱いです。時候の挨拶は、春のはずが非常に寒い、という意味の言葉を選びます。「大寒の候/みぎり」をのぞき、2月上旬と同様の時候の挨拶が使えます。ただし、暖冬ですでに暖かさを感じられる年であれば、2月下旬の時候の挨拶を使います。

2月下旬のビジネス文書での時候の挨拶

2月下旬は、少しづつ日中の時間が伸び始め、春の兆しを感じる頃です。暖かさが増してきたことを喜ぶような言葉を選び、時候の挨拶とします。暦の上では、2月19日頃に雨水を迎えますので、雨水以降に手紙が着く場合は、「立春の候/みぎり」という時候の挨拶は使えなくなります。 ・雨水の候/みぎり(手紙が着くのが雨水以降の場合のみ) ・梅花の候/みぎり ・梅鶯の候/みぎり ・解氷の候/みぎり ・向春の候/みぎり ・梅の花もほころび始めました ・梅香る季節となりました ・梅香る今日この頃 ・春の訪れを待ちわびるころとなりました

2月の時候の挨拶と結びの例文

ビジネスではなく、一般的な手紙の時候の挨拶も、季節感を表す言葉と相手を思いやる言葉からつくります。ただし、比較的柔らかな表現の時候の挨拶が好まれます。一方でオリジナリティを求められるため、書き手のセンスが問われることとなり、少々難易度が上がります。

2月初旬の時候の挨拶

2月上旬には、立春の他、節分や雪まつり、受験などが行われます。親しい人にはそのような行事をおり交ぜてオリジナルの時候の挨拶を作るのもよいでしょう。 ・思わぬ大雪に、春がまた一段と遠のく思いがいたします。 ・先日、年女の娘がXX神社で豆まきをしました。たくさんの福が舞い込むようお祈りしてまいりました。 ・雪まつりのニュースを聞き、5年前ご一緒したことが、つい先日のことのように思い出されます。 ・この大雪でスキー場も大盛況のようですが、受験間近の我が家においては、ゲレンデもお預けです。 ・息子の試験に向け最後の追い込み中の我が家です。厳しい寒さの後には暖かな春が待っていると信じて頑張ります。

2月中旬の時候の挨拶

2月中旬には、まだ寒さが厳しい日々が続きますが、関東周辺では梅の開花の便りも届き始めます。相手の住まいを考えて、「こちらでは」「そちらでは」といった言葉で、季節の差を表現して時候の挨拶としても良いでしょう。また、バレンタインも2月の季節を伝える行事です。特に女性には共感を得やすい時候の挨拶の一つです。 ・こちらでは、梅のつぼみもようやくほころび、春の気配が感じられる頃となりました。 ・各地で梅の便りが聞かれる頃となりました。 ・梅香る季節となりました。 ・梅一輪ずつの暖かさと申します。 ・うぐいすの初音に春の訪れを感じる日を迎えました ・街中がハートやピンクで彩られるこの季節、自然と心が弾みます。 ・デパートがピンク色に染まり、バレンタインデーの近づきを感じました。

2月下旬の時候の挨拶

2月下旬は、寒さの名残を感じながらも、三寒四温の天候が続いたり、少しずつ春の訪れを肌で感じる日も多くなります。時候の挨拶においても、そのような季節感を文章として表現していくと良いでしょう。また、高校や大学などの合格発表がある時期です。確定申告、猫の日、東京マラソンといったイベントも2月下旬に行われます。 ・頬にあたる風に早春の気配を感じる頃となりました。 ・早春の凛とした空気が木々を包んでいます。 ・雨水を過ぎ、当地の梅も見頃を迎えています。 ・雨水を過ぎても今年の寒さはひときわ厳しいようです。 ・雨水を過ぎ、子供たちもあと少しで旅立ちの季節です。 ・如月も残りわずかとなり、早咲きの椿が鮮やかです。 ・春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。 ・フリーランスとなり、領収書と戦う季節が始まりました。 ・4度目のチャレンジで、初めて東京マラソンに参加して参りました。

結びの言葉

一般的な結びの言葉

■案内、通知 ・まずは略儀ながら、書面にてご挨拶申し上げます。 ・取り急ぎ書中をもってご挨拶申し上げます。 ■お礼 ・重ねてお礼申し上げます。 ・以上、お礼かたがたお願いまで。 ■お詫び ・悪しからずご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 ・幾重にもお詫び申し上げます。 ■依頼 ・ご挨拶かたがたご依頼申し上げます。 ・お引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 ■回答 ・取り急ぎご回答申し上げます。 ■返事を依頼する ・ご多忙とは存じますが、お返事を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 ・お返事をお待ち申し上げております。 ■断り ・残念ですが貴意に添いかねますので、悪しからずご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2月に適した季節感のある結びの言葉

