IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

能天気とは|意味/語源・能天気な人の特徴・能天気な人の改善方法

初回公開日:2017年10月09日

更新日:2020年01月29日

記載されている内容は2017年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

「能天気」という言葉にどんなイメージを抱きますか?「能天気だね」と言われたら一般的には、何も考えていない、先を見据えていないといったマイナスのイメージを浮かべる方も多いでしょう。しかし能天気だから得ることが出来るプラスの面もたくさんあります。

能天気とは

「あの人は能天気だから・・」「能天気でうらやましい」など、会話の中によく出てくる能天気ですが、能天気とは本来どんな意味があるのでしょうか? 多くの場合何も考えていない、先の心配をしないといった行動に対して使うことが多く、あまりいいイメージを持たれない「能天気」ですが、能天気であることは決してマイナスの事ばかりではなく、プラスの面もたくさん持ち合わせています。 そこで能天気の意味や能天気な人の特徴など詳しく紹介していきます。

能天気の意味

のんきで、安直なこと。また、そのような人やさま

まず、能天気とは物事を安直にとらえて、あまり思慮深く考えこんだりしないことを言います。 人は少なくても一つや二つは、悩みごとや考え事など気持ちも曇る部分を持ち合わせていますが、能天気な方はそんな悩みや問題を抱えるほど深く物事を捉えることも、考えることもありません。能天気は能が天気と書きますがこれも、いつも能は快晴状態で毎日をお気楽に過ごすことが出来ているという意味ともいわれています。 また能天気は脳天気、能転気などと表記することもあり最近ではノー天気として表記してつかわれることもあります。

能天気の語源は?

能天気の語源は、古くは江戸時代の書物にも使われていますが俗語的な表現で語源は定かにはなっていません。 1754年(宝暦四年)の魂胆惣勘定で「能天気といふ者、夜々に出て群り、大口をきひて喧嘩を起し亦はやり哥をうたふて」と使われていることからもかなり昔から、この能天気ということばは使われていたようです。

能天気の類義語・対義語

類似語 お気楽 ・ 安直 ・ 安穏 ・ のんき ・ 楽天的 ・ 楽観的 対義語 悲観的、神経質、思慮深い、厭世的、心配性

能天気な人の特徴

能天気な人の特徴
※画像はイメージです
出典: Laughing - Free pictures on Pixabay

このように、能天気の方は物事を深く考え込んだり、悩んだりすることはありません。全て楽観的にとらえることが多く、よく言えばポジティブに物事を捉えることが出来る人とも言えます。では能天気な人の特徴を具体的に紹介していきます。

能天気は楽観主義

能天気は楽観主義
※画像はイメージです
出典: Optimism - Free pictures on Pixabay

能天気な方は楽観的に物事を捉えます。全て物事をいい方向に考えて心配したり悩んだりすることがありません。余計な心配をすることがないため毎日を楽しく過ごすことが出来るタイプです。 しかし時にはしっかりと先を見据え、慎重に行動しなければいけない場面も訪れます。しかし能天気な方は全て楽観的に考えてしまうので慎重さに欠けて思わぬ失敗や、災いを招いてしまうことがあります。 しかしその失敗や、災いさえ大したことはないと安直に考えてしまうので同じ失敗を繰り返してしまうことも多くなります。

能天気はマイペース

関連タグ

アクセスランキング