IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハムスターの種類と飼いやすい種類・性格や特徴の違い

初回公開日:2017年10月19日

更新日:2020年11月15日

記載されている内容は2017年10月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

ペットとして身近な存在のハムスターですが、意外にもその種類は多く個性も豊かです。また最近では品種改良によって新しい毛色や毛柄の種類も誕生しています。ハムスターの種類と特徴に加え、これからハムスターを飼う人へのアドバイスを可愛い画像とともにご紹介します。

トリコロールハムスター

トリコロールハムスターはその名のとおり、からだに三色の毛を持っている種類です。白と黒と茶色の定番カラーはもちろん、白とグレーと黒や、白と二色のグレーを持っている個体もいます。 ネコと同じように、トリコロールハムスターはほとんどがメスです。オスが生まれたときは生殖機能がないことがあります。色の出方が個体によってだいぶ異なるので、個性がはっきり出る種類です。また長い毛を持つ個体は「キャリコ」と呼ばれることがあります。

ジャンガリアンハムスターを改良した種類

プディングハムスター

プディングハムスターは、きれいなイエローにも見える薄茶色の毛を持った種類です。プディングジャンガリアンという名前で売られていることもあります。 プリンのような甘くてかわいい色合いと、ぽてぽてしたジャンガリアンハムスターのフォルムから、主に女性にがあります。おっとりした性格と隠れるほどの短いしっぽもの秘訣となっています。ただほかの種類よりも比較的太りやすい体質なので、運動量に注意が必要です。

サファイアブルーハムスター

美しいブルーグレーの毛並みを持っているのが、このサファイアブルーハムスターです。のジャンガリアンハムスターを改良して生まれた種類で、野生種本来のものよりも曇ったやわらかい色をしています。 ジャンガリアンハムスターと比べると、毛色の濃淡に個体差が出やすく個性が出ると言われています。性格や飼育方法はジャンガリアンハムスターとほぼ同じなので、飼いやすい種類と言えます。

クリーミーサファイアハムスターとクリーミーラインハムスター

サファイアブルーハムスターの青い毛並みを黄色くしたような種類のことを、クリーミーサファイアハムスターと言います。プディングハムスターは背中全体が茶色いですが、クリーミーサファイアハムスターは背中のストライプから広がるように光沢のある毛が生えているのが特徴です。 背中の茶色いストライプだけが目立つものは「クリーミーラインハムスター」や「パールプディングハムスター」と呼ばれています。比較的新しい種類のハムスターで、女性を中心にが広がり始めています。

スノーホワイトハムスター

ジャンガリアンハムスターの特徴である、額から背中にかけてのストライプがない、珍しい種類のハムスターです。真っ白で雪のような見た目からその名前がつけられました。まだまだ個体数が少ないのに反してがあるので、ペットショップでも高価格で売られていることが多いです。 スノーホワイトハムスターは、サファイアブルーハムスターが突然変異して生まれた種類です。対して野生種と同じノーマルカラーが突然変異して生まれた種類は「パールドワーフハムスター」や「パールホワイトハムスター」と呼ばれ、こちらは背中にストライプが残っています。名前は似ていますが異なる種類なので注意しましょう。

間違えやすいキャンベルハムスターの種類

キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターは、見た目が本当によく似ています。キャンベルハムスターはジャンガリアンハムスターとほぼ同じ種類だと考えられていた時代もあり、実際とても間違えやすいです。 本当はウマとロバのように、同じなかまでも異なる種類なのですが、ペットショップではキャンベルハムスターがジャンガリアンハムスターとして売られていることがよくあります。それぞれの種類が持つ特徴に気をつけて、しっかり見極めましょう。

パンダジャンガリアン

パイドと呼ばれる、からだにぶちの入ったキャンベルハムスターです。ペットショップではパンダジャンガリアンとして売られていることが多く、誤解しやすい種類の一つです。 ジャンガリアンハムスターでもパンダのような模様が出ることはありますが、ぶち模様を意図的に作り出すのは難しく、大変珍しいです。「パンダハムスター」や「パンダジャンガリアン」と書かれていたら、まずキャンベルハムスターだと考えて良いでしょう。

シナモンジャンガリアン

ジャンガリアンハムスターの毛色の種類は、品種改良されたものを加えても4種類ほどしかありません。シナモンという名がつくジャンガリアンハムスターの種類はいないので、基本的にキャンベルハムスターであると考えて良いです。赤っぽいグレーのきれいな毛並みが特徴で、ジャンガリアンハムスターのプディングよりも少し暗めの色合いです。

ブラックジャンガリアン

ペットショップに行くと、ブラックジャンガリアンという名前でハムスターが売られていることがあります。しかしシナモンと同様に、ジャンガリアンハムスターで全身が真っ黒になる種類はありません。極めてごく稀に生まれる黒いジャンガリアンは「リアルブラック」と言われますが、市場に出回ることはほとんどないでしょう。 そのため、ブラックジャンガリアンはキャンベルハムスターである可能性が高いです。墨のような光沢のある黒色が美しい種類です。

ビー玉みたい?目に特徴を持った珍しいハムスター

関連タグ

アクセスランキング