結び文で時候に触れるときは、冒頭の時候の挨拶と結びの挨拶を揃えて書きます。例えば、冒頭に「残寒の候」とした場合には、「寒さ厳しき折柄、ご自愛ください」というように結びます。 また、結び文では、時候の挨拶に対応する言葉とともに、相手の健康を気遣い、今後の活躍や発展を期待する内容で締めくくると、手紙全体の印象が良くなります。2月に適した結びの言葉の例をご紹介します。 <2月の相手の健康を気遣う結び文の例> ・余寒厳しき折、皆さまお元気でお過ごしください。 ・余寒なお去り難き折、くれぐれもお身体ご自愛ください。 ・まだまだ寒い日が続きますが、ご活躍を心より祈念いたしております。 ・暦の上に春は立ちながら、厳寒の折でございます。どうぞ健やかにお過ごしください ・三寒四温の時節柄、どうかご自愛専一にてますますのご健勝を心よりお祈りいたします。 ・寒気冴え返る時節ゆえ、何卒ご自愛下さい。 ・残寒の時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・2月は朝夕の寒さごとに厳しい時、くれぐれもおからだを大切になさってください ・日脚は伸びても意外に冷え込む日がございます。どうぞお身体を大切に。 ・寒さの戻りで冷え込むこともございます。体調を崩されませんように。 ・立春も過ぎ、春を待ちわびるこの頃、くれぐれもお身体ご自愛下さい。 ・寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます。 ・春とは言え、厳しい寒さが続きます。どうぞお身体を大切に。 ・明るい春を待ちながら、お健やかな日々をお過ごしください。 <2月の幸運を祈る結び文の例> ・梅の便りが聞かれる昨今、皆々様の益々のご活躍を心よりお祈りいたします。 ・梅の薫る季節です。ますますのご活躍を願っています。 ・幸多き春の門出となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

送る内容別の2月の時候の挨拶と文例

2月に送るビジネス文書のうち、招待状・お礼状・添え状・挨拶状の例をご紹介します。文書の種類に関わらず、時候の挨拶は手紙が到着するタイミングにあわせ、大寒/立春/雨水から選択します。その他の言葉を時候の挨拶とする場合は、相手の住まいを考えて、季節に沿ったものを選びます。 イベントの招待など、月をまたぐ日付の内容を送る場合は、そのイベントが行われる時ではなく、招待状が届く日にあった時候の挨拶とします。(例: 3月10日のイベントの案内を2月1日着で送る場合は「大寒」)なお、「時下」は季節を問わずに使えるため、テンプレート作成の際におすすめです。

招待状

謝恩セールの招待状

セールを行う際の招待状には、お客様や関係各社など、相手の協力があったからこそという感謝の気持ちを丁寧に伝えます。プレゼントなどの企画がある場合は、別記よりも本文で記載したほうが効果的です。開催場所がわかりづらい場合は、地図を添付しましょう。 <謝恩セール招待状の例> 「創業記念謝恩セール」開催のご案内 拝啓 余寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、このたび弊社では、年に1度の「創業記念感謝セール」を下記の通り開催し、格別のご愛顧をいただいておりますお客様に感謝の気持ちをお伝えしたく存じます。期間中は全商品を2割引にてご奉仕させていただきますので、ぜひご来場賜りますようご案内毛細げます。なお、ご来場の際には、本状をご持参くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 敬具              記 日時、平成〇年2月〇日()、〇日()、〇日()    〇:00~〇:00 場所〇〇ホテル〇階〇の間(別途地図をご参照ください) 連絡先03-XXXX-XXXX株式会社〇〇部・山田 以上

展示会の招待状

展示会にご招待するにあたっては、多くの方に来場いただく必要があります。来場者への特典がある場合は明記しましょう。また、参加者の意見を伺いたいという姿勢を見せることで、参加意欲をあおることも可能です。 <展示会への招待状> 新製品展示会開催のご案内 拝啓 梅鶯の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。  さて、このたび弊社では、新商品展示会を下記の要領にて開催いたします。当社開発担当者の実演により、製品の機能や性能をじっくりとご覧いただける機会となっております。  つきましては日頃お引き立ていただいておりますお客様のご高覧に供し、ご意見・ご批評を賜りたく、ご多用中誠に恐縮でございますが、ご来場くださいますようよろしくお願い申し上げます。まずは書中をもって、お知らせ申し上げます。 敬具                 記 日時、平成〇年2月〇日()、2月〇日()    〇:00~〇:00 場所〇〇ホテル(〇階〇〇の間)    (東京都〇〇区) 連絡先03-XXXX-XXXX株式会社〇〇山田 ※当日〇:00より、同ホテル〇〇の間にて、懇親会を開催いたします。こちらにもぜひご参会ください。 以上

