IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

暗い人の特徴・暗い人が好かれるその理由|性格/癒し効果

初回公開日:2017年10月09日

更新日:2020年11月11日

記載されている内容は2017年10月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

いわゆる根暗とかいわれる暗い人は、一見するととても口数が少なく、ネガティブな雰囲気すらまとっているため、普通に会話のできる人からするとあまり相手にする気すら起こらないようにも見えます。しかし、暗い人もとらえようによってはとても付き合いやすいともいえるのです。

暗い人の特徴はどのようなもの?

暗い人の特徴はどのようなもの?
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

世の中には性格の明るい人もいれば、逆に性格の暗い人もいます。そういう人たちに対するイメージといえば、「物静か」「なんだか陰鬱な感じ」「華やかさがない」といったように、どちらかといえばマイナスの要素が強いです。 そんな、いわゆる暗い人ですが、彼らに見られる特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか?

自分に自信が持てない

まず、自分に自信が持てないという特徴が挙げられます。 基本的に自分に自信のある人間は、他人に対して明るく振る舞ったり、また自ら新しい人間関係を構築したり、自分からいろいろと物事に取り組んだりと、いわば攻めの姿勢で臨もうとします。それが、さらにその人の自信を強化することにもつながるのです。 しかし、暗い人の場合は自分に自信が持てないために、物事に対して消極的になったり、受け身の姿勢になることが少なくありません。誰かと話をしていても笑顔を返すことも少ないだけでなく、表情も乏しくなりがちです。 そのため、周囲の人間から見てもあまり相手にしようという気が起こりにくいのです。

他人に対して無関心で興味がない

暗い人は自分に自信が持てなくて人間関係の上でも積極的になれない分、他人に対しても無関心で興味を持てないという特徴があります。むしろ、自分の持っている時間やお金を自分のために使うという内向的な部分も大きいのです。 このため、複数の人間で一緒に行動するよりも、一人で黙々と何かに打ち込んだり、一人でいることの方が楽に思えてくるのです。 そのため、他人と一線を画そうとするため、他人とのコミュニケーションのほうもあまり盛んにはなりません。その結果、外部からの刺激とは縁遠くなり、視野も狭くなりがちになります。 ただ、一人で黙々とこなす性質が強いため、対面での他人とのコミュニケーションがあまり必要ではない環境や、いわゆる縁の下の力持ちが必要となる場でその力を発揮できるともいえます。

暗い人はマイナス思考になりがち

暗い人の思考パターンはマイナス思考であることが基本です。 暗い人は自分に自信が持てないうえ、自分からあまりコミュニケーションを図ろうとしようとしないために、なおのこと自分の気持ちを内面に押し込みがちになります。そして、それが結果として物事をネガティブに考えてしまいがちになるのです。 このため、特に集団内部で暗い人が話をする内容も暗くネガティブなものになりがちです。そして、コミュニケーションが不得手で他人との付き合いが苦手な分、なおさら集団の中で浮きやすくなってしまいます。 そのため、暗い人との会話の際には、このようにネガティブの要素が多分に含まれているということをあらかじめ理解しておくとよいでしょう。

口数が少ない

コミュニケーションが苦手で、人付き合いに対しても積極的ではない分、暗い人は口数が少なくなりやすいものです。 このため、見た目には気難しくて相手がしづらいように見えますし、場合によってはいつも不機嫌そうで怒ってばかりいるのではないかとさえ思わせるため、近寄りがたい雰囲気を醸し出していることもあります。 しかし、暗い人本人からすると、単にどのように話をし、どのように会話の輪の中に入っていけばよいかがわからないというだけのことです。だからこそ、暗い人にも話をしてもらいたい場合や、暗い人とコミュニケーションをとりたいという場合は、コミュニケーションが苦手ではない人の方からフォローするなどの配慮が必要です。

暗い人が好かれるその不思議なわけとは?

暗い人が好かれるその不思議なわけとは?
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

ここまで見てきたように暗い人の特徴はネガティブだったり、他人に興味がなかったり、一見するとあまり良いもののようには見えないかもしれません。 しかし、物事の見え方はとらえようによって変わってくるものです。暗い人のことを実は好きだという人も少なくありません。 ここでは、暗い人が不思議と好まれる理由や特徴について見ていきたいと思います。

口数が少ない分、物静かだから

まず、暗い人は基本的に口数が少なく無口という特徴があります。これはコミュニケーションを交わすうえではハードルになりやすいようにも見えますが、その一方でテンションが低い状態であまりうるさくないために、話をする時も楽な状態を保ちやすいということでもあります。 逆に、話す相手があまりにも熱心でテンションが高かったりする場合は、その人の話を聞くだけでもかなりのエネルギーを消費してしまいます。 その点、暗い人は話をするのに消極的で、むしろ聞き手になってくれることの方が多いため、話しかける側からすれば愚痴を聞いてくれたり、また自分が普段話すことのできない本当のことを話しやすかったりすることも少なくありません。

ノリが良すぎない分、あまり疲れない

暗い人はテンションが低めです。実は相手のテンションが低い場合は、相手に対してあまり気を遣わなくて済みます。 逆にテンションの高い相手の場合は、そのノリの良さでいろいろと熱心なのですが、そういう相手との付き合いは実は知らないうちにかなりエネルギーを消費してしまいます。というのも、テンションが高くノリが良い人は会話や人付き合いにおいてもかなり積極的で、会話のキャッチボールでさえもかなり盛んにやる分、疲れやすくなるのです。 そういう点では、暗い人はとても消極的であるうえ、ノリも過剰に良すぎないため、相手をしていても疲れにくいのです。

あまり積極的ではない分、思慮深いから

関連タグ

アクセスランキング