IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハムスターの種類と飼いやすい種類・性格や特徴の違い

初回公開日:2017年10月19日

更新日:2020年11月15日

記載されている内容は2017年10月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

ペットとして身近な存在のハムスターですが、意外にもその種類は多く個性も豊かです。また最近では品種改良によって新しい毛色や毛柄の種類も誕生しています。ハムスターの種類と特徴に加え、これからハムスターを飼う人へのアドバイスを可愛い画像とともにご紹介します。

こんなにたくさん!?意外に多いハムスターの種類

こんなにたくさん!?意外に多いハムスターの種類
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

からだや鳴き声が小さくて飼いやすいため、ペットとして多くの人に愛されているハムスターですが、意外にも種類が多いことを知っていますか。ハムスターとはリスと同じげっ歯類の仲間で、その中でもキヌゲネズミ亜科に分類される、24種類の小動物を指します。 40グラムほどの小さなハムスターから500グラムを超えるものまで、種類によって個体の大きさはさまざまです。またしっぽの長さも種類によって異なります。今回はおなじみのゴールデンハムスターをはじめとした、個性的な12種類のハムスターをご紹介しましょう。

ゴールデンハムスターのなかま

ゴールデンハムスター

ハムスターとしてもっとも人々に知られている種類が、このゴールデンハムスターです。シリアンハムスターとも呼ばれ、その名のとおりシリアやパレスチナなどに生息していました。ペットショップでよく見かけますが、野生では発見が難しく絶滅危惧種に指定されています。 体重は150gから200gほどで、ハムスターの中では比較的大きな種類です。からだの大きさに比例して脳も発達しているためか、小型のハムスターよりも知能が高いと言われています。穏やかな性格で、人を噛むことはほとんどありません。

ブラントハムスター

ブラントハムスターは人に懐きにくく、日本ではまだなじみがない種類です。ゴールデンハムスターよりも一回り大きく、胸の毛が黒いことが特徴です。野生種からあまり人の手が加えられていないので、これから改良されてペットとして広く知られるようになる可能性もあります。 トルコなどの乾燥した地域に生息していて、寒さに強いという特徴を持っています。そのため動物の冬眠についての研究に用いられることがあります。

ラッデハムスター

ジョージアンハムスターとも呼ばれ、コーカサス地域のジョージアとロシアの一部にしか生息していない貴重な種類のハムスターです。見た目は後述のクロハラハムスターに少し似ていますが、頬の毛が短くて鼻が長く、毛色がより黒いのが特徴です。 ゴールデンハムスターが20cmほどなのに対し、ラッデハムスターは30cmを越えることがあります。また標高の高い所に住む個体の方が、平地よりも大きく成長する傾向があります。野生種らしく攻撃的で個体数も少ないため、ペットとして飼育はできません。

ニュートンハムスター

ブルガリアやルーマニアに生息しているニュートンハムスターは、見た目や大きさがゴールデンハムスターにとてもよく似ています。額から背中にかけて黒い線の模様が入っていて、お腹は灰色がかった黄色の毛が生えています。 人間によって生息環境を奪われたために、野生の個体数が少なく絶滅危惧種に指定されています。こちらもペットとして飼うことはできませんが、性格的にはゴールデンハムスターに近く、飼育しやすい個体と言えます。

ジャンガリアンハムスターのなかま

ジャンガリアンハムスター

ゴールデンハムスターと並んで絶大なを誇っているのが、ジャンガリアンハムスターです。体長10cm、体重40gと小さくころころとしたフォルムで人々の心を掴んでいます。野生種では茶色い背中に黒のストライプがありますが、改良によってさまざまな色のジャンガリアンハムスターが生まれました。 中国のジュンガル盆地やシベリアに生息していて、繁殖能力の高さとおとなしい性格からペットとして世界中で飼育されています。噛みグセがありますが、人に懐きやすい種類のハムスターです。

キャンベルハムスター

ロボロフスキーハムスター

もっとも小さなハムスターとして知られているのが、このロボロフスキーハムスターです。大人に成長しても10cmにも満たないほどの大きさで、臆病な性格をしています。短いあしをちょこちょこと動かして、驚くほどのすばやさで走り回ります。 モンゴルやカザフスタンなど、寒くて過酷な環境に生息しているため、ほかの種類に比べて水分を摂らない傾向にあります。人に懐きにくいので飼うにはコツや経験が必要ですが、特徴的な白い眉毛が安定したを集めています。

関連タグ

アクセスランキング