IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディズニーの持ち物│春夏秋冬・手荷物・禁止されている物

更新日:2020年08月14日

おでかけ

ディズニーはいくつになってもワクワクできる夢のテーマパークです!でも、ディズニーへ行く前日はワクワクしすぎて荷物選びに時間がかかる方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、ディズニーへ行くときの持ち物を徹底的にご紹介していきます!

季節別ディズニーの持ち物

ディズニーはいつ行ってもワクワクできる素敵な場所です。 でも、いざディズニーへ行くときには、持ち物に悩む方も多いかとおもいます。持って行ってみたものの、実はいらなかったものや、持って来れば良かったと後悔するものもあったかとおもいます。ディズニーというとアトラクションの待ち時間やパレードなど、外にいる時間が長くなります。長時間、外にいることを考えると自然と持ち物も増えてしまうものです。 荷物を最低限にまとめるためにも、ここでは季節別ディズニーの持ち物をご紹介していきます。

春のディズニーの持ち物

春は気候的にも暖かく、長時間外にいても過ごしやすい季節です。春は軽装で身軽に行けるのも魅力的です。ここでは、ディズニーを外で快適に過すための持ち物をご紹介していきます。

レジャーシート

春は、ディズニーでパレードを見るのにも快適な季節です。目的のパレードを見るために、場所とりを考えて持ち物にレジャーシートがあるととても便利です。長時間の待ち時間を見込んで、レジャーシートと一緒に、折りたたみのクッションがあると座っていても疲れることなく安心です。

マスク

春は花粉の季節でもあります。突然の強風に備え、持ち物の中にマスクがあると安心です。また、ディズニーなど人ごみのの場所ではマスクがあると、風邪予防もできます。お子様が一緒の方は、お子様用のマスクを持ち物に入れるのも忘れないようにしましょう。

薄手の上着

春は、日中は暖かくても夜に急に冷えることもあります。ディズニーは海沿いなので、特に夜は冷え込みます。気温が下がったときに備えて、持ち物にパーカーやカーディガンなど、薄手の上着があると安心です。脱ぎ着がしやすい服装を意識して、インナーもかさばらないものを着て行くのがです。

日焼け止め

5月頃からは紫外線も強くなり始める時期です。まだ暑くなくても、日差しが出てると日焼けしてしまう可能性があるので、持ち物に日焼け止めがあると急な日差しにも対応できて安心です。全身に手軽にぬれるスプレータイプがです。

夏の持ち物

夏は気温も高く、日差しも強くなります。長時間、外にいると熱中症などの危険性もあるので事前の準備が大切です。暑くてもおもいっきりディズニーを楽しむための持ち物をご紹介していきます。

日焼け止め

夏は、日焼け止めは必須です。常に紫外線が強い状態で、汗をかくことで流れ落ちやすくなります。こまめに塗りなおしをできるように、持ち物に日焼け止めは必ず入れるようにしましょう。また、汗ですぐ流れ落ちてしまわないように、水をはじいてくれるウォータープルーフタイプがです。

次のページ:秋の持ち物
初回公開日:2017年11月08日

記載されている内容は2017年11月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング