IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お盆の種類・地域別お盆の時期・お盆の準備はいつから?

家事

知り合いと話していてお互いの地域のお盆の時期が違い、驚いた人もいるのではないでしょうか。お盆を行う時期は3種類あると言われています。各地域によって違うお盆の時期やお盆の準備はいつから始めるべきなのかも合わせて紹介しましょう。

更新日時:

時期で違うお盆の種類

時期で違うお盆の種類

8月13日~15日にかけお盆休みとなり、多くの企業がお休みを迎えるでしょう。本来、お盆は中元節にあたる旧暦7月15日に行われていました。しかし、明治に入り新暦が採用されたことでお盆の時期は3種類に分かれます。それぞれの時期のお盆はいつからなのか見ていきましょう。

7月に行われるお盆

7月に行われるお盆はいつからでしょうか。新暦7月15日、もしくはその前後の土日に行われます。本来のお盆の時期を考えると、この日に行われるのが普通ですが、お盆を行うのは東京など一部地域だけです。金沢では「新盆」と表現しますが、一般的にはその言葉は使いません。「新盆」は、その家の家族が亡くなり初めて迎えるお盆のことを指します。

8月に行われるお盆

全国的に8月にお盆を行うところが多いです。いつから始まるかはお盆休みと同じなので、分かりやすいでしょう。新暦8月15日がお盆です。新暦を採用した際、7月は農作業で忙しかったので8月に行われるようになったと言われています。新暦7月15日にお盆を行う地域では、8月に行われるお盆は「旧盆」と呼びます。

旧暦に行われるお盆

沖縄や奄美地方では、旧暦7月15日がお盆です。この時期に行われるお盆は「旧盆」と呼びます。いつからお盆が始まるのかは毎年違うので、沖縄や奄美地方のカレンダーには旧暦が書かれているものがメインです。なので、今年のお盆はいつからなのかはカレンダーを見れば分かります。先祖を大切にしたいという考えから、暦が変わっても昔のまま行われています。

地域によって違うお盆の風習

東京でも7月にお盆が行われる地域と、8月に行われる地域に分かれるなど、地域によってお盆を行う時期は違います。また、お盆の時に何をするかも地域によって違うでしょう。それぞれの地域ごとにお盆はいつからやるのかを見ていきます。

北海道

北海道の中でも、いつからお盆を行うかは地域によって違います。札幌と根室は、東京と同じように7月です。なぜ7月にやるのかは諸説あり、一つ目は正月を新暦でやるのにお盆を旧暦でするのはおかしいという考えです。そして、東京に負けたくないからという説もあります。札幌は、北の方では最大の都市なので東京と張り合っていたのでしょう。 他の地域はいつからお盆なのでしょうか。それは、全国と同じ8月です。

関東

東京では一部地域を除き、新暦7月15日がお盆となります。小金井市、国分寺市、府中市、調布市などではお盆の時期が違います。いつからかと言うと、新暦8月1日です。 他の関東地方はいつからお盆なのかというと、新暦8月15日がお盆となっています。東京で7月に行われるのは、天皇陛下が住んでいる土地だからです。天皇が住む場所柄、政府が定めた新暦に従う必要があったので7月になったと言われています。その為「東京盆」という別名もあります。 東京は、よそ者の集まりだとよく耳にするでしょう。よそ者の集まりだからこそ、7月のお盆が定着したとも言えます。地方のお盆と時期が違うので、お盆の時期になると自分の故郷へ帰りやすいのです。

関西

関西では、いつからお盆を行うのでしょうか。答えは、8月です。大阪や京都は都市なので、7月じゃないのかと疑問に思うでしょう。しかし、大阪や京都では7月に大きなお祭りがあります。そう、祇園祭と天神祭です。それらがあるため、7月にお盆を行う余裕がないと言われています。

沖縄

沖縄では、旧暦7月15日にお盆を行うのですが、他の地域よりもお盆を大事にしています。お正月は帰らなくてもいいからお盆には帰るように言われるほどです。お盆のお供え物やお盆の過ごし方も他とは少し違います。では、沖縄のお盆はどんな感じなのか紹介しましょう。