お礼状

ビジネスでは、ほんの些細なことでも、感謝の気持ちを表すように心がけます。感謝の気持ちの表現度合いは、会う>電話>手紙>はがき>メールの順とされますが、実際には、受取手の負担が少ないメールをこまめに送ることが好感度を上げます。 従来、目上の方はメールよりも手紙を重んじるとされてきましたが、部長職の方もメールを好む方が増える傾向にあります。相手の好みを知って、効果的なお礼の表現をしましょう。美しい字で書かれた手紙は「ここぞ」という時に有効です。字に自信がない方は、誠意が伝わるように、丁寧に書きましょう。部署内の達筆な人に手助けを頼むのも良いでしょう。

商品注文のお礼状

商品注文の礼状には、感謝の言葉と共に、確実に受注されたこと、納期までに手配が可能である見込みが立っていることを明記し、安心していただくようにします。 <商品注文のお礼状の例> 弊社新商品ご注文のお礼 拝復 雨水の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、この度は、弊社の新商品「〇〇」を20ケースご注文いただきまして、誠にありがとうございました。 早々に手配を進め、ご指定の期日までに納品いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。これを機会に、今後一層の親しいお引き立てのほど、心よりお願い申し上げます。まずは書面をもって、ご注文受領のお知らせかたがた、御礼申し上げます。 敬具

訪問のお礼状

訪問のお礼状は、信頼を強めるためのアイテムです。可能な限り早く出します。メールならば当日・翌日、手紙やはがきも3日以内に投函しましょう。 <訪問のお礼状の例> 拝啓 残寒の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申しげます。さて、過日の貴社訪問に際しましては、ご多忙のところ貴重なお時間を賜り、誠にありがとうございました。 丁寧なご説明と御社製品のご案内を頂戴し、今後の方向性に多大な参考となりました。引き続き社内にて検討させていただき、今後の活動に反映する所存でございます。今後ともよろしくご指導賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。まずは書中をもって御礼申し上げます。 敬具 平成〇年2月〇日 株式会社〇〇 〇〇部〇〇課長、山田太郎 株式会社✖✖ ✖✖部長、川野次郎様

添え状

書類送付状

資料を送付する際には、資料と同封する挨拶文書を同封します。その後のビジネスのきっかけとなることも多いため、できる限り丁寧な言い回しを心掛けましょう。資料の中身に対する疑問・質問があった場合の対応方法も明記すると、真摯な姿勢を印象づけることができます。 <書類送付状の例> 書類送付のご案内 拝復 向春の候、貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。さて、先日は弊社新商品のお問合せを賜りまして、誠にありがとうございます。同封いたしますので、よろしくご査収下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。 また、送付資料に関してご質問などございましたら、何なりとご遠慮なくお問合せください。まずは取り急ぎ、ご通知まで。 敬具 記 1.弊社会社案内1冊 2.弊社商品定番シリーズパンフレット1冊 以上

挨拶状

余寒見舞

喪中で年賀状を出さなかった場合、あるいは喪中を知らずに年賀状をいただいた人には、通常寒中見舞をお出しします。しかし、2月4日の立春を過ぎてしまった場合には「余寒見舞」をお送りします。この時期は一般的な挨拶状がひと段落するため、商品の宣伝、セールスのお知らせを兼ねて余寒見舞をお送りすると、印象的です。 <余寒見舞の例> 余寒お見舞い申し上げます。向春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。当店では、平素からの皆様のご愛顧に感謝して、2月〇日から2月〇日まで、お客様感謝セールとして全品2割引のセールを実施いたします。本当の春が待ち遠しい毎日ですが、スタッフ一同、〇〇様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

効果的な時候の挨拶は印象をアップさせます

2月は、1年で最も寒い時期ですが、立春を境に春が始まる月でもあります。『寒さの中にも垣間見える春の喜び』を共有する、効果的な時候の挨拶は、相手に好印象を与えることができます。 最も基本的な2月の時候の挨拶は、2月4日頃の立春前までに使う「大寒の候」、立春以降に使う「立春の候」、2月19日頃の雨水以降に使う「雨水の候」の3つです。しかし、春寒、余寒、残冬、梅花、向春、早春などといった季節を感じさせる言葉と「の候」(または「のみぎり」)を使うと、印象的な時候の挨拶になります。 親しい間柄の場合は、受験やバレンタインなど、2月ならではの行事を織り込んだオリジナルの時候の挨拶もおすすめです。

関連タグ

アクセスランキング