沖縄のお盆はちょっと違う

沖縄では、お盆の三日間にそれぞれ呼び名が付いており、それぞれの日にやることが決まっています。初日を「ウンケー」と言い、祖先をお迎えする日です。スイカなどのお供え物を準備し、提灯を灯して祖先を迎え入れます。 二日目は「ナカビ」と言い、お中元を持って親戚の家を回ります。お中元は、郵送で送るのが一般的になっているのですが、沖縄では今でも各家々にお中元を持って回る風習が残っています。三日目は「ウークイ」と言い、祖先があの世へ帰る日です。 沖縄では、あの世で使うためのお金として「ウチカビ」と呼ばれる物を用意します。ウチカビは送り火と同じように燃やします。

奄美地方

奄美地方も旧暦7月15日がお盆です。こちらの地域も、お盆の過ごし方はちょっと違います。七夕も旧暦で行い、七夕の時に用意した笹飾りはお盆の初日まで飾ります。笹飾りは、祖先が帰ってくるための目印です。そのため、できるだけ長い笹を使うのがいいと言われています。笹飾りは祖先を迎え入れたら外し、送り盆をしてから焼きます。 昔は祖先を見送った後、集落ごとに集まり夜遅くまで八月踊りを踊っていました。八月踊りとは、奄美地方における盆踊りのようなものです。夜遅くまで集まるので、16日もお休みとなるところがほとんどでした。

お盆の準備はいつから始めたらいい?

お盆は、お墓参りをして終わりではありません。色々と準備をする必要があります。しかし、準備をいつからしたらいいのか、分からない人もいるのではないでしょうか。お盆の準備にはどんなものがあるのか、いつ準備したらいいのかをご説明します。

お飾りはいつから?

仏壇には、普段からお供え物はしているでしょう。しかし、お盆の時期はお供えする物やお供え物を置く場所が変わってきます。地域によってお供えする物は違いますが、盆花、季節の果物、ナスやキュウリで作った牛や馬を飾るのが一般的でしょう。 それらは小机を用意し、そこに飾ります。小机にはござを敷き、仏壇の前に置きましょう。これは「盆棚」と呼ばれています。では、盆棚はいつから作るのでしょうか。一般的に、盆棚を作るのは12日の夕方か13日の朝です。お清めの意味も込め、念入りに仏壇を掃除して盆棚を用意します。

精霊馬を準備する日

「精霊馬」は、知っている人と知らない人がいるのではないでしょうか。それは、精霊馬を用意するのが東日本だけだからです。「精霊馬」は「しょうりょううま」と読みます。ナスやキュウリに爪楊枝や割り箸を刺して、馬や牛の人形を作ります。 あの世から早く帰ってくるように願いキュウリで馬を作り、ゆっくりとあの世へ戻れるようにナスで牛を作ります。しかし、最近では凝った精霊馬を作る方が増えています。ツイッターなどで目にしたことがあるのではないでしょうか。 いつから精霊馬を作るのかは地域によって違います。しかし、お盆の初日に作る場合がほとんどでしょう。初日に馬を作り三日目に牛を作ると分けている場合もあります。

提灯はいつから飾ればいい?

お盆には欠かせない提灯は、いつから飾るのかご存知でしょうか。提灯は、お盆を行う月のはじめに飾ります。7月にお盆を行うなら、7月の頭には提灯を飾りましょう。しかし、灯りを灯すのは迎え火を焚いてからです。 本来は、送り火を焚くまで提灯の明かりは消してはいけません。ですが、住宅事情や安全面から寝る前には灯りを消すように変わってきています。

迎え火の用意

迎え火は、いつから準備するのでしょうか。迎え火は「オガラ」と呼ばれる麻の皮を剥いだときに残る芯を使います。オガラはスーパーなどで買えますが、当日だと売り切れている場合があるでしょう。ですから、早めに買っておきましょう。 迎え火は、初日の夕方頃にやります。盆提灯を灯してから迎え火をする、迎え火の火で盆提灯に灯りを灯すなど地域によって違いがあります。

お供え物は早めに

お供え物はいつから準備するかですが、できるだけ早い方がいいでしょう。客の出入りも増えるため、お線香などもいつも以上に必要となってきます。当日になって、足りないと慌てることがないように早めに準備をしてください。

墓参りの前に墓掃除

準備をいつから始めるかも大事ですが、お墓掃除も忘れてはいけません。祖先をお迎えするのですから、お墓はきれいにしておきましょう。お墓掃除はいつから始めたらいいのかですが、お盆を迎える1ヶ月前にはお墓掃除をしてください。

お盆は地域色がとても強い行事

お盆はいつから始まるかは、地域によって違います。お盆の準備の仕方なども違う場合がほとんどです。初めてお盆を迎えるときは、地元の人に確認をした方がいいでしょう。

アクセスランキング